マルモイ ことばあつめ

劇場公開日

マルモイ ことばあつめ
マルモイ ことばあつめ
36%
53%
10%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1940年代の日本統治下の朝鮮半島で言語が朝鮮語から日本語に変わり、名前も日本式となっていく中、母国語を遺したい思いで全国の言葉・方言を集めた「マルモイ(ことばあつめ)作戦」の史実をベースに描いたドラマ。親日派の父親を持つ裕福な家で育ったジョンファンは、失われていく朝鮮語を守るために朝鮮語の辞書を作ろうと各地の方言などあらゆる言葉を集めていた。盗みなどで生計をたてていたパンスは、ジョンファンのバッグを盗んだことをきっかけに、ジョンファンとかかわるようになる。学校に通ったことがなく、朝鮮語の読み書きすら知らなかったバンスはジョンファンの辞書作りを通して、自分の話す母国の言葉の大切さに気づいていく。「タクシー運転手 約束は海を越えて」の脚本家オム・ユナが初監督と脚本を担当。バンス役を「ベテラン」「王の男」のユ・ヘジン、ジョンファン役を「犯罪都市」「ゴールデンスランバー」のユン・ゲサンが演じる。

2019年製作/135分/G/韓国
原題:Malmoe: The Secret Mission
配給:インターフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0文化を守る、その意義を伝えてくれた

2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

言語とは文化の土台であり、最も基本的なものだ。存在するのが当たり前すぎて、忘れがちになるが、言葉もまた誰かが守らないとなくなってしまうようなものなのだ。この映画で描かれたように占領統治の政策で危機に陥ることもあれば、地方の方言のように徐々に標準語に侵食されていくことでなくなる場合、民族自体が少数となり使える人間がほとんどいなくなってしまうなど、様々な理由がある。
どの民族にも固有の表現があり、物語がある。土台である言語がなくなれば、それらはほとんど全て消えてしまう。この映画が描いた言語を守るという行為は、その民族の全ての文化を守ることだ。
映画館の使われ方がとても印象的だ。映画というのは、戦前・戦中・戦後も色々な国でプロパガンダとして使われたメディアだ。日本も例外ではない。その映画館で密かに辞書編集の大会議を開き、言語を守る戦いをしていたというのはなかなか皮肉が効いている。国や人種、民族の違いを超えて、文化を大事にする人々との連帯を大切にしたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

2.5まぁまぁ🙎‍♂️

2021年4月11日
iPhoneアプリから投稿

日本統治時代の朝鮮を描いた物語。丁寧に作っている。が、反日感丸出しで興醒め。建物もチープな映画のセット丸分かりでこれまた興醒め。評価高いけどそれ程でも無い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

3.0言語

2021年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本統治下の朝鮮で、日本は日本語化を強力に進めていた。
朝鮮語学会は超戦後辞典の編纂を秘密裏に進めていたが、当局に見つかり資料の奪い合いになる。
主人公(ユ・ヘジン)は気のいいあんちゃんで文盲だったが、ひょんなことから関わるようになり、学ぶことで目覚めていく。
言語は文化の源なので、外国語を学ぶことには意味がある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5戦争がもたらす悲劇

kenさん
2021年3月30日
iPhoneアプリから投稿

日本の植民地化された朝鮮半島の、母国語「ハングル」の辞書を作るために必死に戦う同志の物語。

なんか切ないよねこの物語、戦争のために母国語も奪ってしまう醜さが、皮肉にも良く描かれている

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ken
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る