ルース・エドガー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ルース・エドガー
ルース・エドガー
17%
57%
23%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

17歳の高校生ルース・エドガーの知られざる内面に迫り、人間の謎めいた本質とアメリカの現実に鋭く切り込んだサスペンスフルなヒューマンドラマ。バージニア州アーリントンで白人の養父母と暮らす黒人の少年ルース。アフリカの戦火の国で生まれた過酷なハンデを克服した彼は、文武両道に秀で、様々なルーツを持つ生徒たちの誰からも慕われている。模範的な若者として称賛されるルースだったが、ある課題のレポートをきっかけに、同じアフリカ系の女性教師ウィルソンと対立するように。ルースが危険な思想に染まっているのではというウィルソンの疑惑は、ルースの養父母にも疑念を生じさせていく。「イット・カムズ・アット・ナイト」のケルビン・ハリソン・Jr.が主演を務め、教師ウィルソンを「ドリーム」のオクタビア・スペンサー、養父母をティム・ロスとナオミ・ワッツがそれぞれ演じる。監督は「クローバーフィールド・パラドックス」のジュリアス・オナー。

2019年製作/110分/PG12/アメリカ
原題:Luce
配給:キノフィルムズ、東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0不穏で、いい意味で人を不安にさせる

村山章さん
2020年7月31日
PCから投稿

学校で一番の優等生は、実は恐るべき存在ではないか? そんな疑念が雪だるま式に膨れ上がるミステリーだが、ミステリーを解き明かすことが重要な作品ではない。むしろ疑念は大きなるばかりで、すべては見た目とは違うという普遍的な真実と、それによって右往左往する大人たちの姿があぶり出されていく。タイトルロールの優等生ルース・エドガーについても、一体どんな人物なのかを明確に提示してくれたりはしない。少なくとも、劇中の親たちが思うような子供でもないし、先生が抱いた疑いも的中していたとはいい難い。ただ、押し付けられたイメージに抗う子供の底知れない複雑さに、観客として狼狽えるしかないのである。もちろんこの映画の背景には人種や差別の問題が横たわっているが、われわれが、普段いかに物を本質を見ることなく、都合のいいものを拾い集めて生きているかを突きつけられて、いい意味で不安になる映画だと思う。不安になれてよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

4.0自分に見えていない部分に光を注ぎたくなる一作

2020年6月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5息苦しく生きづらい

2021年3月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.0自由と可能性という名の不自由と閉塞感。

2021年1月31日
iPhoneアプリから投稿

楽しんだ。
米国の自由と可能性という名の不自由と閉塞感。
皆が其々の仕方で絶望し早晩破綻するだろう様を不気味に活写。
それでも米国は素晴らしいと御託を並べる好青年とそれに聞き入る大衆。
こういう一本も撮れる米国映画の強さ。
劇場で見ねばだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい
すべての映画レビューを見る(全62件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る