マクマホン・ファイル

0%
19%
62%
19%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アン・ハサウェイ、ベン・アフレック、ウィレム・デフォーら豪華キャスト共演で、ジョーン・ディディオンの同名小説を映画化した社会派サスペンス。1980年代、アメリカ。敏腕ジャーナリストのエレナは、父が倒れたとの知らせを受けて病院へ向かう。父に頼まれ、中米での武器取引の世界に足を踏み入れた彼女は、恐ろしい陰謀に巻き込まれていく。監督・脚本は「マッドバウンド 哀しき友情」のディー・リース。Netflixで2020年2月21日から配信。

2020年製作/115分/アメリカ
原題:The Last Thing He Wanted

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • オキュラス 怨霊鏡
  • ディスコード
  • WE GO ON 死霊の証明
  • オッズ
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • インシディアス
  • クロユリ団地
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • ファンハウス
  • バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.0ジャーナリストのアン・ハサウェイ

Yukさん
2021年2月22日
iPhoneアプリから投稿

ジャーナリストを演じるアン・ハサウェイの役作りには力が入っている。レ・ミゼラブルでアカデミー助演女優賞を獲ってから、しっかり仕事を選んでるという感じ。その部分は楽しめたが、全体的には薄味で物足りない。

病気の父(ウィリアム・デフォー)の仕事を引き受け、アメリカ政府の武器供与に関わってしまい陰謀の渦中へ...題材は決して悪くない。

だけど何でジャーナリストがそんなものを引き受けてしまうのか、とか、政治的な背景説明がちょっと雑とか、何故ベン・アフレックと寝てしまうのか、とか、最後は何処に居るのかよく分からない状態で唐突に結末を迎えたり。気になるポイントが多すぎて生煮え感が否めない。
残念ながら、もう一回味わおうというほどの深みはない。映画って難しいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yuk

2.0凡庸な出来

shotgunさん
2020年11月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

1984年、現政権の闇を取材するジャーナリストのエレナは父の懇願で自身も密売に関わることになり…。
Netflix独占配信作。序盤はノンフィクション映画のような楽しさがあったが中盤からクライムサスペンス感が強くなり全体的に凡庸に感じてしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

2.5アンハサウェイの演技力

2020年4月3日
iPhoneアプリから投稿

結構好き

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くろーん★へい

3.01980年代

2020年2月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

1980年代のアメリカの女性ジャーナリスト(アン・ハサウェイ)が主人公、父(ウィレム・デフォー)が倒れ、やりかけの仕事を頼まれる。
荷物をコスタリカに運び、代金を貰えばよかったのだが、現地で荷物を見ると武器類、代金は麻薬というとんでもないことに。
最初に無理があると思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る