プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

劇場公開日:

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

解説

「ハリー・ポッター」シリーズ、「スイス・アーミー・マン」のダニエル・ラドクリフ主演による、実際にあった脱獄劇をもとに描くスリラー。南アフリカ人のティム・ジェンキンは、白人でありながら反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議」の隠密作戦をおこなった罪のより、同胞のスティーブン・リーとともにプレトリア刑務所に投獄される。ティム、スティーブンたちは、自由と平等を手にするため、最高警備を誇る刑務所からの脱獄を決意する。さまざまな脱獄方法を模索した結果、ティムたちが最後に選んだ手段は木片を集めた鍵を使った脱獄だった。鍵を作っては解錠を繰り返し、徐々に出口までの鍵が完成していった。投獄から18カ月、彼らは木鍵による鉄製扉の突破を試みる。

2020年製作/106分/G/イギリス・オーストラリア合作
原題:Escape from Pretoria
配給:アットエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP

映画レビュー

3.5さぁ、鍵を開けて外界へ

琥珀糖さん
2022年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2020年(イギリス/オーストラリア)
脱獄の手段として、扉(それも10個もある)
その扉をいちいち解錠して正面から脱獄する・・・
盲点です。
誰もがまさか、と思う。

ティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)ともう一人の仲間スティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)が、1978年南アフリカでのアパルトヘイト反対運動で収監された。
ティムは刑期12年。
スティーブンは8年だった。
最初に2人が収監されたシーン。
その堅牢な刑務所の扉の多さに正直・・・ここからの脱獄は無理だろう!!
扉が多すぎる。確かに10回位、看守は施錠を鍵で開けました。

普通、ここからの脱獄は無理だろう、
脱獄を試みる馬鹿は居ないだろう!!

こところが、ところが、
この映画は、またまた変人ダニエル・ラドクリフの映画です。
普通の映画でもキワモノ色が付くラドクリフ(笑、ほめてます!!)
貧弱な身体、ド近眼のギョロ目。粘着質な雰囲気。
『スイス・アーミー・マン』の死体。
『ジャングル ギンズバーグの19日間の奇跡』
『フライト・リミット』
『ボーンズ 容疑者と告白の角』
メジャー映画に飽きたとき、これらの映画は不思議に魅力的なので、
満足感がある。
「ラドクリフ、また変な映画で、頑張ってるな!!」と、嬉しくなる。
13歳でスターになって22年。
ラドクリフはB級ヘンテコな小品映画で、しぶとく役者の道を走る。

この映画、派手な見せ場も無い。
スリルも大した事はないけれど、緊張感はかなり!
閉塞感(刑務所ですからね)行き詰まるスリルも、ちょっとだけあった!
パニック障害と戦うラドクリフの存在感が、メチャメチャ、ズシーンと来る!!

ひたすら鍵を作り、試作鍵を試して鍵を開けては、次の鍵の型を取る・・・
自室房に戻って、また次の鍵を作る・・・
その繰り返しです。

地味な映画なのに、緊張感が持続する。
けっこう面白い。
なんといっても実話がベースなのが驚きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

3.5そんなうまくいかないだろってずっと思ってて、脚色を加えたにしろ実話...

殺風景さん
2022年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

そんなうまくいかないだろってずっと思ってて、脚色を加えたにしろ実話だとしって本当にびっくりした。

奇跡の連発で逆にそれがリアリティを増しているのかなと思った。
何度もバレそうになったりと緊張感もあり、実話だと知ってみるのなら、さらに面白いだろうなぁと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
殺風景

4.0器用な囚人達の幸運への鍵

Aprilさん
2022年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

刑務所内で、木製の鍵を作って脱獄をしたお話。
見ているとリアルにドキドキしていい感じだった。
実話だというのに、驚き。
本当に昔ならではの脱獄劇。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

2.0見どころはどこだ?

2022年6月29日
Androidアプリから投稿

実話だから仕方ないのかもだけど、鍵を作って脱獄ってちょっとカタルシスにかけますよね。スプーンでトンネル掘ったり足に帳簿くくりつけて下水管を匍匐前進したりを期待しちゃうな。しかも最後は力技...この人たちがアパルトヘイト廃止に尽力したのなら大事な脱出劇だったでしょうが、映画の題材には弱すぎるかなー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三毛猫泣太郎
すべての映画レビューを見る(全53件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」以外にこんな作品をCheck-inしています。