劇場公開日 2020年9月18日

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵のレビュー・感想・評価

3.529
10%
58%
30%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全29件中、1~20件目を表示

3.5【脱獄映画の数作を”名作”であると固く信じる男への架空インタビュー。】

NOBUさん
2020年10月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.5脱獄物

2020年10月6日
iPhoneアプリから投稿

基本的に脱獄物って面白いんだよねえ
ハラハラするし緊張感も持続する。
今作もそのあたりは約束されていて、とても緊張感があって面白かった。
オープニングから刑務所に行くまでの流れはとてもスピーディーなのでそこもシンプルに纏めていて良かった。
途中途中起こるトラブルがなかなか鍵に関した事でちょっとしたことなのに緊張感がすごくてよい!
ほぼ脱獄メインの内容の為その後はなどは文章でザックリだけどまあこのあたりは許容範囲でしょう。
もう少し刑務所の過酷さとかが描かれていれば緊迫感も増すと思うんですが、結構緩いというかザルと言うか、、
見張りの人数も少ないような、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まあ映画好

3.0昔の邦画っぽいアナログ的なお話

2020年10月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

特にお金がかかってそうな派手なシーンはありませんし彼等は同じ脱走ものであったスタローンのようなマッチョが暴力的に実力行使するわけではありません これは40年前のはなしでしょうか最高警備?にしてはこの時代でも警報装置や監視カメラ位はあったと思いますし正門が空きっぱなしもよくわからない 今はこんなやり方で脱走できる刑務所はあり得ないが再現ドラマ的でもっと彼等のこれまでのエピソードや回想シーン等も挿入したり工夫して欲しかった劇場公開する作品としては物足りなさも‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆたぼー

3.0ハラハラドキドキ度は高い!!!・・・が。

2020年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ハラハラドキドキ感はかなり秀逸です。
上映時間もやや短めではあるものの、緊張感を途切らせることなく
一気にエンディングまで観れちゃいます、と言うか観せられました。
久しぶりに短く感じた作品でした。それだけハラハラドキドキってましたね、僕。
演出良しだと思います。

で、面白いんですよ、そもそもその脱獄方法が斬新なので。
どうやっていくのかなぁ?どうやって揃えるの?そかそか、そー言うやり方ね!って。
いやいや、そんなやり方だったら寿命が縮みますよ。本当にやったの?それ?
と言いたくなるくらい。。。けど嘘みたいだけど実話ベースなんで本当なんでしょうね。

ただ、残念なのが、脱獄ハードル高めに設定されているはずなのに
なんだろう・・・「たやすい」感があるんだよなぁ。
もっと、もーーーーーーっと当人たちは苦労したはずだし、(いろんな面で)
何年も投獄されている人が脱獄を考えない理由ももっとあるはず。
それがもう少し描かれてもいいんじゃないのかな?と。
物語に深みと厚みが欲しいなぁって思っちゃいました。

あと、看守たち・・・乱暴なだけで間抜けすぎない?
穴多くない?脱出モノだからわかるっちゃわかるけどさー
でもそれが当時の刑務所のクオリティだったのかなぁ?

ラドクリフくんの演技良いです。感心しました。「目」良いです。

それと、差別に関する世論が高まっている今だからこそ
このような過去の差別問題を題材とした映画は意義はあると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
バリカタ

4.0終始ハラハラどきどきした

のんさん
2020年10月2日
スマートフォンから投稿

上映館が少ないからかあまり話題になってないけど久しぶりに緊張感ハラハラドキドキしっぱなしの映画でした。派手さは無いけど実話をもとにしてるしダニエル・ラドクリフくんの演技はやはり安心して観てられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
のん

4.0ハラハラドキドキ

H1DE!さん
2020年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

ちょっと作りは雑かなぁ〜って思いましたが
それなりに楽しめたです

しかしアパルトヘイトは酷いもんだ
絶対にあってはならない

彼らの脱獄はヒーローとも呼べよう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
H1DE!

3.5手に汗握る緊迫感溢れる作品だけど、看守…。

yuiさん
2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

何度訂正しても、本作のタイトルが『プリズン・ブレイク』に脳内変換されてしまう観客による感想です。

南アフリカの反アパルトヘイト闘争の過程で逮捕された政治犯の収監から始まる物語ですが、冒頭で簡潔に南アフリカにおける状況を描写して以降は、ほぼ全編ダニエル・ラドクリフとダニエル・ウェーバー扮する主人公二人、そして一人の囚人の三人の視点で描かれます。黒人の配膳係や「良心の囚人」デニス・ゴールドバーグ(実在の人物)との対話などの描写を除いて、アパルトヘイトといった南アフリカの政治的な状況説明についてはそれほど触れられません。つまり主人公達を取り巻く状況や歴史的背景についての知識があまりなくても、脱獄物の映画として楽しめるように構成されています。

ラドクリフ扮するティム・ジェンキンは、政治犯として初めて収監されたであろうにも関わらず、収監されるにあたって非常に手回しが良く、さらに収監後も手に入るあらゆる物と機会を捉えて脱出の機会を窺います。

あり合わせの道具に頼った脱獄計画は常に綱渡り状態であるため、たびたび訪れる危機には確かに手に汗握ります。ところが看守はみんなスニーク型ゲームに登場する敵NPCのAI程の知能もないのか、結局どの状況も彼らの失点によって切り抜けることができてしまうため、だんだん緊張感がなくなっていきます。もしかして現実の刑務所の状況を忠実に再現したのかも知れませんが、それで物語としての緊迫感を失ってしまうのはいかがなものかと…。『マッドメン』のジョン・ハムあたりに冷酷非道な看守を演じてもらうと、もっと敵側にも厚みがでたのでは、と勝手にキャスティングを想像しました。

なお、すき間から覗く人物の目だけが浮かび上がるような映像、解錠のメカニズムの精緻な描写など、物語の緊迫感を盛り上げる映像は非常に見応えがあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yui

3.0刑務所側がなんかヌけてる

克晴さん
2020年9月30日
iPhoneアプリから投稿

実話に忠実にしたのでしょうか、あれこれ知恵を巡らす脱獄者たちに対して刑務所側の詰めがかなり甘く、手間や日数が設定上はかかっているわりにはなんだかあれよあれよと成功してしまったイメージ。
それならそれで、アパルトヘイトへの反対運動を強く意識させるような展開や台詞回しにすれば別の面白みが出たと思うんですが…

脱獄モノとしても歴史モノとしても、なんだか中途半端でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
克晴

3.5脱獄物の基本要素

movieさん
2020年9月30日
Androidアプリから投稿

20084.ハラハラ感、仲間、嫌味な看守。そしてスパイにアパルトヘイトの不条理さ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie

4.0安心して観られる。

2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿

刑務所脱走ものだけれども、暴力場面がほとんど無く、子どもと一緒にでも観られる。アパルトヘイトに反対した白人が居て、刑務所を脱走した事実があったことを初めて知った。ちょうどいい感じのドキドキハラハラ感。史実が元だからすごいびっくりする展開はない。
主役がハリーポッターの人だったことを観た後で知った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うどん人

4.0歴史とドキドキ

Umiさん
2020年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アパルトヘイト。
聞いたことはあるけど、よく知らなかった。
今の南アフリカから考えられない状況。
平等が認められてない時代。
平等を求める白人の方は、悪だったんだ。
そんなこと知らなかった。
無知の怖さを知った。

映画の内容もドキドキ感がちょうどいい程度。
実話であれば、これ以上だと嘘っぽさが出るし。

私は好きだったな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Umi

3.5監獄ものではありません!

イジアさん
2020年9月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

実話作品なので多分、一般的な監獄物に有りがちな囚人同士のいざこざが割愛?されているのかと思います。鍵の作成と使用方法に重点が置かれてます。ハリポタイメージは全く無いですね。アメリカの黒人事件も考えさせられる作品だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
イジア

3.5緊張感は静かに高まっていく

2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 人はひとつの作業を繰り返しているうちに自然と熟練していく。特に物造りの作業では沢山の工程をこなすほど上達も早い。ましてやその作業に命がかかっているとなれば、熟練の速度も段違いになる。木で作る鍵も熟練すれば丈夫に精密になるだろう。
 本作品で伝わってくるのは、理不尽なアパルトヘイトが社会に蔓延して小役人がそのパラダイムを後ろ盾に横暴な権力を振るって人権を蹂躙していることに対する怒り、そして脱走の準備をする主人公たちの緊張感である。
 同じ日常の繰り返しが続くが、高圧的で横暴な看守たちの姿の向こうに、主人公たちは差別され続ける黒人たちを見る。逢えない家族の姿を見る。看守に歯向かう者もいれば従順を装う者もいる。囚人たちの姿勢は様々で一枚岩にはなりえない。しかしひとつだけ共通しているのは看守たちに仲間を売る者がひとりもいないということだ。自分たちは犯罪者ではなく政治的に拘束されている人間であるという認識は一致している。
 映画としては同じようなシーンの連続だが、少しずつの変化を読み取れれば退屈することはない。徐々に近づいていく結構の日に向けて、緊張感は静かに高まっていく。
 ダニエル・ラドクリフをはじめとして俳優陣はみな好演だった。憎まれ役の看守たちも好演。あまりお金をかけていない作品だと思うが、緊迫した場面や間一髪の瞬間もあり、割と面白かった。実話をもとにした映画とのことで、その後の南アフリカの政治的な展開を考えれば、彼らの脱獄の意義は大きかったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

3.0実はカジュアル

ぐにもさん
2020年9月25日
Androidアプリから投稿

重そうなテーマがあると思いきや、普通の映画。過度な期待も予備知識もなく観て楽しかったねで終わるそんな感じ。

史実に基づくという要素にあまり意味を感じられなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぐにも

3.5スマート

2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿

木片でコピーキーを作るスマートな脱出法なため、スリリングな展開にはなかなかならない。
無理矢理、看守に見つかりそうなシチュエーションを放り込んだような、演出的なあざとさも感じてしまった。
そこそこ面白く、決してつまらないわけではないのだが、物足りなさでもやもやして、終了。
いわゆる脱獄ものだと、先行する名画『大脱走』『パピヨン』『アルカトラズからの脱出』などとどうしても比較してしまうために生じたものかも。
この映画ならではの引き込まれる魅力が欲しかった。
自由への渇望や、当時の黒人差別の非道さを、もうちょっとねっとり描いてもよかったかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コージィ日本犬

4.0悪政を維持する側と反抗する側の対比

kenshuchuさん
2020年9月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アパルトヘイト下の南アフリカで政治犯として収容された白人男性たちがプレトリア刑務所を脱獄しようとするサスペンス。
鍵を木材で作るってアイデアよりも、それを実行する緻密さと忍耐に驚いた。脱獄プランが行きづまりそうになったときの閃きもよかった。とても地味な話なのに、緊張感があるシーンをいくつかちりばめて飽きない構成にしてたと思う。
脱獄ものって犯罪者が刑期前に逃げようとする話だから何か心に引っかかるものがあるのだが本作は違う。アパルトヘイトという悪政の下、反抗する人たちの話だから感情移入もしやすかった。ただ、アパルトヘイトが撤廃されるのはまだまだ先の話なので、脱獄してスッキリした終わり!とはならない。ラストの映像の解放感との対比がうまい。そんなところも含めていい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kenshuchu

3.5独房の外から鍵を回す方法や隣の独房に地図を渡す方法がお見事。

イゲさん
2020年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

脱獄系の映画は好きなんだけど、本作は事実を元にした作品と言うことでハデな部分は無くて地味な展開だった印象。

主役はダニエル・ラドクリフさん。
魔法使いの面影は無く、ひたすら木で脱獄する為の合鍵を作る展開。
看守が腰にぶら下げている鍵の形を覚えて独房で鍵を作るんだけど、刑務所から脱出する為の全ての鍵を作るまでのハラハラする展開が満載。

独房の外から鍵を回す方法や隣の独房に地図を渡す方法がお見事。実際にこの方法を使っていたのか?
気になるところ。

出だしのあの行為だけで懲役12年は酷すぎな感じがしました( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
イゲ

4.5ラストが一番ドキドキ

2020年9月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケビタン

3.5アパルトヘイトがらみの実話らしいけど…

peanutsさん
2020年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

脱獄に焦点あててそれだけで上映時間がすぎるからあまり人種差別に抗議的な使命感はなし。その分、エンタメ感がストレートに出てて楽しめた。
それにしても木製の鍵、って…形を記憶するのもすごいけどそれで鉄扉が開くのもすごい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
peanuts

5.0久々の脱獄映画

shantiさん
2020年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

素直に楽しめた。中だるみもなく、ドキドキハラハラの定番シーン。視点のズラし方に危うさもあり、看守もマヌケ過ぎるきらいもあるが、まぁ、こんなものだろう。当たり前のことなのだが、主人公のハリポタ少年が成長していて、違和感を覚えた。イメージの固着は良くない例でもある。しかし、鍵をコピーして正面から出るというあまりの直接さに驚かされた作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shanti
「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」の作品トップへ