わたしはダフネ

劇場公開日

  • 予告編を見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

母親を亡くしたダウン症の女性が残された父と2人で旅をし、悲しみを乗り越えて互いに理解を深めていく姿を描いたヒューマンドラマ。明朗快活なダウン症の女性ダフネは、スーパーで働きながら両親と平穏に暮らしていた。しかし、母マリアが亡くなったことで生活が一変。年老いた父ルイジは自分が死んだら娘がひとり残されてしまうという不安にかられ、ふさぎ込んでしまう。そんな父にダフネは、一緒に母の故郷の村を訪ねてみようと提案。その旅は、母であり妻であった愛する人の死を乗り越え、父と娘が互いを理解しあうための、かけがえのない時間になっていく。監督は、長編劇映画はこれが2作目となるフェデリコ・ボンディ。2019年・第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞。ダフネ役のカロリーナ・ラスパンティは自身もダウン症で、ボンディ監督に見いだされて本作で演技に初挑戦した。

2019年製作/94分/イタリア
原題:Dafne
配給:ザジフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
フェデリコ・ボンディ
製作
マルタ・ドンゼリ
グレゴリオ・パオネッサ
原案
フェデリコ・ボンディ
シモーナ・バルダンジ
脚本
フェデリコ・ボンディ
撮影
ピエロ・バッソ
衣装
マッシモ・カンティーニ・パリーニ
編集
ステファノ・クラベロ
音楽
サベリオ・ランツェ
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2019, Vivo film - tutti i diritti riservati

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く