劇場公開日 2021年6月4日

るろうに剣心 最終章 The Beginningのレビュー・感想・評価

3.7306
39%
40%
10%
2%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全306件中、1~20件目を表示

5.0もはや本格的な幕末時代劇映画。本作を見た後に「The Final」を見ると、全てのピースが埋まり本当のファイナルとなる。

2021年6月4日
PCから投稿

「るろうに剣心」という作品は、主人公・緋村剣心が、“斬れない刀”である「逆刃刀」を使うなど、「不殺(ころさず)の誓い」をしているという非常に珍しい設定になっている点が最大の特徴であり魅力でもあります。
1作目からずっと緋村剣心は「おろ?」とか「でござる」といった言葉を使って個性を出していましたが、この5作目「The Beginning」では雰囲気から違います。
通常の刀を使い❝人斬り抜刀斎❞として幕末で恐れられた「伝説の剣客」そのものを描いているからです。
そのため、本作は「本格的な幕末時代劇映画」として捉えるのがいいと思います。
さらに、❝人斬り抜刀斎❞(=緋村抜刀斎)から緋村剣心へと変わりゆく過程を描くため、切ない恋愛模様も描かれています。
このように、これまではどちらかと言えばアクションシーンが多かった作品ですが、本作では意外にも「静」のイメージも強くあります。
この「The Beginning」の最後では「1作目」の最初へと戻る象徴的なシーンがありますが、ようやく「1作目」の時点で何があったのかがしっかりと理解できます。
そのため、続けて「1作目」から見直すのも良いかと思いますが、私は「るろうに剣心 最終章」でセットになっている「The Final」の方を見ると、より感慨が深くなると思います。
それは、「The Final」での最後の強敵となる雪代縁(ゆきしろ・えにし)の行動の背景には「The Beginning」があるため、本作を見た後だと分かりやすくなり、感情移入もしやすくなるからです。
その結果、本当の最後である「るろうに剣心 最終章 The Final」が、いかに深く、アクションシーンのクオリティーも高い作品だったのかが分かり、納得のフィナーレとなるはずです。

コメントする
共感した! (共感した人 61 件)
細野真宏

4.5佐藤健と有村架純の目の演技に酔いしれる

2021年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「るろうに剣心」のシリーズ完結編となる2部作の第2弾。原作で人気のエピソード「追憶編」をベースに、
剣心が不殺の誓いを立てるに至るまでの物語と、彼の頬に刻まれた十字傷の謎に迫る。
全ての始まりが、ここにある。ある意味では、「るろ剣」シリーズ初のラブストーリーと表現することが
できる。佐藤健と有村架純の目の演技、ぜひ劇場で確認してもらいたい。
10年間にわたり携わってきた全キャスト、そして大友啓史監督に喝采を贈りたい。

コメントする
共感した! (共感した人 42 件)
大塚史貴

3.0まさかの戦い

M hobbyさん
2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby

4.5前編後編の構成

2021年6月19日
Androidアプリから投稿

この構成の2部作は良いです。

こちらから見ても問題無い。
前編がfinal、後編かbeginningです。

内容はいつものアクションではなく、恋愛かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ライトオ

4.0アクションはファイナルより少ないけどこっちの方が良かった。

2021年6月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

通常スクリーンで鑑賞。
全編通して重々しい雰囲気ですが、でも迫力があり、ともえや剣心の深い心情がとてもうまく描かれておもむきのある映画に仕上がってると思います。
アクションシーンはファイナルより少ないが質は劣りませんし、どっかの○○ウッド映画のようにアクションばかりで内容が何も無い映画とは天と地の差があると思います。
ファイナルも良かったですが私はこっちが好きです。
でも、改めてファイナルをもう一度このあと見たら、より良いかも知れませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スキーヤー

0.5虫やハエや子バエがたかっていた

2021年6月19日
スマートフォンから投稿

切られた敵の爺達が、遺体になっているシーンではウジ虫がわき、虫やハエや子バエがたかっていました。

虫やハエや子バエがたかっている音がしました。

臭いも、かなり臭いらしく、出演者の人は、「かなり臭い。」という表情や態度でした。

かなり暗い物語で、つまらない物語でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
エンドウ

1.0美術はすばらしい

2021年6月18日
PCから投稿

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
「大空のサムライ」映画化して!

2.0嫌な人は、どこにでもいる。

2021年6月18日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
jjjj

3.0ついに十字傷の謎が明らかに!

ぐっちさん
2021年6月18日
Androidアプリから投稿

今回は全編通してちょっと暗いお話です。
おろっ?とか言うぬけた剣心はおらず、目的のためにただひたすら人を斬っていた頃のお話。

圧倒的なボスキャラがいたファイナルと比べると敵役には全くといっていいほど魅力がない、、ラストが盛り上がらない。

これは映画のストーリーがどうこうじゃなくて、原作自体が志々雄偏以降は後付けで考えられたストーリーなので仕方ない?

ラストバトルが最高に盛り上がるファイナルの方が面白いので、るろけんファンじゃない人はファイナル見て終わりでもいいかも(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぐっち

0.5年寄りが切られた。

うめさん
2021年6月18日
スマートフォンから投稿

出演者は、ほとんどが年寄りだった。

年寄りが切られていた。

若い人は、あまり出ていなかった。

有村が切られた時、縁は何をしていたのか。

ほっぺたの傷も、原作とは、全く違い、有村がつけた。

原作と全く違い、酷かった。

佐藤は、何のために人々を切るのか、分からなかった。

つまらなかった。

もう見なくていい。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
うめ

4.5美しい映画。

2021年6月18日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

とにかく有村架純の美しさにウットリの2時間ちょい。アクションは少なめで剣心と巴の出会いから心の繋がりまでをしっかりと見届けることができる。映画としては最後なのだけど顔の傷の元となる話だから一番最初のお話。剣心はなぜ人を斬ることをやめたのか?一本の恋愛映画を観てるかのような美しい映画。
これを観に行った後に家で録画してた一作目観たらとても分かりやすかったよー。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
コップのサチ子

4.5「るろ剣最後の1ピースは、美しく儚い冬に咲く花のようだった」

なりさん
2021年6月18日
iPhoneアプリから投稿

◎今までのるろ剣とは全くの”別物”だった

実はこの映画、2回観に行っていて、1回目観たときは正直あまり面白く感じなくて、でも周りの評判はめちゃくちゃ良いから、あっれれーおかしいぞーーって思って、2回目観に行ったら、んまぁー面白かった←笑
ではなんで1回目面白くなくて2回目は面白かったかっていうと、映画の見方を完全に間違っていたからだった。
今までのるろ剣っていうのは、
「一にアクション、二にアクション、三四がなくて、五にアクション」
ってぐらいひたすら質の高いアクションで魅せる映画だった。
だから今作も自然とそういう見方で観るわけですよ。そしたら全然面白くなかったんだよね。汗
実はこのThe Beginningは今までのシリーズとは全くの別物、別ジャンルの映画だったんですよ!強味であったアクションを削りに削って、ドラマパートに力を入れまくった本格的時代劇であり、切ないラブストーリーの作品が今作の正体でした。

◎”不殺の誓い”は”巴との誓い”だった

この映画は、緋村剣心という一人の男の過去を描く、十字傷の謎と不殺の誓いを立てるに至るまでの物語。
彼にとって不殺の誓いは、決して揺るがない強い信念であり、正義であり、それを形表していたのが、逆刃刀だった。
剣心は、今まで人斬りとして何十、何百という人間を斬ってきたが、彼自身、新しい時代、平和な時代がその斬り続けた先にあると信じていた。
しかし、まだ高校生ぐらいの年頃でそんなに人を斬っていたら、心揺らぐのは当たり前で、誰よりも純粋な心を持っているが故に、その迷いは大きくなる。そんな時に出会ったのが雪代巴という一人の女性だった。
この映画の最大の魅力は何かって言ったら、やっぱり剣心と巴の二人の関係性なんだよね。
剣心が巴と出会って、一緒に生活していくことで、彼自身だんだんと人間味というか、人としての温かさを取り戻していくんですよ。
剣心にとって巴が、いつの間にかかけがえのない大切な存在に変わっていく模様の描き方が凄く良くて、一緒に生活していたら、いつの間にか好きになってたっていうのは、我々も共感できるじゃないですか。それに、剣心の寝方だったり、呼び方で何気なく、でもしっかり分かるように表現しているのが上手だなぁって思わずニヤけちゃうww
巴との生活では、剣心の幸せの価値観も大きく変えるんですよ。今までは平和な時代、新しい時代っていう、大きくもぼんやりとしたものだったんだけど、誰かと共にする衣食住っていう小さいけどはっきりと分かるものに変わっていく。

◎憎しみとも慈しみも表裏一体

巴にとっての剣心の存在の変化も凄く良くて、作中で北村一輝演じる辰巳の言葉で「憎しみも慈しみも表裏一体、それが人の業というもの」ってあるんだけど、まさにそれで、巴にとって剣心は初め、憎むべき相手だったけど、そんな彼に心惹かれている自分がいて、そんな相対する自分と自問自答し、憎しみと愛情の狭間で苦しむ巴がまぁ切なくて切なくて。。
巴は、剣心に十字傷という十字架を背負わせた。そして、来る平和な時代を託した。巴と清里のような、激動の時代による暴力と運命に翻弄された”犠牲者”を生み出さない未来を。
そんな巴を演じたのは、みんな大好き有村架純。彼女の母性溢れる雰囲気、柔らかく優しい表情、そして悲しくも美しい目。外面的な部分はもちろん、彼女の内面的な魅力が溢れており、一言で最高だった。

今作はアクションは少なめだが、不殺の誓いによる”当てる”剣術ではない”斬る”剣術なので、血は飛び散るし、腕は斬れ落ちるしで、残虐な部分も当然あって、今までのるろ剣アクションとはまた違った見え方も一つの見どころだし、観終わった後には、もう一度シリーズを観返したくなる面白さ。
高橋一生のイケメン桂小五郎や江口洋介の斎藤一、村上虹郎の沖田総司らの新選組、北村一輝演じる闇乃武頭領の辰巳など脇を固める役者も豪華だが、それでもこの映画は、佐藤健と有村架純だけ見ていればいい。それくらいこの二人の関係性、ドラマが本当に良かったから、ぜひぜひ観てほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なり

5.0実写化の最高峰

まつさん
2021年6月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

興奮

前作のThe Finalはアクションの集大成。
The Beginningはストーリー重視。
太陽と月のように対局な感じ。

人斬り抜刀斎から剣心に変わっていく様子や、巴の心情など丁寧に描かれている。原作ファンの方も知らない方も文句なしに観れると思う。
最初の殺陣は、一作目のボスを思わせる。動きが速すぎて、いつ縄を切ったのか分からなかった。
第一作目から佐藤健さんはこれを背負って演じていたのか。と改めて思えたし、俳優としての凄みを感じる。観れて良かった。ありがとうございます。お疲れ様でした。

せっかくなら綺麗な映像で見たいと思い、IMAXで鑑賞。

※ここからはIMAXを初めて観たので、IMAXの感想を書いておきます。

IMAXは映像は綺麗だと思うが、期待値は越えない。そこまで期待しない方が良い。
テレビを映画館サイズに大きくしたような感じで鮮明に見える感じ。全体的に暗い場面が多かったが、黒い部分も発光する分、少し青みがかって見えるので、改良してほしい所。
映像が綺麗だからといって、抜刀斎の動きは速すぎて結局、目が追いつかない。

音響が良い。鍛冶屋のカンカン叩くシーンが特に良かった。後ろからカンカン聞こえ、その場で叩いているかの様な音が聴こえる。
抜刀斎の住処に新選組で来る場面、2階の足音が臨場感がある。
ただIMAX用に映画を作っている訳ではないから、良さが活かしきれていない。
IMAXの活かしきった映画が出たら、また観に行きたいと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まつ

0.5わざわざ映画館に行く必要は無い

2021年6月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

話の流れはThe finalの回想シーンと同じ。あとは一作目のシーンをいくつかリサイクルで入れてある。歴史物と言うには歴史的事件との関連性が薄く、恋愛描写も薄いのでアクションしか見所が無い。しかしアクションはアクションでfinalの後に見ると肩透かし。
この内容ならDVDか配信で良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
映画好き!

4.075点

2021年6月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

映画評価:75点

《愛とは許すこと》

追憶編を見てから
もう20年以上経ったのか……。

あの時の私には理解出来なかった心情が
今は少し解った気がします。

それでも
私なんかには
到底解りえない時代

《愛した人を、殺した人》
その人を愛してしまうってどういう気持ちなんだろ

学生の時に見たアニメ版の時は、
剣心をハメる敵も単なる悪者に見えていたけど、
今見てみると国のため、幕府のために暗躍する正義の持ち主だという事が発覚したし、

剣心の立場も把握できた。
長州の志士だったんですね、、
当時は幕末の知識に乏しくて見逃していましたね。

見れて良かった。
巴の印象はもっと大人っぽかったんですけど、
まぁ私が年とったんですかね(汗)

【2021.6.17鑑賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
まぁと@名作探検家

0.5認知症疑似体験

しずおさん
2021年6月18日
スマートフォンから投稿

認知症疑似体験の映画でした。

何を言っているか分かりませんでした。

大根に話しかけたり、大根にニヤニヤしていました。

煮物を作ったり、食べたりしていました。

叫んだりもしていました。

最後は意識が遠のいている中でした。

つまらない映画でした。

認知症疑似体験の映画でした。

認知症とは、こういう事なんだと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
しずお

0.5なんで有村は自殺したのか。

2021年6月18日
スマートフォンから投稿

有村は、最後、わざと切られて死んだが、なんで、わざと切られたのか。

敵の北村も、かなり弱かった。

何も言わずに死んだ。

なんであれで2人が死んだのかも、よく分からなかった。

おもしろくないし、いろいろとよく分からない映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
木村介克

3.5巴の覚悟

さん
2021年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

良く言えば、有村架純扮する巴の覚悟が現れていたが、るろうに剣心に期待しているのは激しいアクションなんだけど、最初のくだりにちょっとあっただけで途中間延びしていた。

画面構成も暗いし、新選組の羽織が長すぎるしなんてところも目についたね。こちらを先に観てからFinal 観ないといけないよな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
重

5.0完成度95%、漫画派にはぜひみてもらいたい映画

758大名さん
2021年6月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

剣心シリーズの実写版の中では最高傑作。
一貫して斎藤の牙突の再現性がイマイチ。
演技が良かった俳優は、
高橋一生:100点
有村架純:99点。ラスト30分以後はちょっと惜しい。努力の余地あり。
総合評価として、漫画派にはぜひみてもらいたい映画だけど、漫画読んでない人はFinalが楽しめるかも。

以上

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
758大名

4.0このシリーズ中で一番面白い

かとしさん
2021年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

このシリーズすべて見てるけど一番面白かった。

特筆すべきは撮影と美術。
洋画に比べて邦画の大きく見劣りする点は、撮影の貧弱さ。
予算規模が違うのでしょうがないのだけれど、セット、美術、撮影技術、画の構成、配色、編集など、邦画は見ててつまらない。
でも本作は邦画にしては驚くほど高水準。ハリウッドに負けてない。
ハッとする程きれいで刺激的なカットがたくさんあった。

難点は、自分個人の内面の変化なのだけど、近年、暴力的な映画を楽しめなくなっていること。
だだのチャンバラ活劇と捉えることができなくなっていて、人殺しの場面を見ることが、とても不快に感じるようになっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
かとし
「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の作品トップへ