映画 えんとつ町のプペル

劇場公開日

映画 えんとつ町のプペル

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣のプロデュースにより、イラスト、着色、デザインなど総勢33人のクリエイターによる分業体制、クラウドファンディングを使い資金を募って制作されたベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」をアニメ映画化。煙突だらけの「えんとつ町」。そこかしこから煙が上がるその町は黒い煙に覆われ、住人たちは青い空や星が輝く夜空を知らずに生活していた。ハロウィンの夜、この町に生きる親を亡くした少年ルビッチの前にゴミ人間プペルが現れる。原作の西野が脚本、製作総指揮を務める。監督は伊藤計劃原作の「ハーモニー」で演出を務めた廣田裕介。アニメーション制作は「海獣の子供」「鉄コン筋クリート」などで高い評価を受けるSTUDIO4℃。

2020年製作/100分/G/日本
配給:東宝、吉本興業

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

映画レビュー

3.0アニメーション技術と声の芝居が素晴らしかった

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作絵本は短い物語だったので、長編映画にする時どんな風に膨らますのかなと期待して見に行った。街の設定やお父さんの話などの深堀りをしつつ、トロッコを使ったダイナミックなアクションなど、映画で映える派手なシーンを盛り込んで楽しいメルヘンに仕上がっている。美術が大変美しくてそれだけでも見る価値がある。とりわけ前半が楽しかった。冒頭のミュージカルパートはワクワクしたし、『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』を彷彿とさせるトロッコアクションは手に汗握った。この勢いのまま最後まで駆け抜けてくれるとさらに面白かったと思うが、それはまあ望み過ぎなのかもしれない。
声の出演者はみなハマっていた。特にプペル役の窪田正孝が素晴らしかった。朝ドラ『エール』でも良い芝居をしていたし、最近役者としての実力がメキメキ上がっている。これからより一層の活躍を期待している。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 32 件)
杉本穂高

0.5どこにも見どころが無い

Beareolfさん
2021年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Beareolf

0.5俺の夢ドャア!な夢ハラスメント映画

さん
2021年1月19日
スマートフォンから投稿

単純

寝られる

映像は最高ですが、ストーリーと演出に難ありです。「西野さん」のバックストーリーを抜きに純粋に映画として見た場合、ふつうに面白くありません。

主人公の個人的な都合でストーリーが進み、周りの人物はただの引き立て役でしかありません。登場人物の心情や背景の掘り下げが浅く、キャラも薄く、誰に感情移入することもできません。

主人公は特に努力しませんし、囚われの美少女を助けるわけでも世界の危機を救うわけでもありません(むしろ主人公の身勝手な行動が世界を危機にさらしたとも言える)。ゴミ人間や周りの人に助けられ、個人的な願望をたまたま上手く叶えるだけの話です。

思わせぶりな設定もたくさんありますが、その謎が映画の中で明かされることはないので消化不良のまま終わります。

なるほど。夢を見るのは素晴らしいとしましょう。しかし、なぜあなたの夢にみんなが付き合わないといけないのですか? 星を見ることはそんなに素敵なことですか? そんな疑問を一度でも思ってしまったらもう感動することはできません。

要するに作者の独善的な主張の一本調子で、物語に深みや他者の視点や多様性がないのです。

俺の夢、ドャア!! それに共感できるのは西野さんのファンだけです。いや夢を信じるのも大事ですけど、人生はホラ、色々と挫折も葛藤も紆余曲折もあるじゃないですか。

しかし、そんな人生のほろ苦さや多面性は完全無視。挫折?他人の夢?知らん。俺の夢を応援しないやつは馬鹿だ、心が曇ってるんだ。下を見るな、上を見ろ。信じ続けるんだ。俺の夢についてこい(ドャア)。後半は特に、そんな他人の視点をまるで顧みない完全な俺の夢ドヤ祭り。夢ハラスメント。

要するに登場人物は作者の主張を伝えるための操り人形であり(ひょっとして観客も?)、登場人物たちの心情に作者が深く寄り添うことはありません。

登場人物の1人1人の心情に寄り添い、鬼にすら感情移入させられてしまう、あの国民的大ヒットアニメを見た後では、どうしても見劣りしてしまいます。

感動した!泣いた!という方もいらっしゃいますが、そのほとんどが漠然とした感想で「西野さん」抜きに、あのシーンのここが良かった!、このキャラクターが好き!という具体的な感想をほとんど見ることはほとんどありません。

ですから、ふつうの映画好きにはふつうにつまらないと思います。感動ポルノ、安いJポップ。ミュージックビデオで十分。そう言われても仕方のない出来栄えです。正当な批評や評価を甘んじて受けるべきだと思います。

純粋な夢を信じることの素晴らしさを説いた映画が、明らかに大人の事情やマーケティング操作で底上げされているのも皮肉や醜悪を通り越してグロテスクでしかありません。まったく曇っているのはえんとつ町か、レビューサイトか。え?アクセスランキング1位?

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
誠

0.5作品評価は、ひと言で言えばこれで泣けるんだろ?という要素を詰め込ん...

2021年1月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

作品評価は、ひと言で言えばこれで泣けるんだろ?という要素を詰め込んだ駄作
それでも真っ当に見れば旧作レンタルするくらいの価値はある作品だが原作者が更に作品の質を貶める暴挙に出てるせいで顔がチラついてクソ以下の作品になってる。
そんな原作者に迎合している方々にも失望しかないし先立って鬼滅の刃に乗っかって首位獲得した銀魂の空知先生の素晴らしい立ち回りと比べると西野の行動は目に余る売り方も全ての映画作品への冒涜に思えてならない
逮捕されてないだけの詐欺師とは本質をついてると本件で確信しました。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
佐藤カズマ
すべての映画レビューを見る(全1084件)

他のユーザーは「映画 えんとつ町のプペル」以外にこんな作品をCheck-inしています。