ハチとパルマの物語

劇場公開日

ハチとパルマの物語
39%
36%
14%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1970年代の旧ソ連に実在した「忠犬パルマ」のエピソードを基に、犬と人間の関わりや親子の葛藤を描いた日露合作によるヒューマンドラマ。飼い主とともにプラハへ行く予定だった犬パルマは、検査の手違いからモスクワの空港に置き去りにされてしまう。空港に住み着いたパルマは毎日滑走路で飛行機を見上げ、2年間も飼い主の帰りを待ち続ける。時を同じくして、母親を亡くした9歳の少年コーリャが、パイロットである父親に預けられ空港にやって来る。コーリャとパルマは孤独なもの同士、すぐに仲良くなる。ある日、日本人に連れられた秋田犬が空港に現れる。その姿を見るパルマの目にこの上ない寂しさが宿っていることに気づいたコーリャは、パルマを飼い主の元へ戻すべく立ち上がるが……。出演は「ソローキンの見た桜」のアレクサンドル・ドモガロフ、「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のビクトル・ドブロヌラボフ、日本からは渡辺裕之、藤田朋子らが参加。五輪金メダリストのフィギュアスケーター、アリーナ・ザギトワが本人役で出演。

2020年製作/120分/G/日本・ロシア合作
原題:Palma
配給:東京テアトル、平成プロジェクト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2021パルマと秋田犬製作委員会

映画レビュー

4.0タイトルなし

ゆうさん
2022年1月9日
Androidアプリから投稿

どこまで実話でどこがフィクション?犬に振り回される何とものんびりしたソ連の空港 音で飛行機見分けがつくなんてお利口さんな犬だったんですね 何の説明も無く?の他人行儀な親子が、段々打ち解けていく家族のドラマには感動(風邪に効くとそれぞれバラバラな飲み物すすめるところが) フライトキャンセルは勘弁ですけど 最後の元の飼い主さんの言い分には呆れてしまいました

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゆう

4.5ピースなロシア映画

2021年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

劇中の旧ソ連時代の街並みや自動車など、当時の雰囲気が出ているのでスムーズにストーリーの中へ吸い込まれていくことができます。
日本でも馴染みのある「忠犬ハチ公」の‘’これぞロシア版’’という作品に仕上がっていると思います。
主人公の男の子の演技も自然だし、何よりワンコが賢いので犬好きの方は必見です!
個人的には、CAさんの女優がステキで良かったです。
ご家族でも安心して観られる映画ですので、是非おうちで配信で視聴するのをオススメします!!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゾルリガッズ

4.0捨て犬と捨て子と、それを捨て切れない大人たちのドラマ

popoさん
2021年11月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
popo

3.5そしてバトンは渡された 壇蜜→阿部純子→アナスタシア・シガ

2021年11月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

単純

幸せ

再上映していたので、公開同時は見逃したこの映画を観ることに。きっかけは「犬と私の10の約束」を地上波で見て、犬の映画が無性に見たくなったから。忠犬ハチ公は秋田犬だったんですね。もう長いこと、ハチ公=待ち合わせ場所、改札口の認識のみでした。秋田出身の壇蜜は秋田犬会館の館長役で、一瞬でした。阿部純子も会館の職員役で、一瞬でした。
ハチとパロマの物語という題ですが、ほぼほぼ、パルマとコーリャ少年の物語です。コーリャ役の少年はなんとなくボブ・ディラン似でよかったです。あと、父親のパイロット、空港職員の二ーナと空港の敷地内で古い飛行機を修理しながら、雑草生い茂るボロバラック生活をしている二ーナの父親。父親はその後、二ーナと結婚して、四人は仲良く暮らしたんでしょうね。主人の帰りを2年待ち続けたジャーマン・シェパードとそれを世話した少年の存在は実話?その少年の実の父親は施設育ちから苦労してパイロットになったというのはやはり脚本でしょうね。
副操縦士が博多華丸?大吉?に似てるなぁと思って観ておりました。
40年前のロシアの古めかしい感じ(衣装や髪型)と俳優さんたちの古めかしさ(失礼)がマッチして、コメディタッチで、とてもよかった。
最後の方で、「手放したんじゃない。捨てたんだ。」と、父親が少年に言うところは少年にとってはかなり酷だと思いました。手放すというのは、相手の幸せのことを考えて、泣く泣く手放す感じですが、捨てるというのは愛情がすでになく、邪魔だから手放すという感じです。モスクワの空港から愛犬と一緒にウィーンで一旗上げるつもりだった男が、窓の外の主人を追って走る愛犬をわざと見ようとはせずに旅立った覚悟は嘘じゃないはず。政治利用されて、仕方なく迎えに来たのも嘘じゃないはず。それに呼応した父親のセリフだったような気がしましたけど。旧ソ連時代に男が信念を持って生きていくことは並大抵ではなかったということを監督は言いたかったんでしょうか。
優勝したことで、秋田犬がほしいとザギトワが言ったのは、本音???言わされたのか?安部晋三がプーチン大統領に僅かな恩を売りたかっただけ?いぬのしっぽ振り外交たった?ザギトワはその後もマサルを大事にしているそうで、安心しましたけど。
日本側で出演のアナスタシアが気に入った仔犬はちょっとあのブサイク犬「わさお」に似ていて、可愛かった。
阿部純子は映画「わさお」に出てたみたいです。わさおも見なくちゃ。
モーレツに犬を飼いたくなリました。どこか飛行場の端っこに犬と暮らすのにいい土地と二ーナのようなよくできた美人さんはいませんかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
カールⅢ世
すべての映画レビューを見る(全72件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る