子供はわかってあげない

劇場公開日

  • 予告編を見る
子供はわかってあげない
34%
33%
0%
0%
33%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

田島列島の人気同名コミックを上白石萌歌主演、「南極料理人」「横道世之介」の沖田修一のメガホンで実写映画化。ひょんなことがきっかけで意気投合した美波ともじくん。美波のもとに突然届いた「謎のお札」をきっかけに、2人は幼い頃に行方がわからなくなった美波の実の父を捜すことになった。女性のような見た目で、探偵をしているというもじくんの兄・明大の協力により、実の父・藁谷友充はあっさりと捜し当ててしまった。美波は今の家族には内緒で、友充に会いに行くが……。主人公・美波役を上白石、もじくん役を「町田くんの世界」の細田佳央太がそれぞれ演じ、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治らが脇を固める。

2021年製作/138分/PG12/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

映画レビュー

4.0胸の高鳴りと混沌としたひと夏の感情、会話劇と思えぬキャラ立った愛くるしさが堪らない

2021年1月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

「レモネード」と例えよう。大きな波を見せるわけではないのに、会話劇にグッと引き付けられて、気がつけば心は踊っている。ひと夏によって輝き出す、プールのような乱反射は、眩しく屈折し、尊いモノへと輝かせる。
上白石萌歌演じる美波は、屋上で自身が好きなアニメを描く少年を見つける。それが、もじくん。ゆるくてどこか初々しい二人の会話は、聞いていて心地よい。とは言え、美波の家庭は再婚しており、もじくんの長男は家を追い出されたりと、境遇が良いとは言い切れない。そんなとこから始まるのが、生まれの父に会うこと。ようやく見つけた父は、新興宗教の教祖と聞いていたが、全く異なる姿をしており…。ひと夏に輝き出すのは、失っていた時間と距離。父と過ごし、少しずつ何かが変わっていく。この短くも濃い一瞬に、美波をはじめとした関わる人が成長していくような暖かさを感じる。おそらく、これは「空白」に対して「埋める」物語ではなく、「埋まっていたことに気づく」物語なのだ。だからこそ、美波は父に水泳を教え、父はもじくんに覚悟を教えるのである。「わかってあげない」のは、わかっているからこそ、分かる必要がないのである。だからこそ、親が教えることは、最後の仕上げであり、唐突に湧いた感情に整理ができないままの、ありありとした感情に眩しさを覚えるのだ。
沖田監督作品は、ドラマを除けばこれが初めて。没入するように撮られたシーンの数々に、爽やかな夏の匂いを感じずにはいられない。甘酸っぱくて、爽やかなラストに、しびれるばかり。さあ、この胸の高鳴りを、何と呼ぼうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわちゃん
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「子供はわかってあげない」以外にこんな作品をCheck-inしています。