弥生、三月 君を愛した30年

劇場公開日:

弥生、三月 君を愛した30年

解説

ドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本による第2回監督作品。波瑠と成田凌演じる2人の男女の出会いからの30年間を3月の出来事だけで紡いでいく恋愛ドラマ。1986年3月1日、運命的な出会いを果たした弥生と太郎は、互いに惹かれ合いながらも、親友であるサクラを病気で亡くしたことから思いを伝えることができずにいた。2人は、それぞれ結婚し、家庭を持ち、別々の人生を歩んでいった。しかし、離婚や災害、配偶者の死など、厳しい現実を前に子どもの頃から抱いていた夢の数々はもろくも絶たれてしまう。人生のどん底を味わう中、30年の時を超えて、今は亡き友人サクラからのメッセージが届く。弥生役を波瑠、太郎役を成田が演じるほか、杉咲花が親友のサクラに扮した。

2020年製作/110分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2020年3月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

映画レビュー

3.5成田凌、岡田健史のひたむきな姿に好感

2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人気脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本による第2回監督作。波瑠と成田凌が演じる男女の出会いからの30年間を、3月の出来事だけで紡いでいく恋愛ドラマ。
成田の年の取り方というと語弊があるが、演技設計に無理がなく素晴らしい表現力といって過言ではないだろう。
生きていれば楽しいことも辛いことも色々あるさ、ということを如実に物語っているが、少しだけ残念だったのはこの設定に災害を盛り込むことに違和感を覚えざるを得なかったことか。
個人的には岡田健史の懸命に役を生きようとするひたむきな姿に好感を抱いた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

2.0邦画の悪い所が全面に出てしまった。

2023年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 主役の2人は好き。しかし作品は正直言って面白くなかった。不治の病に震災お涙セットでなんとか泣かせようとしてくる日本の映画はとてもつまらない。感動させよう泣かせよう感がたっぷりで観客は逆に冷静になってしまう。幅広い世代に観てもらうよう作るのはわかるがその行為が誰にも刺さらないつまらない作品を量産している事に気づいて欲しい。
 onedayという映画にあまりにも似てるがそこは触れない。晩年はメイクでわかるがその他の年代は時系列も混ざっており感情が入っていかなかった。高校生から初老まで演じ分ける俳優は素晴らしかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きつね

2.5期待して

2023年8月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

観ました。三十年愛するとは、なかなか。もっと早くに気持ちを通じ合う事ができなかったなか、と。
主演のお二人やキャストの方々は良かった。
しかし、何故三十年経ったのに若々しすぎる。
服装やお化粧の色を変えてはいるけれど、本屋さんの本棚から覗いた弥生の顔は若々しい。
また、サクラのお墓をあんな桜の大木の下に一つ、どう考えても違和感、違和感、違和感。
大木も韓ドラみたい。中学生のあゆむにボールをパスするシーンも、貸した男の子がかわいそうになった。したかったら、ボール持参にしたらいいのに。あゆむが勤める中学校の教室に教師の親が行く理由がわからない。弥生がついて行くのもわからない。だから、弥生が啖呵切るシーンもおかしすぎる。
素人な私ですが、話の筋にあわせて無理無理な設定をし過ぎていて半分以上関心がそっちに行って感動すべき話?なのに突っ込んでばかりいた。最後、見上げてごらん、の歌はどこから出て来たか考えたけれど、すぐにはわからなかった。

コメントする 3件)
共感した! 7件)
りか

3.0人生の不可抗力にどうやって立ち向かう?

2023年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

弥生、サンタ、サクラの三人の関係がそんなに大事な関係には見えないのが問題。短過ぎて感情移入が出来ない!!

その土台がしっかり観客に伝わらないから、弥生とサンタがサクラに遠慮してお互いに気持ちが言えない…っていうもどかしい30年なのに、そこまで切なくなくて残念。

東日本大地震のリアリティはすごかった。他のドラマでは観たことのないリアルさだった。避難所のリアルで、自分の家族が生きてるかどうか分からない中探し回るのは刺さって辛かった。

自分自身が原因じゃなくて、家族とか地震とかで運命が変わってしまう辛さが痛かった。
あんなに強かった弥生が変わってしまうのは観てて辛かったし、強い人でも代わってしまうものだと思った。

17歳からの人生を3月だけに焦点を当てて、一年ずつ観て行くのは初めてでおもしろかった。
何もない年もあれば大事件の年もあり…。
人生を無駄にしないために、素直にならなきゃもったいないなと思った。

ラスト歌うのは興醒め。なぜ歌うの!?絶対辞めた方がよかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
りりまる
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る