失くした体

劇場公開日

失くした体
失くした体
8%
59%
25%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2019年・第72回カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリを受賞し、世界最大のアニメ映画祭である第43回アヌシー国際アニメーション映画祭でも最高賞のクリスタル賞と観客賞をダブル受賞、第92回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートもされるなど高い評価を獲得したフランス製長編アニメーション。「アメリ」の脚本家としても知られるギョーム・ローランの小説「Happy Hand」を原作に、これまで主に短編作品を発表してきたジェレミー・クラパン監督が自身初の長編作品として手がけた。パリのとある医療施設から、切断された手が逃げ出す。再び自身の身体とつながりたい手は、身体の持ち主である孤独な青年ナウフェルを捜して、ネズミやハトに追いかけられながらも街をさまよう。手は、何かに触れるたびに記憶がよみがえっていき、ナウフェルの幼少期や、思いを寄せる図書館司書ガブリエルとの思い出が明らかになっていく。Netflixで2019年11月29日から配信。日本では配信に先立つ11月22日から、一部劇場にて公開。

2019年製作/81分/G/フランス
原題:J'ai perdu mon corps
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

ノミネート

長編アニメーション賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0【大切なモノを亡くしても、”生きる”という事。哀愁溢れるトーンの中、薄ぼんやりと見える明るい未来を感じさせる作品。】

NOBUさん
2020年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 主人公はナウフェルというアジア系の風貌の青年と、”手首で切断された手”という可成り、ダークファンタジーかな?と思わせる設定。

 ”手首で切断された手”は序盤から、地下鉄の階段を一人で降りていき、ホームから落ちた際には、ネズミと格闘する・・。
 -この手首が見ていると思われるアングルで描き出される画が、良い。-

 オープニングシークエンスから裕福で両親から愛されていた、幼きナウフェルに何が起こり、その後、何が起きるかは何となく予想出来る。
 -”手首で切断された手”の人差し指と中指の付け根の黒子・・。ー

 青年になったナウフェルは、貧しき暮しでピザの配達をしながら生計を立てているようだ・・。そこで、出会った声の”ある優しき言葉”にナウフェルは惹かれ、その言葉を発した女性、ガブリエルの叔父が営む木工屋の見習いになるが・・。

 ・ナウフェルが大切にしているカセットデッキの意味も徐々に明らかになり・・

 ラストの雪が積もったビルの屋上のシーンは少しハラハラするが、”ナウフェル君、君の事は彼女がきっと支えてくれるよ・・”、と勝手に思ってしまったよ。

<奇抜な設定と、それを描き出す画の不思議な美しさと、哀愁溢れる音楽が魅力的で物語に引き込まれ、(作品が81分と短尺な事もあり)あっという間に時は過ぎる。
 大仰な展開があるわけではないし、セリフも少ないが独特な世界観が面白きアニメーションであった。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか

2020年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

人生いろいろあるってことなのかもしれないが、なんでピザ屋にいたのかがわからなかった。

つまらなくはない。世界観は独特。ストーリー的にはよかったのかも。ただ、バッドエンドなのかな・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フェイト8@精神障がい持ちです。

3.0繊細なアニメ

隣組さん
2020年3月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

自分の体を求めて街を彷徨う右手と少年の心を描いた繊細なアニメ作品で不思議な魅力を感じました。
皆さん、ハエには気をつけましょう。
2020-46

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
隣組

3.0Leap

Kjさん
2020年1月18日
iPhoneアプリから投稿

ショートフィルムをそのまま長編にしたような作品。メタファーであろう手や蝿は、長編だと表現意図が見透かされすぎて、長く感じてしまう。
しかし、冷蔵庫に保管されていたのはどういうシチュエーションだったのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj
すべての映画レビューを見る(全16件)