タイトル、拒絶

劇場公開日

タイトル、拒絶
8%
48%
34%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

それぞれ事情を抱えながらも力強く生きるセックスワーカーの女たちを描いた群像劇。劇団「□字ック」主宰の山田佳奈が、2013年初演の同名舞台を自らのメガホンで映画化した。雑居ビルにあるデリヘルの事務所で、華美な化粧と香水の匂いをさせながらしゃべる女たち。デリヘル嬢たちの世話係をするカノウは、様々な文句を突きつけてくる彼女たちへの対応に右往左往している。やがて、店で一番人気のマヒルが仕事を終えて戻って来る。何があっても楽しそうに笑う彼女がいると、部屋の空気は一変する。ある日、モデルのような体型の若い女が入店したことをきっかけに、店内での人間関係やそれぞれの人生背景が崩れはじめる。2019年・第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品され、主演の伊藤沙莉が東京ジェムストーン賞を受賞した。

2019年製作/98分/R15+/日本
配給:アークエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)DirectorsBox

映画レビュー

3.5山田佳奈の今後の飛躍を確信する

2020年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 10 件)
大塚史貴

3.0コロナ禍では風俗がセーフティネットらしい‼️❓

2021年8月31日
PCから投稿

なかなか、デリヘルの控え室の映画は無い。
胸糞悪い場面ばかりだからだ。
身につまされる、でも、生きていく、それが現実。
ならば、売春は合法化するしかないのでしょう。
朝ドラの彼女は、全裸監督の映画でも中途半端らしい。
伊藤はしゃべくりだけだ、別に絡みを期待するわけではないが。
性風俗の真の姿を見せた、それだけでも価値がある、のかもしれんし。
社会の縮図を観たい人は、是非。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アサシン5

2.5脚本は普通。役者が良かった。

2021年8月29日
iPhoneアプリから投稿

小さい箱の中でのそれぞれの話。女性監督ということもあり裸のシーンもさほど嫌悪感なくみられた。
脚本としてはイマイチ盛り上がりに欠けるためなんだったんだという感想。特に主人公の恋愛についての尺が短かったのと男がおばさんを抱いていたことに対する最後へのつながりが薄くあまり主人公の涙に感情移入できなかった。
予想以上に良かったのは恒松さんのシーンはとても良かった。尺も内容も。
伊藤沙莉目当てで見た分、さすが通った感じで伊藤沙莉の演技は光るものがあり、それ以上に恒松さんを知れたことがよかった。今後の映画界、女優界でもっと活躍していただきたい。そのような演技を彼女はできている。
脚本はそこそこ、役者の演技が良ければさほど低評価にはならないものだということもあり、やはり役者の大切さを再確認。この2人には今後も頑張っていただきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
のりたま

3.5多種多様な人生を時間内に表現

zinさん
2021年8月13日
スマートフォンから投稿

伊藤沙莉さんの映画は全て観るようにしてます。真剣さが伝わり、色んな役を演じ楽しませてくれます。他の方のレビュー見させて頂きました。人によって観方は異なりますが、自分は、表題記載の通り、様々な方の視点を時間内に表現していました。本来主人公である伊藤沙莉さんが目立つはずですが、彼女の演技で他の出演者の存在感が輝いて見えました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
zin
すべての映画レビューを見る(全67件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る