ジャスト6.5 闘いの証

劇場公開日

ジャスト6.5 闘いの証
9%
64%
27%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イラン警察と麻薬組織のモラルなき戦いを臨場感たっぷりに描いた社会派クライムドラマ。薬物中毒者であふれるイランの街。イラン警察のサマド率いる麻薬撲滅チームは、麻薬組織の元締めナセル・ハクザドを逮捕するべく大規模な捜査に乗り出す。サマドたちは強引な手法で関係者を次々と連行し、ついにハクザドに接近するが……。サマド役に「別離」のペイマン・モアディ。2019年・第32回東京国際映画祭コンペティション部門で、最優秀監督賞と最優秀男優賞(ナビド・モハマドザデー)を受賞した(映画祭上映時タイトル「ジャスト 6.5」)。

2019年製作/131分/イラン
原題:Metri Shesh Va Nim
配給:オンリー・ハーツ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Iranian Independents

映画レビュー

3.02019 32nd TIFF

SHさん
2019年11月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

思ったほど面白くないと思いながら見ているうちに、結構面白いのかもと最終的には思った。
正義の側が醜い行為をし、一方、犯罪者が愛情豊かに表現されていて、なかなか興味深いものであった。
イランという国をよく知らないので、過剰なまでの描写をそのままその国を表した事柄だと錯覚しがちになる危険性を感じたけれど、そう思わせるくらいの熱を持った作品だったのかなという印象。
ただ、あまりにまくしたてる台詞が多過ぎた印象で、字幕を追うので疲れる。後半のように、終始一貫して映像を見せてくれるような作品だったら、もっと興味深く観賞できたような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

4.5骨太な麻薬捜査ものから…

2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

東京国際映画祭にて。なかなか公開されそうもないイラン映画なので…
冒頭からいきなり骨太な麻薬捜査ものが展開される。下っ端からどんどん手繰っていく展開は手に汗握る。
かと思えば、終盤の展開で、イスラム教国であるイランの状況となぜ麻薬が蔓延るのかが説明される。ホントはこれが描きたかったのかな…
もちろんアメリカの麻薬捜査ものみたいに銃を撃ち合うような派手な展開はないですが、充分以上に面白い。お勧めです。公開して欲しい…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぱんちょ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る