再会の夏

劇場公開日

再会の夏
8%
36%
56%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「画家と庭師とカンパーニュ」のジャン・ベッケル監督が、フランスの作家ジャン=クリストフ・リュファンのベストセラー歴史小説を映画化。第1次世界大戦後のフランスを舞台に、主人を待ち続ける1匹の犬と勲章をめぐる物語を、美しい田園風景とともに描き出す。1919年、終戦後の平和が訪れたばかりのフランスの片田舎。戦争の英雄であるはずのジャック・モルラックが、人気のない留置所で頑なに黙秘を続けている。彼を軍法会議にかけるか否かを決めるためパリからやって来た軍判事ランティエ少佐は、留置所の外で吠え続ける1匹の犬に関心を寄せる。さらにモルラックについて調べるうち、農婦にしてはあまりにも学識豊かな恋人ヴァランティーヌの存在が浮かび上がる。「最強のふたり」のフランソワ・クリュゼがランティエ少佐を、「ダリダ あまい囁き」のニコラ・デュボシェルがモルラックを演じる。

2018年製作/83分/G/フランス・ベルギー合作
原題:Le collier rouge
配給:コムストック・グループ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • カリスマ
  • 発狂する唇
  • 血を吸う宇宙
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 血を吸う粘土
  • 血を吸う粘土 派生
  • 怪談師 山口綾子の眠れない怖い話
  • 怪談師 山口綾子のエロ怖い話
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)ICE3 - KJB PRODUCTION - APOLLO FILMS - FRANCE 3 CINEMA - UMEDIA

映画レビュー

3.5陰鬱な塹壕と明るい田園風景

よしさん
2021年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第一次世界大戦後のフランス。ある罪を犯して収監された元招集兵と、彼を尋問する軍判事の物語。

WOWOWでは、ヒューマンミステリーと書かれていましたが、ミステリー要素は殆どない人間ドラマでした。
テーマは・・・多分二つ。
まず、戦争の残虐性に対する批判を、元招集兵とその飼い犬を通して語ります。
そして、もう一つは、元招集兵と妻の再会です。

決して軽くはないテーマのはずですが、軍判事の人柄と暖かい陽射しに包まれる田園風景が程よく中和します。
鑑賞後には「暖かい陽射し」の記憶が残る、そんな映画です。

ミステリーを期待して鑑賞した私には高い評価は付けにくい作品でしたが、とても完成度の作品だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5戦争の結果

2021年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第一次世界大戦後、軍判事(フランソワ・クリュゼ)は営倉に入れられている一人の兵士をさばくことに。
そしてこの兵士がどんな人生を送り、どんな罪を犯したかが語られる。
戦争は色んな人の人生に影響を及ぼす。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0うん、思ってたのとは違った

ke_yoさん
2021年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ke_yo

3.5犬、繋いでおけばよかったのにね

2020年1月28日
Androidアプリから投稿

そっか、今、気づいた。

犬はずーっと、『思い込みだ。逃げないでー!』。と、吠えていたんだなーと。

フランスの田舎の景色、美しかった。
光の加減まで。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
night runner
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る