マイ・ビューティフル・デイズ

劇場公開日:

解説

「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメが同作より前に出演した作品で、教師に恋心を抱く行動障害がある高校生を演じた青春映画。人づきあいが苦手で無口な高校生ビリーは、美しい英語教師のスティーヴンス先生にほのかな思いを抱いていた。ある週末、クラスのリーダー的存在の女の子マーゴットに声をかけられたビリーは、陽気なサムとともに「演劇大会」に参加する。引率を引き受けたスティーヴンス先生は、出発前に校長からビリーには行動障害があることを告げられる。生徒との関係には細心の注意を払うスティーヴンス先生だったが、ストレートに感情をぶつけてくるビリーに翻弄されていく。

2016年製作/86分/PG12/アメリカ
原題:Miss Stevens
配給:ファインフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2016 Young Dramatists, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0寄せては返す波のように心地よく語りかけ、深く胸に沁み渡っていく秀作

2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

こんな小さな作品のことなど見落とされるか、すぐさま忘れ去られてしまうかもしれない。が、本作はえも言われぬ魅力を秘めている。これだけは確かだ。冒頭、舞台に幕がおり、周囲の観客が引き波のごとくいなくなった後も主人公が一人、座席に腰掛けたまま立ち上がれない描写があるが、この映画に触れた自分の正直な気持ちもこの描写とまさに同じだった。

演劇大会という題材がまず素晴らしい。普段は目立たない生徒が、人前で思い切り感情を表現する。そのスイッチが入ったかのように変わりゆく姿。廃部寸前の部活動の面々が引率教師のボロい車に乗り込んで目的地を目指す。彼らの高揚と緊張、それに教師の過去のエピソードが絡まり合って、忘れがたい週末のひと時が織りなされていく。と、あらすじにすると無味乾燥なのに、映画の感触は波打ち際のように爽やかで、深く心に染み入ってくる。彼らの旅は、成長は、かけがえのない素敵なものを届けてくれた。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
牛津厚信

1.5期待したほどではない

2022年2月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

シャラメ出演で予告も面白そうだったので鑑賞したが、面白くなかった。盛り上がる場面が一度もなく、悪い意味で淡々としている。最後はなんとかまとめているが、終盤までのストーリーは観ているのが苦痛なほどつまらない。登場人物の掘り下げも中途半端で結局この作品で何が伝えたいのかが分からなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
KOMA19

0.5面白く無いよ

2021年12月11日
スマートフォンから投稿

つまらない

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ブロディー署長

3.0ティモシーが主演なので見ました。 先生の事をファーストネームで呼ぶ...

2021年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ティモシーが主演なので見ました。
先生の事をファーストネームで呼ぶ所好き。笑
馴れ馴れしいけど憎めない。
音楽も良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Mi-ku
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マイ・ビューティフル・デイズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。