マイ・ビューティフル・デイズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マイ・ビューティフル・デイズ
マイ・ビューティフル・デイズ
6%
64%
20%
6%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメが同作より前に出演した作品で、教師に恋心を抱く行動障害がある高校生を演じた青春映画。人づきあいが苦手で無口な高校生ビリーは、美しい英語教師のスティーヴンス先生にほのかな思いを抱いていた。ある週末、クラスのリーダー的存在の女の子マーゴットに声をかけられたビリーは、陽気なサムとともに「演劇大会」に参加する。引率を引き受けたスティーヴンス先生は、出発前に校長からビリーには行動障害があることを告げられる。生徒との関係には細心の注意を払うスティーヴンス先生だったが、ストレートに感情をぶつけてくるビリーに翻弄されていく。

2016年製作/86分/PG12/アメリカ
原題:Miss Stevens
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2016 Young Dramatists, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0寄せては返す波のように心地よく語りかけ、深く胸に沁み渡っていく秀作

2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

こんな小さな作品のことなど見落とされるか、すぐさま忘れ去られてしまうかもしれない。が、本作はえも言われぬ魅力を秘めている。これだけは確かだ。冒頭、舞台に幕がおり、周囲の観客が引き波のごとくいなくなった後も主人公が一人、座席に腰掛けたまま立ち上がれない描写があるが、この映画に触れた自分の正直な気持ちもこの描写とまさに同じだった。

演劇大会という題材がまず素晴らしい。普段は目立たない生徒が、人前で思い切り感情を表現する。そのスイッチが入ったかのように変わりゆく姿。廃部寸前の部活動の面々が引率教師のボロい車に乗り込んで目的地を目指す。彼らの高揚と緊張、それに教師の過去のエピソードが絡まり合って、忘れがたい週末のひと時が織りなされていく。と、あらすじにすると無味乾燥なのに、映画の感触は波打ち際のように爽やかで、深く心に染み入ってくる。彼らの旅は、成長は、かけがえのない素敵なものを届けてくれた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

2.5アメリカの高校生の部活

SpicaMさん
2020年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アメリカのハイティーンものにしては画期的というくらいw性表現の少ない、爽やかな映画だった。
個性的な演劇好きの高校生達と若い先生。シャラメ君を始めとしたキャストはみな可愛い。そして高校生の演劇コンクールってこんなオーディションみたいなんだなぁ、と興味深くも観られてよかった。
予告動画の方が若干いやらしい感じがしたのは気のせいでしょうかw。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

5.0教師たちへの応援歌

きりんさん
2020年11月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ティモシーシャラメくん、
なかなかです。キャラクターはぴったりです。
そして対峙する若い国語教師のみずみずしさがね、これがとても良いんですよ。

中高生の頃、ひそかに憧れた教育実習生(教生の先生)たちのことを思い出すなぁ。
・・昔のイタリア映画ならば、思春期の男子生徒と、生徒を惑わす肉感的な女教師との“初体験”もので、ちょっとありきたりな筋書きになったところでしょう。

でも本作は、
・抗精神薬を服用する男子生徒と、
・母親を亡くした痛手を隠す新任教師と、
・ゲイの同級生と、
・自らの限界に気づいている演劇好きの金持ちの女の子、
この4人の旅の物語。
― 時代は変わりましたねー!(笑)

「長く教師を続けるコツを?」
「まあ 深入りしないことだね」
「内面まで面倒を見ることは出来ない」
「問題なく卒業させるだけ」
引率教師たちの冷めた本音がこぼれている。
これは
生徒をさばくコツを見つけた中堅教師と、教師になってまだ日も浅い女教師の立ち話だ。

「先生あなたは弱い者たちのの代弁者なのかーッ!?」尾崎豊は歌ったが、
かつては敵であり、今は同僚となった男性教師の前でのレイチェルの、大揺れに揺れる葛藤の表情は、これは見るべき。

・・・・・・・・・・・・

中学生の頃の僕は、先生たちを困らせたチャンピオンだった。
「『中学生らしい』とはどういうことですか、教育者ならあなたの言葉で答えて下さい」と問うたら先生たちは、校長も含めて一人残らず口を閉ざして逃げてしまったんですよ。やれやれ。

教師職の皆さんには、ずっと熱くいてもらいたいなぁ。 自己研鑽の姿を先輩として我々に見せてもらいたい。「智」の探求と教育学へのたゆまぬ開拓を続けていてもらいたい。

僕を教えてくれた教生の先生たちは元気にしておられるのだろうか、
経験まだ浅い先生たちにも、ちょっと一服が必要な時が来たらこの作品、ぜひ観てもらいたい映画でした。

挿入歌もオススメ
名曲揃い
ロックグループ アメリカの「sister golden hair 」がしみるから。

・・・・・・・・・・・・

障害もちの男子生徒登場のスクール映画と言えば「ウォール・フラワー」(壁の花)も秀作。
ノーマライゼーションの開花です。
エマ・ワトソンが助演します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

4.0ありふれているかもしれないが、確かにあるもの

2020年10月3日
iPhoneアプリから投稿

最近疲れたけど、重すぎなくていい映画みたいな〜っていう気分の方にお勧めしたい作品。

私生活で特にうまくいかない先生と、個人演劇の大会へ挑む3人の生徒達、特にビリー(ティモシー・シャラメ)と先生との交流が主に描かれる。

強烈なメッセージを観客に突きつけるような作品ではなく、普遍的ともとれるが確かに万人にとって大切なものに改めて気づかせたい、という願いがこの作品に込められているのではないだろうか。
また、終盤のティモシー・シャラメの演技は目を奪われるものだった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あんみつ
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る