劇場公開日 2019年11月15日

盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲のレビュー・感想・評価

3.641
18%
56%
22%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全31件中、1~20件目を表示

4.0幾重にも折り重なった絶体絶命のプロットが緻密で楽しい

2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

海外メディアが「コーエン兄弟の映画を彷彿させる」と評したそうだが、いざ本編に触れて「なるほど」と感じた。目の前に立ちはだかる壁。絶体絶命のピンチ。それに懸命に対処して立ち回っているつもりでいて、実際はやることなすこと全部悪い方へと転がっていく。当事者たちが焦れば焦るほど、そこに自ずとユーモラスな香りが漂うところもコーエン作品を思わせる。

が、プロットは確かにそうでもテイストは180度違う。インド映画ならではの大衆感でわかりやすく物語を運び、エンタテインメントとしての跳ね方も比較的大きい。最初は盲目のピアニストと可愛らしいヒロインのラブストーリーかと思わせ、それがとあるシーンからガラリと打ち破られていくあたりも一向に予測不能。「主人公の秘密」をめぐって誰が有利な立場にいるのかが刻一刻と情勢が変わりゆく様にもハラハラさせられる。よくぞここまで振り切れた展開を仕掛けたものだ。文句なしの快作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

4.0”次どうなんねん!?”がずっと

kizkizさん
2020年2月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

インド式クライムエンターテイメント。
盲目と偽ってるピアニストが殺人現場を”見て”しまってテンヤワンヤ。

「毎秒ごとに予測できないクレイジーさ」のコピーにも納得。
みんなが必死に騙し合う展開にドキドキ。
深みより楽しさ!

次々にやってくる苦難にずっとギリギリの状態で乗り越えてくのはジョジョ5部に近いハラハラ感があるかも。
ブラックな内容だけど思わず笑っちゃう滑稽さにニヤニヤ。

主人公サイドも悪者サイドも欲望に生きてて、それでいて必死。
逆転につぐ逆転。
ずっと”次どうなんねん!?”と楽しくみれました。
だからこそオチのアレが……まさか?と思ったらあ~!っと脱力。
緊張からの緩和っすなー。

「実は見えてる盲目のピアニストが殺人現場を目撃しちゃった」
この設定に興味を持ったら見る価値ありです。
インド映画はやっぱ面白いな~。

しかし、エンドロールで「音楽は素晴らしい」「過去の音楽映画に捧げる」ってメッセージが出るんだけどそんな映画だっけ?笑
音楽そっちのけで騙し合ってたような;

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kizkiz

3.0確かに予測不可能。ブラックな笑いとサスペンス満載ムービー!!

2020年2月4日
PCから投稿

笑える

悲しい

怖い

【賛否両論チェック】
賛:想像をことごとく裏切る全く予測不可能な展開の連続に、分かってはいても思わずハラハラさせられること請け合い。
否:一歩間違えると全く笑えないようなブラックユーモアが多いので、好き嫌いは分かれそう。終わり方もやや呆気ない印象を受けてしまうかも。

 盲目だと嘘をついていたがために、殺人現場を目撃してしまい、しかも警察署長が共犯なのでそれを訴えることも出来ないという、奇想天外なトラブルに巻き込まれてしまった主人公。自業自得と言ってしまえばそれまでですが(笑)、そんな彼を待つのは、全く予測出来ないさらなるピンチの連続です。サスペンス映画を観ている時にありがちな、
「次はこうなるだろうな・・・」
なんていう予想を、ことごとく裏切る方向でストーリーが進んでいくので、良くも悪くも予測不可能な展開に驚かされてしまいます(笑)。
 クライマックスからラストにかけては、冒頭からは全く考えもしないようなところまで話が進んでいきますが、それもまた面白いところでもあります。ただブラックユーモアもかなり多いので、笑いの好みは分かれそうなところです。
 元々インド映画が好きな方は勿論、コメディやサスペンスが好きな方にもにも是非オススメです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

5.0どんでん返しが地平線の向こうまで転がるスパイシーなブラックコメディ

よねさん
2020年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

盲目のピアニスト、アーカーシュはささいな交通事故をきっかけに知り合ったソフィアの誘いで彼女の父が経営するレストランでの仕事にありつく。実はアーカーシュはアーティストとしての自分を追い込むために盲目のフリをしているだけだったが、レストランでの演奏が常連客の不動産屋で元映画スターのプラモードに気に入られて、自宅で自分の妻シミーのためにピアノを弾いてほしいと頼まれる。約束の時間にプラモードのマンションを訪ねるとそこにはシミーしかおらず、仕方なくピアノの演奏を始めたアーカーシュだったがリビングにはプラモードの遺体があった・・・からのブラックコメディ。

何だかよく解らないイントロから始まって殺人犯との心理戦等色々スタンダードなサスペンスはもちろんあるんですがそこはやっぱりインド映画、中盤で主人公に襲いかかる災難でギョッ!とさせられたかと思えば、そこからあれよあれよと話は地平線の向こうまで転がります。特にビックリするのは突如宗教観にズブッと足を踏み入れるところ。そこからガラリと作品トーンが変わり舞台は何だか見覚えのある場所に。これはポール・トーマス・アンダーソンの『マグノリア』に似たやり方ですが、本作にはさらに先があってポーンと投げつけられるドライな結末はめちゃくちゃスパイシー、確かにインド式です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

1.5テンポが悪い

patrickさん
2020年1月2日
iPhoneアプリから投稿

最近はよくインド映画を観るんだが、これはハズレだった
これはDVDで観るやつだったねって
友達に言ったら
友達はDVDなら最後まで観れないでしょっと言った。
それくらい、テンポが悪く、無駄に長く、友達曰く観た後に何も残らない映画だった

強いて言えば、弱肉強食なインドを描いてるのが良かったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
patrick

4.0【”あなたと”盲目”の時に出会えて良かった・・。シニカルビターな騙し合いをコメディタッチで描く。”ボーッと観てると騙されますよ”】

NOBUさん
2019年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 盲目を装うピアニスト、アーカーシュ(アーユシュマーン・クラーナー)が ある場面を”目撃”してしまった事から始まるシニカルビターなコメディタッチのノワールムービー。

『興味深かったシーン、幾つか』
 ・冒頭の道標に隠れるウサギ。
  後半、同じシークエンスで再登場するウサギ。そこで起きる出来事。

 ・ハリウッド映画「ライフ・オブ・パイ」にも出演したタブー演じる元映画スタープラモードの若妻シミーのちょっとおまぬけな悪女。淑やかな若妻がどんどん本性を現すが、何故か憎めない。(マンションのお隣のおばあさんを口封じで殺めてしまったり、クスリを盛ってアーカーシュの視力を奪ったり・・)

 ・アーカーシュを助けるふりしてシミーが得たお金をふんだくろうとする宝くじ売りのおばさんの腕のシヴァ神のタトゥの意味・・。

 ・アーカーシュを助けるふりしてシミーが得たお金をふんだくろうとする、医者の言葉”人生は、Liver 次第だ”

 ・2年後、ヨーロッパのどこかの国で”盲目”のピアニストとして演奏しているアーカーシュは元恋人ソフィと偶然再会し、”抱きしめる”。ん?
道路に転がる缶を見事に蹴る。んん??

<で、結局アーカーシュは再び目が見えるようになっているのか? 推理を巡らせるのも楽しい作品。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.5ちょいちょい吹いちゃう系の面白さ。 ただ、なんか長たらしさを感じて...

2019年12月12日
スマートフォンから投稿

ちょいちょい吹いちゃう系の面白さ。

ただ、なんか長たらしさを感じてしまう点は否めない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナガグツ

4.5インド映画なので音楽がいい

2019年12月9日
iPhoneアプリから投稿

ピアノのインド音楽もいいもんだ。しかしながら、人にこの映画の面白さをネタバレなしに説明するのは不可能だよ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カンタベリー

4.0こんなに転回するもんかねw

mrkc7さん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿

立ち止まらず、延々と転回するストーリーに疲れたw
いい疲労感だが最後に発せられる一言に誰にも本質を理解されていない主人公アカーシュの苛立ちも上手く描かれていたと思う。とは言え、アカーシュもアカーシュで。。。
どいつもこいつもwww

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mrkc7

4.0古臭い作りの良質なサスペンス

kenshuchuさん
2019年12月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

盲目の音楽家が殺人現場に出くわし、犯人側から狙われるというサスペンス。
ちょっと前に邦画「見えない目撃者」を観たので、似た感じかと思っていたら設定自体が全く違っていた。見えているのに見えていない演技をしなければならないシチュエーション。なるほど、こんなドキドキ・ハラハラの演出もあるのか!とても新鮮だった。
話の展開もいろんな要素がつまっているのにとっ散らかってない。いや、もちろん強引なところもあるし、そんなことしたらダメだよ!的な行動をとるやつらもちらほら。庶民なのにみんな悪いこと考えてやがる。でも、トータルで考えると良質なサスペンスだったと思う。コメディとして笑えるところはなかったが、うさぎは笑えた!あの強引な使い方はスゴい!
ちなみに、全編通じて少し古臭い作りになっている。ヒッチコックの映画や70年代のサスペンス・ミステリー邦画のようだ。懐かしく感じた。これ、わざとなのかな…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kenshuchu

3.5全員悪人

movieさん
2019年12月1日
Androidアプリから投稿

222.ところどころインド式演出で間延びするが、コーエン兄弟風の展開は楽しい。ラストシーンの一蹴りでスッキリ終わる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie

4.0インド映画はこんなのもできる

しずるさん
2019年11月26日
Androidアプリから投稿

笑える

怖い

芸術的インスピレーションの為に盲目を装うピアニスト、アーカーシュ。ある日死体を目撃してしまう。アーカーシュの目の前で死体工作を目論む犯人。見えない振りで何とかその場を凌ぐが…。

嘘から生まれた意図しない危機。人々の損得勘定や欲が状況を二転三転させ、誰が敵で誰が味方か、予測不能なノンストップ展開へ。
インド映画らしからぬ、欧州映画が好みそうな、人間の欲と暴力に翻弄されるブラックでシニカルな内容。
けれど、その中にも、いやいややり過ぎだろ!と思うような力業や、思わず吹き出しちゃう滑稽さなど、安定のインドパワーも感じてほっとしたり。

今まで見てきたインド映画とは、大分テイストが異なり意表を突かれたが、やはり、長尺に耐え得る面白さがある。
主人公の身を案じるドキドキ感、誰も信用出来ない不安、不謹慎なシーンで堪えきれず沸き上がる笑い…。ジェットコースターのように色々な感情に振り回されて、退屈する暇がない。
冒頭の謎のシーンや何気ない台詞が、後々キッチリ伏線に繋がっていく構成も気持ちが良かった。

海外の影響も強く感じるが、観客の感じる「インド映画」のフィルターを壊し、こんなんも作れるのよ!との気概を感じる作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
しずる

3.5裏切りの繰り返し

H1DE!さん
2019年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

でしたね〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

5.0インド映画もいいですね

弘美さん
2019年11月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

盲目のピアニスト~ありきたりなのかなぁーと思いきや展開が早くおもしろかった。
また、音楽が良くてずっと聴いていたい感じだった。
作品はコメディありスリルありで見ごたえあると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
弘美

3.0悪い奴

2019年11月22日
Androidアプリから投稿

映画見終わって、よくよく考えると主人公も悪い奴!
悪い奴が悪い奴に追われて助けられた悪い奴に殺されそうになり・・・・・
雑な映画だけど内容と音楽は良かった!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
シゲゾ〜

4.5インド映画いいねぇ~

ピピさん
2019年11月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純に楽しめました!
設定がいいです。
何を書いてもネタバレになりそう(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピピ

5.0くだらないけど面白い

DAIさん
2019年11月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

みなさんの評価がイマイチだったのでちょっと迷いましたが、自分的には大好きでした。
盲目のはずが実は見えてました、っていうのはありそうな話だなあと思ったけど、その後の展開がすごくて全く長さを感じさせませんでした。
最初のシーンの意味も最後にちゃんとわかったし。
すごく楽しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DAI

4.0うさぎおいしあのやま~🎵 視覚版佐村河内スペシャル 見えていた奥ひだ慕情

2019年11月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

主人公がピアニストなので、レストランや高級マンション、ライブハウスでの演奏場面が多くあり。超テクで、メロディアスかつリズミカルな曲も好みでした。
インド映画ですが、ミュージカル調の場面挿入はまったくありません。内容もカーストとは無関係。ストーリーに集中できます。

タブー(Tabu)というインド人にしてはわりと薄めの顔の女優さんのクールな悪女ぶりにやられました❗
警察署長が間男相手。しかも、二人とも事件を見られたのではと疑って、しきりにカマをかけたり、襲ってくる。ハラハラしますね。

パッドマンで若妻役だった女優さんが垢抜けたお嬢さん役で最初から登場。インド映画の俳優はみんな顔濃いし綺麗なんで全然分からなかった❗

イチャイチャする前の場面では主人公が見えているのに見えないふりをしながら、チラ見してニヤニヤしてる感じ。この映画ならではのくすぐりどころ。

ラブコメとブラックサスペンス両方が味わえてお徳です。

角膜、腎臓、肝臓移植も少しからみます。やはりインド映画がこれを入れると怖さが増しますね。ネパールなんかでの人身売買とかのリアリティーを感じるから。ギャグのつもりでもねぇ。ブラックコメディなんだろうけど。闇医者をリキシャ運転手や宝くじ売りおばさんが手術着姿で手伝うのは止めて欲しい❗

主人公の顎のライン、山田孝之に似てないかなぁ? 山田孝之がインド人に似てるのか?

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
カールⅢ世

4.0インド映画って

2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

最初は明るくて楽しい歌って踊ってお馴染みのインド映画かと思いきや、突然にシリアスなサスペンス展開となり、その後は二転三転と最後の最後まで驚きの展開でとても良かったです。とてもチャーミングな主人公アーカーシュをはじめ登場人物もそれぞれ味があって良かったです。アーカーシュが弾くインドのクラシックピアも良いですね。世界で最も多く作られているインド映画の中で日本でかかる作品は年間数十本なので(今年もそうですが)ホントに厳選された作品がくるので素晴らしい作品が多いですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ナカネム

3.0予告で期待したが・・・

Yojiさん
2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿

盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~ (2018)

前半はボリウッド特有の音楽とコメディの融合で安心して見られましたが殺人事件が絡むあたりからガラッと雰囲気がが変わります。
盲目?のピア二ストが主役なので音楽は重要ですが、シリアスなシーンでも音楽がコミカルだったり
音響がむやみにでか過ぎたりとチグハグ感があり微妙でした。
後半の内臓や角膜提供とかが絡むともうコメディの雰囲気はなくなります。
全体的には悪い作品ではないですし飽きないで最後まで見れますが
最近のボリウッド作品ではシークレット・スーパースターのが数段笑えて泣けてお勧めです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoji
「盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲」の作品トップへ