劇場公開日 2019年11月15日

  • 予告編を見る

「幾重にも折り重なった絶体絶命のプロットが緻密で楽しい」盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲 ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.641
18%
56%
22%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0幾重にも折り重なった絶体絶命のプロットが緻密で楽しい

2019年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

海外メディアが「コーエン兄弟の映画を彷彿させる」と評したそうだが、いざ本編に触れて「なるほど」と感じた。目の前に立ちはだかる壁。絶体絶命のピンチ。それに懸命に対処して立ち回っているつもりでいて、実際はやることなすこと全部悪い方へと転がっていく。当事者たちが焦れば焦るほど、そこに自ずとユーモラスな香りが漂うところもコーエン作品を思わせる。

が、プロットは確かにそうでもテイストは180度違う。インド映画ならではの大衆感でわかりやすく物語を運び、エンタテインメントとしての跳ね方も比較的大きい。最初は盲目のピアニストと可愛らしいヒロインのラブストーリーかと思わせ、それがとあるシーンからガラリと打ち破られていくあたりも一向に予測不能。「主人公の秘密」をめぐって誰が有利な立場にいるのかが刻一刻と情勢が変わりゆく様にもハラハラさせられる。よくぞここまで振り切れた展開を仕掛けたものだ。文句なしの快作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら
「盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲」のレビューを書く 「盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲」のレビュー一覧へ(全41件)
「盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲」の作品トップへ