エマ、愛の罠

劇場公開日:

エマ、愛の罠

解説

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」「NO」などで知られるチリのパブロ・ラライン監督が、1人の女性の奔放な愛の姿を大胆に描いたドラマ。ダンサーのエマは、ある事件をきっかけに心の拠り所を失ってしまった。 振付師である夫との結婚生活は破綻した彼女は、その妖しい魅力を武器に実直な消防士、さらに彼の妻までをも虜にしてしまう。不可解なまでに奔放なエマの行動。その行動の裏には衝撃的なある秘密が隠されていた。主人公エマ役を新人のマリアーナ・ディ・ジローラモ、夫のガストン役を「モーターサイクル・ダイアリーズ」「バッド・エデュケーション」「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナルがそれぞれ演じる。2019年・第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品作品。

2019年製作/107分/R15+/チリ
原題:Ema
配給:シンカ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 パブロ・ラライン
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

映画レビュー

4.5うんざりな前半 → ぶっ飛びの才能

2020年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

序盤からずっとアンモラルな感じで、主人公に共感できず、「フランス映画はしんどいよなあ」とうんざりしながら見ていたんですが、途中で言語がフランス語ではないことに気づき、「何なんだこれ、どこの国の話?」って感じで俄然のめり込んでいった。で、後半4分の3ぐらいで話の展開に呆然。スゲエ、凄すぎる! あのセックスも、このセックスも、ちゃんとミッションがあって、そのプロセスだったんだ!って。あとで確かめたら、南米チリの案件でした。パブロ・ラライン監督か。それにしても、凄い才能がいたもんです。今年見た映画の中で、一番凄い才能かも。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
駒井尚文|映画.com編集長

4.5痛快にしてお見事!な、間違いを恐れぬ主人公の大驀進!

2020年10月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
村山章

3.5理解不能なエマの行動

2022年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

難しい

萌える

チリのバルパライソで、ダンサーのエマは、養子だったポロから引き離され、心の拠り所を失ってしまった。 振付師の夫との結婚生活は破綻してて、消防士の男、さらに彼の妻、その他不特定多数の男女と体の関係をもった。そんな奔放なエマの行動の裏には秘密が隠されていた。そんな話。

これもジェンダー映画祭でエッセイストの能町みね子さんの推薦作品。
チリ映画というのも初めて観た気がする。なかなかエロくて衝撃的な作品で理解不能だが魅力的だった。
冒頭から信号機が燃え、なんなんだろうと思わせるストーリーも奇抜だった。そして、前衛的なダンスシーンやエマのセックスシーンも見所かな。
エマ役のマリアーナ・ディ・ジローラモが美しかった。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
りあの

3.5マリアーナ・ディ・ジローラモの魅力

2021年11月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最後の最後に『罠』の意味を知りました。
スタートから後半までのダラダラはマリアーナ・ディ・ジローラモの魅力のみに支えられていました。ダンサー陣も皆、美しかったのですが…ほぼ全編にわたりダラダラ感は否めませんでした。主演女優は見事な魅力でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tuna
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る