マリッジ・ストーリー

ALLTIME BEST

劇場公開日

マリッジ・ストーリー
マリッジ・ストーリー
26%
59%
13%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イカとクジラ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のノア・バームバック監督が、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーを主演に迎えて描いたNetflixオリジナル映画。女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ。結婚生活がうまくいかなくなり、円満な協議離婚を望んでいた2人だったが、それまで溜め込んでいた積年の怒りがあらわになり、弁護士をたてて争うことになってしまう。第92回アカデミー賞では作品賞のほか主演男優、主演女優、脚本など計6部門でノミネートされ、ニコールを助ける女性弁護士ノラを演じたローラ・ダーンが助演女優賞を受賞した。そのほかの共演にアラン・アルダ、レイ・リオッタら。Netflixで2019年12月6日から配信。日本では配信に先立つ11月29日から、一部劇場にて公開。

2019年製作/136分/G/アメリカ
原題:Marriage Story
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

受賞

最優秀助演女優賞 ローラ・ダーン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) アダム・ドライバー
最優秀主演女優賞(ドラマ) スカーレット・ヨハンソン
最優秀脚本賞 ノア・バームバック
最優秀作曲賞 ランディ・ニューマン

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 ノア・バームバック
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

Netflix映画「マリッジ・ストーリー」 12月6日(金)独占配信開始

映画レビュー

4.0一旦「違う」と感じたら、行き着くところまで行く結婚生活の末路

2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

映画監督で脚本家のチャーリーは、ハリウッドでは人気女優だったニコールと恋に落ち、結婚してからはチャーリーの故郷ニューヨークで暮らしている。しかし、互いの価値観の違いから離婚を決意した2人は、当初は円満な協議離婚を目指していたが、別れるとなった途端、意識のすれ違いが俄然表面化して、各々が弁護士を立てて法廷闘争へ。これまでは、「クレイマー、クレイマー」がギリギリ扱っていた問題を、さらに、容赦なく掘り下げようとするのが本作。興味深いのは、離婚という個人の問題が、弁護士の手に委ねられた途端、全く異なる力学によって"劇場化"してしまう点。夫婦の諍いの原因が、ニューヨークvsロサンゼルスという、アメリカ映画が長らくテーマにしてきた土地柄と気性の違いにもあることを、露わにしていく点。何よりも、相手に対して感じた違和感を徹底的に追求した先にある、自分と他者の間にある溝の深さだ。一旦「違う」と思ったら最後、行き着くところまで行ってしまう結婚という行為のギャンブル性が、そして、人間という生き物の脆さが、深く身に沁みる映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 27 件)
清藤秀人

4.0冷めた想いもなぜか温かい

2020年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

あなたにとって家族とはなんだろうか。

離婚調停で争う話なのに、どこか優しく温かい物語。一度想い合った人と人の絆はそうそう切れるものではない。「子は鎹」とはよく言ったもので、そこには子どもの存在が大きい。連れ添う当事者ふたりの問題ではなく、家族としての選択となるのだ。

核家族による生活スタイルが一般化し、子育てへの負担からネグレクトやDV、そして離婚に一人親家庭の社会問題が根深い現代において、拡張家族といったコミュニティで子どもを育てるというリベラルな考えも広がってきている。それでも、一緒にいることがすべてではないが、やはり子どもにとって実の両親は大切だと感じる。(生まれたすぐからの育ての親であれば話は別なのであろうか)

そして、離婚にもそれぞれのかたちがある。本人たちにしか分からないことで、周りが一概に否定できるものではない。形態はどうであれ、できる限りストレスなく幸せに生きていくことがなにより尊いわけだから。

それにしてもスカーレット・ヨハンソンが離婚の経緯を吐露する長回し&長台詞の演技には圧巻。リアルの舞台を観ているかのような臨場感だった。

アカデミー賞にも6部門でノミネートされた作品。(離婚弁護士役のローラ・ダーンが助演女優賞を受賞)『ROMA』につづき、ショーレースでもNetflixオリジナル映画の存在感が増してきている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

4.5リアル過ぎて、引くわ!

nekoさん
2020年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

っていうくらいの、アダムドライバーとスカーレットヨハンソンの演技。あの長尺あんなリアルに撮れるのスゴイな。なんだか思い当たる節がありすぎて、観ていてゾッとする男性は多いはず。
幸せな家庭ってバランスによって成り立っているから、一度均衡が崩れると、あれよという間に…
って言うか、浮気なんてしてんだから、負けるに決まっとろうが。子供だって、まして男の子なんて、最終的にパパよりママにそりゃなるし。
根本的に男性は女性に比べて、シングルタスクになりがち。向いた方だけ向いて暮らしていると、こんな結果、あり得ますよね。
世の男どもはこの作品を観て、心を入れ替えなきゃね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
neko

3.5マリッジストーリーではなく…

2020年9月24日
PCから投稿

マリッジストーリーというよりかはディボースストーリー。
愛し合っていたはずの2人も少しずつすれ違って、あんな激しい口論まで行くのね…
逆にあそこまで自分の感情をぶつけられるなんて凄い!何もかもさらけ出せる相手でもある。最後は丸く収まって元サヤに戻るかと思ったけど…結婚って難しい、夫婦って難しくて素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー
すべての映画レビューを見る(全136件)