ロボット2.0

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ロボット2.0
ロボット2.0
8%
46%
33%
8%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ムトゥ 踊るマハラジャ」のラジニカーントが1人2役で主演し、大ヒットを記録したインド製SFアクションコメディ「ロボット」のシリーズ第2弾。インドの町からスマートフォンが消え、携帯業者や通信大臣がスマホに殺されるという謎の殺人事件が発生した。消えたスマホの行方を追っていたバシー博士と助手のニラーは、おびただしい数のスマホが合体して巨大な怪鳥に変身していることを突き止める。人々を襲いだした巨大怪鳥を目の当たりにしたバシー博士は人類を守るため、封印された伝説のロボット「チッテイ」復活を思い立つ。ラジニカーントがバシー博士とチッテイの2役を演じるほか、「パッドマン 5億人の女性を救った男」のアクシャイ・クマールが宿敵のスマホロボを演じる。監督は前作から続投のシャンカール、音楽を「スラムドッグ$ミリオネア」の A・R・ラフマーンが担当。特殊メイク&アニマトロニクスを「アベンジャーズ」「ジュラシック・ワールド」のレガシー・エフェクツが手がけるなど、ハリウッド映画のスタッフも参加している。

2018年製作/147分/G/インド
原題:2.0
配給:アンプラグド、KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.

映画レビュー

3.5ダンス欲しかった。

2020年12月12日
iPhoneアプリから投稿

好きな所:相変わらず映像面白い
嫌いな所:ダンス下さい。
再鑑賞:無い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カトカツ

3.0ダサい!(褒め言葉)

克晴さん
2020年7月31日
iPhoneアプリから投稿

ポスター見るだけで伝わると思うんですが、とにかく何もかもがダサい!
一応インド版アイアンマンと言えなくもないですが、なんせ主役のロボットが見た目も戦い方もダサいし、悪役の方がまともなこと言ってて主役側がダサいし、テンポめちゃくちゃ悪くてCGの質も酷くて普通に映画としてダサいし、どこをとっても何から何まで全てがひたすらダ・サ・い!!
が、あまりにもダサさが徹底され過ぎていて、一周回ってなんか面白く感じてきてしまう、そんな映画。

珍作が好きで、暇を持て余してるかたはどうぞ。
ちょまかれ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
克晴

4.0おもしろい。ちゃんとした映画だった。油断して観てたらうっかり感動し...

2020年7月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

おもしろい。ちゃんとした映画だった。油断して観てたらうっかり感動しかけたわ。
「インド映画のあの感じ」をやらなきゃ、とがんばったんだろうな。荒唐無稽にしときました!みたいな。
インドらしからぬ映画も撮ってみてほしいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まるぼに

3.5スタジアム7万人いるかな?🤔

2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

興奮

インド国内の携帯電話が全て飛び去り、人間を襲う様になる。バジー博士は政府依頼の元、自分に似たロボット「チッティ」を復活させ、携帯電話の謎を探る。

パート1が2012年に日本公開されているんですね💦
続編とは知りませんでしたが、これだけでも面白かったですよ😅

インド映画らしいCG&VFXの質、
だが物量で質をカバーし、3D映えしそうな演出は馬鹿馬鹿しさにて他方を寄せ付けない素晴らしさ✨
(インド映画アクションはツッコミ所は当たり前。敢えてそこを楽しむ✨)
ある意味ハリウッドもびっくりだろう。

脚本は国内を重要視してきたインドらしさが無いと言われればそれまでだけど、今回はグローバル化している証拠なのだと思う。
環境問題重ねて米マーベル&DC映画風アクションをやってしまう所。好きですね。

ラストまで歌&ダンスをやらなかったのは意外。
無くてもこの映画の尺が長いw

ラストバトルもいいのだが、そこまでの尺を短くしてもらいたかった😅「まだ続くの?」感タップリ🌬
しかし、インド映画はこの尺が普通なんだろうな。
文化の違いだ。

お金がかかって(コレ90億)おり、馬鹿馬鹿しさアクションを楽しみたい人にはオススメです✨
昔はハリウッド映画でも「トゥルーライズ」の様な馬鹿馬鹿しさ満点アクション映画あったのになぁ💦
そんな映画が大好きです❤️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
巫女雷男
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ロボット」シリーズ関連作品