ロボット

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ロボット
16%
47%
35%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ムトゥ 踊るマハラジャ」のラジニカーントが1人2役で主演し、心を与えられたロボットが失恋の痛手から暴走する姿を描いたインド製SFアクションコメディ。バシー博士は10年の歳月をかけ、自分とそっくりで感情をも理解するロボット、チッティを開発する。心をもったチッティは博士の恋人サナに恋をするが、サナにふられた上に博士の怒りを買い廃棄されてしまう。このことがきっかけで冷酷なターミネーターと化したチッティは、量産した自分のレプリカでロボット軍団を組織し、破壊の限りを尽くす。サナ役は94年ミス・ワールドで世界一の美女に輝いたアイシュワリヤー・ラーイ。音楽は「スラムドッグ$ミリオネア」のA・R・ラフマーン。日本公開版は、オリジナルから40分近く短い139分の特別編集版。

2010年製作/139分/G/インド
原題:Endhiran
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2010 SUN PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0藤岡弘似のロボットの恋の顛末

odeonzaさん
2019年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

オリジナルは3時間の超長編、日本版は40分カットした特別版らしいがそれでも長い。
ロボットの可能性、アイデア満載、アクション映像は奇抜、定番のミュージカルシーンもふんだん。
文句があるかと言わんばかりの完璧性がやや鬱陶しい。主演はまるで藤岡弘のようなおじさんでラブストリーもどきだから多少気持ち悪い。
何を作ってもカレー味のような定型パターン、ボリウッドならではのハチャメチャSFコメディでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5規格外の面白さ(爆笑)

2019年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

「ロボット」の1を観たのは2012年で
まさか(爆笑)続編ができるとは思わなかったけど
今回続編を観るにあたり思い出して書いています。

簡単に言うと、
「ターミネーター」が「ジャッキーチェン」の様な
派手なアクションをこなし、
「トランスフォーマー」並みの大変身で大暴れし
最後は自ら溶鉱炉には沈んで無いけど似たような経過で
ラストのラストは「アキラ」のラストだった!!
みたいな〜〜(笑)

で、その合間合間に、まだ洗練度が低かったので
インド映画につきもののこれ要る?的なダンスシーンがあって
まだちょっと雑だったCGに苦笑する〜

最終的には、膨大なエネルギーに打ちのめされて
なんかわからんが「インド映画スゲ〜〜!!」(爆笑)
って、ニタニタしながら帰途に着く映画でした。

主演のおっさん、失礼、インドでは大大大スターの
ラジニ・カーントの当時の年齢が解らないけど
解ったところでインド系の人に馴染みがないと
最初はみんなおっさんに見えます(笑)

で、この当時はまだ、ダンスシーンが無駄な感じですが
そこは、本場インドではトイレタイムらしいので
力抜いて貰って結構です。

本筋に直接関係のないアクションシーンは
ただただ、呆れていても大丈夫です。
要するに娯楽映画なので気楽に観て下さい〜

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

この映画の大ヒットで、あの名作「バーフバリ」にも
世界が目を向けたんだと思うと、
世界におけるインド映画の地位を上げた重要な作品
と思えて来ました。

ラストはアシモフのロボット三原則を思わせる様な
哲学的な部分もあるし、改めて再評価されて良いと思います。

@お勧めの鑑賞方法は?
動きの大きい映画なので映画館が楽しいけど
もう公開してないのでご自宅でどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ

3.0長ぇwでも忘れていた何か

Masuzohさん
2019年10月23日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Masuzoh

4.5インド発!ロボット映画はクレイジー!

2019年10月8日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

興奮

『ロボット』鑑賞。

*主演*
ラジニカート

*感想*
今度続編がやるので鑑賞。インドのロボット映画ってどんな内容なんだろうって見てみたら、中身がぶっ飛んでて、どこから突っ込んでいいかわからないし、キャッチコピーの通り、ワケわからんが面白かったですw

ストーリーをザッと説明します。
バシー博士はチッティという感情を持った天才的ロボットを開発するんですが、バシーの恋人サナに一目惚れをして、告白するんですが、人間と機械は愛し合えないという理由でフラれてしまう。それにショックを受けたチッティは、ターミネーターのような危険なロボットと化してしまい、街中で大暴れ!さて、バシー博士はどうやって止めるのか?という話です。

インド映画なので、尺が長いし、PVのような歌やダンスもあります。特に歌やダンスに関しては、ちょいちょい挟むので、少しテンポが悪いかなって思いましたが、それを除くととても素晴らしい映画です。

ストーリーとチッティがなかなかぶっ飛んでいて、ワケわからないけど、今まで見たことがないアクションがてんこ盛りなので、必見です!\(^^)/

チッティ…確かに竹内力に似てたなwww
あと、恋人のサナは、みちょぱにちょっと似てたw

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひろっぴ
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ロボット」シリーズ関連作品