デッド・ウィッシュ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
デッド・ウィッシュ
デッド・ウィッシュ
0%
0%
55%
27%
18%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ファイナル・デスティネーション」の脚本家ジェフリー・レディックが原案・脚本を務め、死と引き換えに願いをかなえる壺が招く悲劇を描いたノンストップスリラー。父親の葬儀で久しぶりに故郷に戻ったアーロンは、父親が営んでいた骨董品店から謎めいた壺を発見する。その夜、隣家の犬が吠え続けているのがうるさくて眠りにつけないアーロンは、その犬に「頼むから静かにしてくれ」とどなりつける。すると翌朝アーロンが目を覚ますと、その犬は息絶えていた。アーロンが発見した壺は、願いごとすればそれがかなうが、代償として必ず死が訪れるという謎めいたものだった。やがて、アーロンの周囲では想像を絶する死が次々と巻き起こることになる。出演は「インシディアス」シリーズのリン・シェイほか。ヒューマントラストシネマ渋谷の特集「WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル2019」内の「WTC ワイルド・トラウマ・シネマ2019」(7月5日~)上映作品。

2018年製作/95分/アメリカ
原題:The Final Wish
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • アフターショック
  • ロード・オブ・セイラム
  • サイレント・ウェイ
  • 暗黒街
  • 複製された男
  • バッド・マイロ!
  • トールマン
  • オキュラス/怨霊鏡
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5魔法の骨壺

2020年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

父が亡くなり、久しぶりに実家に戻った主人公、遺品を整理していて不気味な骨壺を見つける。
これがアラジンの魔法のランプと同じで、願い事をかなえてくれるのだが・・・。
ホラー版ジニーかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5リンシェイ

2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿

このおばあさんを見る為だけに借りました!
レスって映画での頭いかれちゃったおばさん役で釘付けに。そしたら結構有名どこにもでちゃってるインパクト強いおばあさん
最近じゃインシディアスでほぼ主役レベルにまでなっちゃった。
この映画でも頭いかれちゃった感じでリンシェイファンなら楽しめます。
星2個はリンシェイの存在です。
映画じたいは脚本がファイナルデステネーションの人なんて書くからそちらの流れを期待したのにまさかの骨壺アラジンだったとは、、
ファイナルシリーズでお馴染みのトニートッドもでてくるけどちょい役。
とにかく登場人物がよくわからんことばかりする
リンシェイの奇行はよくわからないけど面白いからいいとして、保釈拒否でピストル打ちまくる黒人、あげくになんの罪もないヒロインまで撃って自殺。なんだこいつ?めちゃ白けたよ〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好

1.0ファイナルデッド壺

克晴さん
2019年7月18日
iPhoneアプリから投稿

ポスターはファイナルディスティネーション(日本ではファイナル・デッドシリーズと言った方が通りが良い?)を彷彿とさせる作りですが、本作にFDのような面白みは皆無です。
呪いの仕組みも分かりにくい、不気味さもないし笑いもない、人死にもいたってフツー、極めつけは悪霊のダサさ!
話のテンポも非常に悪く、見どころらしい見どころを強いて言えば婆さんと病院の不気味さくらいでしょうか。(ただし婆さんが不気味である必然性はない)
音によるびっくらかしも、序盤から入れ過ぎで完全に逆効果です。

ファイナルディスティネーション、復活しないかなぁ…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
克晴

2.0ランプの精ならぬ骨壺の悪霊

KinAさん
2019年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

セクシーギャルが帰るにはギャップのある古風な屋敷にて、まさかの事態に陥る冒頭。
斜め後ろから何かの物音がするたびにビクつき、絶叫後の出来事にドッキリして。
さてここからだとウキウキしていたのに本編は雑の極みだった。

報われない生活を送るアーロンのシンプルな願いを大袈裟に荒っぽく叶えてしまうランプの精、否、骨壺の悪霊。
風が強く吹く表現は抑えられているし姿形を化けて出る能力は面白いけど、まさかの本体丸出しがダサすぎた。
そして絶叫で誤魔化さないでほしい。いやびっくりしたけど。

骨壺に向かって願うならまだしも、全然意識しない願いすら拾ってバンバン叶えちゃうなんて理不尽だな。
悪霊のやることが理にかなっているとは思わないが、人を苦しめているんだか喜ばせているんだか。
冷静に考えると何がしたいのか全然分からない。

恐怖シーンやスリルシーンはツギハギ感が酷くて見せ方が稚拙。
オカルト一辺倒にしたいのか、日常に異常が蔓延る気味の悪さなのか。何がしたいのか全然分からない。

怖そうな夫を持つリサ、胸バーン開いた服で軽率に元カレの所にホイホイ出向く動きに首を傾げてしまう。
うーん、本当出てくる人出てくる人、みんな何がしたいのか全然分からない。

ホラー映画御用達おばあちゃんことリン・シェイ演じるヤバいババアは全編通して本当に良かった。
カメラのど真ん中にヤバい奴置いてヤバいことやらせる演出も強制的にゾクッとさせられて好き。

最後の唐突な方向転換は面白かった。
何だかんだ願い全部叶ってる気がするけどもうどうでもいいかな。
アーロンは傷があるほうが男前だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KinA
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る