チャーリー・セズ マンソンの女たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
チャーリー・セズ マンソンの女たち
0%
48%
42%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1969年に女優シャロン・テート殺害などの無差別連続殺人事件を起こしたカルト集団チャールズ・マンソンとそのファミリーを、女性実行犯たちに焦点を当てて描いたドラマ。「アメリカン・サイコ」の監督メアリー・ハロンと脚本家グィネビア・ターナーが再タッグを組み、エド・サンダースによる犯罪ドキュメント「ファミリー シャロン・テート殺人事件」をベースに、女性実行犯レスリー・バン・ホーテンの獄中生活を記録したカーリーン・フェイスの「The Long Prison Journey of Leslie Van Houten: Life Beyond the Cult」の要素も取り入れながら映画化。主要女性メンバー3人のファミリーへの加入から洗脳と狂信の果ての殺人、逮捕・収監まで、いかにして負のスパイラルに堕ちていったのかを描き出す。3人の女性実行犯役に、「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のハンナ・マリー、ケビン・ベーコンの娘ソシー・ベーコン、ミュージシャンとしても活躍するマリアンヌ・レンドン。テレビシリーズ「ドクター・フー」のマット・スミスがチャールズ・マンソンを演じる。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(19年7月13日~8月9日)で上映された後、同年9月6日から単独劇場公開。

2018年製作/110分/R15+/アメリカ
原題:Charlie Says
配給:キングレコード

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018 SQUEAKY FILMS, LLC

映画レビュー

3.5タイトルなし

lilyroseさん
2020年5月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1969年8月9日
女優シャロン・テート殺害事件
カルト教団チャールズ・マンソンと
そのファミリー
実行犯の女性たちに焦点を当てて描かれた
.
なぜこんな男に…と理解できないが
それがカルトの恐ろしいところかも
彼女たちは加害者であり
マンソンの被害者
洗脳からの解脱
贖罪に向き合うとき
苦悩ははじまる
罪は決して許されることではない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

2.5カリスマ性を今ひとつ感じなかった

kenshuchuさん
2020年5月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

シャロン・テート殺害などを起こしたマンソン・ファミリーを史実に基づいて描く。
タランティーノのワンハリでマンソン・ファミリーが出てきたのでなんとなくのイメージがつきやすかった。あれはタランティーノの創作だったが、本作はノンフィクションを原作にしているので妙にリアル。
とはいっても結局はカルト集団が犯罪に走っていく過程を描いたもの。カリスマの存在と信者たちが狂気に走っていく姿が大事なのだが、チャールズ・マンソンのカリスマ性の描かれ方は今ひとつ足りなかった気がする。そういう意味で物足りなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kenshuchu

3.0三人の女

2020年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

シャロン・テート殺害事件に加わった三人の女性は、死刑が廃止されたため収監されていた。
女性面接官に、マンソンファミリーに加わり事件に至るまでを告白する形式を取っている。
あまりに凄惨な事件だったので、洗脳されていたことにしないと、人間不信に陥る。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0犯人側の視点で見るシャロン・テート事件

てけとさん
2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

知的

難しい

WOWOWでワンスアポン〜ハリウッドの方の放送に合わせてシャロン・テート事件を題材にした映画を放送していたので見比べる為に鑑賞。

事件後刑務所で行われた実行犯の女性のセラピーと合わせて過去の事件を振り返って行く形式で、マンソンファミリーの実情を描く内容でした。
過激な描写も多い様に感じましたが、ドキュメンタリーにもカルトホラーにもならずに実行犯の女性の目線に合わせた展開は面白かったです。

一挙放送されていた3本全て予備知識ありきの映画でしたけど、タランティーノの方はシャロン・テート事件を絡めつつあの時代のハリウッドを楽しむエンタメ映画だった事もあり観賞後に沸いてくるマンソンファミリーもっと知りたいな〜って気持ちにこちらが応えてくれました。

こちらは別視点で事件とあの頃の時代性が見れるので一緒に見ておいて良かった。この後もう一度ワンアポキメたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
てけと
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る