ラスト・ムービースター

劇場公開日

  • 予告編を見る
ラスト・ムービースター
ラスト・ムービースター
32%
61%
7%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「脱出」「ロンゲスト・ヤード」「トランザム7000」「ブギーナイツ」など数多くの作品に出演し、2018年9月に82歳で亡くなったバート・レイノルズの最後の主演作。劇中にレイノルズの過去作品が多数引用され、落ちぶれたスターという役柄をユーモアたっぷりに演じる。かつては映画界のスーパースターとして一世を風靡したが、今では人びとからほぼ忘れられている状態のヴィック・エドワーズのもとに、ある映画祭から一通の招待状が届く。功労賞を送りたいという映画祭にしぶしぶ参加はしたものの、騙しに近い名もない映画祭であることがわかり、エドワーズは憤慨する。しかし、そこは彼が生まれ育ったノックスビルの町の近くだった。育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアム……久しぶりにふるさとの町を訪れたエドワーズに懐かしい思い出が去来していく。監督は「デトロイト・ロック・シティ」「LOOK」のアダム・リフキン。

2017年製作/103分/アメリカ
原題:The Last Movie Star
配給:ブロードウェイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

映画レビュー

3.5かつてのセックスシンボルはまさにこれからが勝負の季節だったが

2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

まるで古い蝋人形のような風貌で、かつてのスーパースターが招かれて地方の映画祭へと嫌々ながらも馳せ参じる。途中、演じるバート・レイノルズが痛いセルフ・パロディっぽいセリフを幾度となく吐きつつ。レイノルズのキャリアを知るファンは複雑な気持ちに違いない。一方、若い映画ファンはハリウッドの栄枯盛衰の過酷さを思い、笑いたくても笑えない奇妙な感覚を覚えるかもしれない。もし、興味を感じたら以下のことを知っていて欲しい。マッチョスターのシンボルとして人気最盛期はマネーメイキングの分野でクリント・イーストウッドと渡り合ったレイノルズは、大学時代に打ち込んだアメリカンフットボールで鍛えた裸体を、女性誌の"コスモポリタン"で披露して以来、絵に描いたようなセックスシンボル路線を歩み始める。しかし、次第に監督として頭角を表していったライバルのイーストウッドとは違い、その後もイメージを刷新することなく出番を無くしていく。そんな一瞬の閃光、時代の徒花的な存在だったレイノルズだが、だからこそ、ポール・トーマス・アンダーソンの「ブギーナイツ」で演じたポルノ監督役がぴったりだったし、もし、生きていたら「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に登場する牧場のオーナー役は適役だっただろう。つまり、生きていたら、まさにこれからが勝負のシーズンだったのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

4.0ベタな小品だけど、そこがいい。

村山章さん
2019年9月30日
PCから投稿

バート・レイノルズにどっぷりと浸かっていた時期は特にないのだが、この人のパブリックイメージみたいなものは感じていた。今どきは流行らないような、胸毛の濃いマッチョ野郎で、シリアスさを吹き飛ばしてくれるような明るさを持っている陽気なアメリカ人。そんな映画スターが調子のいい全盛期を経て、やがてかつての輝きを失ったからこそ『ブギーナイツ』のような当たり役が生まれたと思っているが、それにしても、演技者としてあまり評価されないまま晩年を迎えていたように思う。

本作は、厳密には遺作ではないが、確かに遺作に見えるように作られている。少なくとも監督が、バート・レイノルズというスターの人生とキャリアと劇中の主人公をダブらせて、総決算のような映画を意識していたことは間違いないのではないだろうか。物語はベタだし、エッジさを狙っているところもないし、言うなれば平凡な人情噺だ。でも、それがバート・レイノルズという個性にぴったり合っているからこそ、この平凡な映画になんとも言えない感傷を感じずにはいられないのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0「終活」ムービーの秀作

2020年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ここ数年、イーストウッドの「運び屋」レッドフォードの「さらば愛しきアウトロー」など、老人になった往年の映画大スターが主演を務める「終活ムービー」が次々公開されている。
それら特徴として、作中の主人公に演者自身を投影するメタフィクション的な構成の作品が多いんだけど、本作はそうした他の作品と比べても、かつて一世を風靡した老俳優ヴィック・エドワーズに演じるバート・レイノルズのキャリアや人生が色濃く反映されている。
ストーリー展開はベタで目新しいとことはないし、傑作とは言い難いんだけど、ラストではヴィックやリル、映画祭に集まる連中全てが愛おしく思える秀作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

5.0いい映画

2019年12月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

犬で終わり、犬で始まった。

結婚式のサプライズゲストで歌いおえた時、そして、さいごのスピーチがおわったときは、(映画館なのに)拍手をしそうになった。

テネシー州のカントリーミュージックがしっくり合っていたやわらかい映画だった。

ウィリー・ネルソンの『To Get Here』の歌詞が良くて席を立てなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
night runner
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る