ポルトガル、夏の終わり

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ポルトガル、夏の終わり
7%
33%
40%
13%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「エル ELLE」のイザベル・ユペールが主演を務め、ポルトガルの世界遺産の町シントラの美しく幻想的な風景を舞台に描いた人間ドラマ。ヨーロッパを代表する女優フランキーは自らの死期を悟り、「夏の終わりのバケーション」と称して一族と親友をシントラに呼び寄せる。彼女は自分の亡き後も愛する者たちが問題なく暮らしていけるよう、すべての段取りを整えようとしていた。しかし、それぞれ問題を抱える彼らの選択は、フランキーの思い描いていた筋書きを大きく外れていく。共演に「ロンドン、人生はじめます」のブレンダン・グリーソン、「スパイダーマン」シリーズのマリサ・トメイ、「2重螺旋の恋人」のジェレミー・レニエ。監督・脚本は「人生は小説よりも奇なり」のアイラ・サックス。2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

2019年製作/100分/G/フランス・ポルトガル合作
原題:Frankie
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 カンヌ国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門
出品作品 アイラ・サックス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions

映画レビュー

4.0人生の黄昏を象徴するラストショットが美しく味わい深い

2020年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

知的

これも「グッバイ、リチャード!」と同様、死期を悟った主人公をめぐる物語。ただしリチャードが自らの生き方を変えた結果として周囲の人々に影響を及ぼすのに対し、本作のフランキーは家族らの今後に積極的に関与しようとする。この対照が興味深いし、自分が終活するならどっちだろうと考えてみるのも一興。

イザベル・ユペールが演じるのは自身に重なるようなフランスの大女優で、ゴッドマザーよろしく欧米に散らばる家族と親友をポルトガルの風光明媚な避暑地シントラに呼び集める。国際色豊かなキャストのアンサンブルが楽しく、フランキーの思惑通りに事が運ばない皮肉っぽさも悪くない。

世界遺産に登録された地域だけあって、ロケーションのあちこちが魅力的。とりわけ、登場人物が一堂に会する山頂と夕陽で黄金に染まる大西洋をロングショットの長回しで見せるラストは、美しくも物悲しく、感傷的な気分とともに脳裏に残像が焼き付くようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.0いきなり脱ぎだすからびっくりしたー!

なおさん
2021年6月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

おまけにまさかのラブシーン。眼福なり、ブレンダン・グリーソン。

一種の終活なんだけど、ちっとも思い通りにいかないという。人生とはままならぬものだが、ぼちぼちでいいのではないかな。
全体としてはあまり面白いとは思えなかったが、ブレンダン・グリーソンで和んだので。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.0死期を悟った女性が自らの死後も周りがうまくいく様に考えお節介をする...

2021年3月2日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トミジュン

3.5人生は思い通りにはいかない、でも思い通りにいかなかった結果の後に、思いもしなかった人生の奇跡が待っているような、ふとそんな気にさせる或る家族の物語。そしてその中心にイザベル・ユペールがいる。

2020年10月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

①ほぼ家長と言ってもいい女優フランキーのある思惑によりポルトガルの美しい古都に集められた彼女の現在の家族と縁ある人々(一人予想外の人間が付いてきたが、途中で消える。グレッグ・キニアも老けたね。)。②彼らの人生もそれぞれ悩みや問題を抱えていてフランキーの思惑通りには事は進まない。不思議なのは、自己主張の強い筈のヨーロッパ人達(それも家族)が集まっているのに、何故か彼らに昔の日本映画の登場人物の様な奥ゆかしさを感じたこと。お互いに微妙な距離感を持って接しあっているように感じられること。それは思いやりであるようだし、やはり個人主義でもあるようだし。それとも古都を舞台にしているからだろうか?③マリサ・トメイは意外なキャスティングに思えたが、ラスト、フランキーの思惑通りには行かず然しある未来を予想させる人物としてピッタリの人選であることに納得させられる好演。⑤達者な演技陣の中で、マヤが海に行く途中で知り合うポルトガルの青年を演じた俳優の未熟な演技が目立ってしまったが、反面微笑ましくもあった。⑥そしてイザベル・ユペール。『エル』に比べると大分老いが目立って来ているが、顔の表情ひとつ、唇の動きひとつで内に有るものを表現しつくす演技は流石である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る