17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

劇場公開日

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン
17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

心理学者ジークムント・フロイト教授と若き青年の友情を描いたローベルト・ゼーターラーのベストセラー小説「キオスク」を、「ベルリン・天使の詩」などで知られ、2019年に他界した名優ブルーノ・ガンツ主演で映画化。1937年、ナチス・ドイツとの併合に揺れる第2次世界大戦前夜のオーストリア。タバコ店の見習いとして働くためウィーンにやってきた17歳の青年フランツは、店の常連であるフロイト教授と懇意になる。フランツは教授から人生を楽しみ、そして誰かに恋をする勧めを受け、ボヘミア出身の女性に一目ぼれする。フロイトは最初の恋の戸惑うフランツから助言を求められ、フロイトとフランツは年齢を超えた友情を深めていく。しかし、時代は国全体を巻き込んだ激動の時を迎えようとしていた。「EUフィルムデーズ2019」(19年5月31日~6月27日=国立映画アーカイブ/6月7~30日=京都府京都文化博物館/7月3~13日=広島市映像文化ライブラリー/7月18~28日=福岡市総合図書館)では「キオスク」のタイトルで上映。

2018年製作/113分/R15+/オーストリア・ドイツ合作
原題:Der Trafikant
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Tobis Film Petro Domenigg

映画レビュー

3.5夢と衝動と人の業

lynx09bさん
2020年8月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作は未読。話題はちょっと聞いたなーくらいなもんで。
フロイトとユング、発達障害へのアプローチなんかをざっくり知ってると、あの湖の中へ少し入り込めるのかもしれませんね。この映画の評価の難しい所はソコで、僕は主人公を軽度の発達障害であると認識してからのウィーンなので「なるほど」となるのに対して、17才の多感な田舎の少年が都会に出て成長する物語と捉えると「むむむ?」が増える気もしたりして。
正解がどうという事ではなく、見えてるものをどう捉えたか?が大事になる、そう考えると極めて興味深い作品ですよね。そこに静かに絡んでくるドイツのオーストリア侵攻。ナチスの赤い旗が無機質に禍々しくはためく姿は、怖くもあり美しくもありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lynx09b

3.5悪くない

2020年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦前であろうと、戦中であろうと、現代であろうと、17歳と言う多感な年齢の考えることは、いつの時代も変わらないという事ですね。現代はやや語弊があるかな?
にしても原題は「キオスク」。邦題との乖離は、甚だしいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん

3.0妄想坊や

Bacchusさん
2020年7月26日
Androidアプリから投稿

悲しい

知的

難しい

1937年ウィーンのキオスクで見習いとして働き始めたザルツカンマーグート出身の17歳の少年の話。

フロイトと少年の友情を描いた云々とあるけれど、そこがメインという感じはなく、恋やその時代のオーストリアの情勢に戸惑う少年の相談相手になってくれるフロイトという存在。

彼の感情を映した様な妄想シーンや、不思議な夢のシーンが時々差し込まれながら、初めて仕事、初めての恋、ナチスドイツによる併合での変化をみせていく展開で、少年の成長と決断をみせる作品という感じかな。

序盤の雷なんかは悪ふざけにもみえるし、重い内容もあるけれど、空気感は重くなく、不思議と引き込まれた。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus

5.0キヨスク(煙草屋兼新聞屋)は、知識と教養の砦

2020年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1937年のウィーンにあるキヨスクに田舎の若者が住込みで働きながら、初期の頃は独裁者に対する風刺も出来た世間が、徐々にナチスドイツに侵食されてゆくオーストリアの悲劇を静かに体現。

冒頭の故郷の湖に潜る少年は、まだ幼くて母親の羊水に溺れるかのごとく頼りないが、知見のある父の様な店主と働き、愛を知り裏切られながらも青年となる。
その過程で知り合った、心理学で有名なフロイト教授(ユダヤ人)の交流にも涙。

特に原作にはない幻想的なイメージと落ち着いたトーンの撮影が不思議な余韻醸し出して魅せる。

劇中の舞台となるキヨスク(煙草屋兼新聞屋)は、知識と教養の砦として機能していると思う。
それは、差別と偏見を煽る連中に対する鎧であり、過去のことではなく、現在の世界と日本も例外ではないと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミラーズ
すべての映画レビューを見る(全7件)