17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

劇場公開日

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

解説

心理学者ジークムント・フロイト教授と若き青年の友情を描いたローベルト・ゼーターラーのベストセラー小説「キオスク」を、「ベルリン・天使の詩」などで知られ、2019年に他界した名優ブルーノ・ガンツ主演で映画化。1937年、ナチス・ドイツとの併合に揺れる第2次世界大戦前夜のオーストリア。タバコ店の見習いとして働くためウィーンにやってきた17歳の青年フランツは、店の常連であるフロイト教授と懇意になる。フランツは教授から人生を楽しみ、そして誰かに恋をする勧めを受け、ボヘミア出身の女性に一目ぼれする。フロイトは最初の恋の戸惑うフランツから助言を求められ、フロイトとフランツは年齢を超えた友情を深めていく。しかし、時代は国全体を巻き込んだ激動の時を迎えようとしていた。「EUフィルムデーズ2019」(19年5月31日~6月27日=国立映画アーカイブ/6月7~30日=京都府京都文化博物館/7月3~13日=広島市映像文化ライブラリー/7月18~28日=福岡市総合図書館)では「キオスク」のタイトルで上映。

2018年製作/113分/R15+/オーストリア・ドイツ合作
原題:Der Trafikant
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Tobis Film Petro Domenigg

映画レビュー

2.5難しいというか、どうよ?

fukui42さん
2021年10月12日
iPhoneアプリから投稿

タイトルに惹かれて見た。
でも思っていたのとはだいぶん違って。

フロイトの「人生レッスン」部分は、後半に出てくるだけで。
ウイーンのナチス侵攻の話がメインで。

主人公の少年が、人生の大先輩たちに色々教わるところは好感度大。
男性として、セクシャリティ的に成長するところも、経過としてまあ必要なシーンか。

フロイトの言葉はメモしておきたい部分もあったけど。
あのラストは、どう捉えれば良い?
みんなどうなったの?。

なので辛口。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

3.0そう、女性は葉巻に似ている。強く吸うと快楽が逃げてしまう。

はるさん
2021年9月8日
iPhoneアプリから投稿

混沌の時代。ヨーロッパ、しかもウィーン。世界の文化がここに結集して終末を迎え始めていた時代。しかしどんな時代にあっても男の17歳は変わらない。頭を輪切りにして開けば女性の裸が95%詰まっている。この時期をどのように過ごしたのかによって人生の大半は決まってしまう。人の手助けを嫌ったりもするが本音は泣き出してしまいたいほどに人の助言に飢えたりしている。僕には"フランツ"のように頭を治す医者に巡り合えなかった。いや、あの頃「夢判断」を読んだ記憶がある。しかし糞の役にもたたにかった。たぶん、目覚めたときに見た夢を書き留めなかったからなのだろう。ちっとも心が穏やかになったりしなかったから・・・・。と言ってフロイト先生を責めている訳ではない。過ぎ去った面目ないことばかりの事柄を思い起こし、「ああああああああ!」と声に出してしまうだけだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はる

4.0タバコ屋は何でも売っていた

2021年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次世界大戦前のオーストリア、主人公の青年は田舎からウィーンに出てきて、タバコやに見習いとして住み込む。
そこで葉巻を通じて知り合ったのが著名なフロイト教授(ブルーノ・ガンツ)で、恋の悩みを聞いてもらう。
ナチスの波が押し寄せつつあり、翻弄されるのだが・・・。
こんな時代は二度と来て欲しくない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.5何が友情だったのか?さっぱりだった…

2020年10月11日
iPhoneアプリから投稿

精神分析学の始祖ジグムント・フロイト大先生と家庭の事情で丁稚奉公にウィーンに出てきた17歳の青年とがタイトルにあるような素晴らしい友情物語を結ぶと思いきや、深い関係が築かれることもなく、とてつもなく軽い関係のまま終わる。

あるとき、青年がフロイト先生に軽い恋愛相談にのってもらうと、凡百の人でもアドバイス出来そうな軽い深みのないアドバイスでがっくり。

好きな女の子に相手にされないからってくよくよしないこと、夢で見たことを書き記しておくこと、そしてその女の子を諦めるか、探すかのどちらかだと言われ、自力で探しあてる。大したストーカーぶりだ。

青年は夢を書き記すようフロイト先生に言われた件に関しては、フロイトの精神分析手法で有名な夢判断がなされるかと思いきや、たいして見てもらうこともなく、何も起こらない。

青年に人生は忍耐だとかいうが、なんともジジ臭くて味気ないアドバイスしかできなかったフロイト大先生がつまらない人であったことをこの映画は言いたかったのか?全世界に精神分析学のみならず、哲学や芸術やらに言葉では言い表せないほどの影響を与えたあのフロイトだよ?少しはフロイトの本を読んだことある人なら地味なただのどこにでもいる優しいおじいさんでしたじゃあ、納得いかないでしょ。クローネンバーグもきっとがっかりだよ。

ナチスがオーストリアを併合し、ユダヤ人であるフロイト先生に身の危険が及ぶ前にロンドンに逃げるようにと青年に言う。そして、フロイト先生はロンドンに向かうが、頑固もののフロイトを青年の忠告が助けたとでもいいたいのか?いやいや流石にそんな忠告をされずとも自分の身が危ないことくらいはわかっていたはず。
あの展開もフロイトが本当にウィーンから離れたくないなかで、青年が強く説得するくらいの激しさがあればよかったが、高級な喫茶店で高級なコーヒーをおごってくれたお世話になった先生にタバコを届けに行ったついでにちょろっと言ってみた程度の淡々として地味な感じだった。

冒頭、母親は義理の父親のハゲおやじと真昼間からセックスしてるし、その稼ぎ手の義理の父親がいきなり死んで、食い扶持がなくなり母親に無理やりど田舎から丁稚奉公に出されて、 17歳でタバコ屋で働く、言ってみれば学もなく愛情もなく育った青年。そんな惨めな青年をグレさせずに精神分析で立派になるように導いてくれる話だと思いきや全く違う。青年も不思議と悲愴感がないし、恋人(娼婦)を家に連れ込んでセックスしたりなかなかたくましいし、学校に通ってないわりに頭もそれなりに良さそうに見えるが、それが余計に物語をわかりづらくしている。実はこの映画、フロイト先生とこの青年との友情物語がメインテーマではなく、ナチ時代のオーストラリアの惨状がメインテーマだったのか?だとしても、いつの間にかハーケンクロイツの垂れ幕が街を覆うようになってて、何がどうなったか観客は何もわからないから、ナチスものとしてはかなり中途半端。

ユングやアドラーなんかとけんけんがくがくやり合って忙しいフロイト先生は見知らぬ青年と友情を結ぶなんて暇はなくそそくさと亡命先のロンドン行き汽車に乗って去っていくのだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
屠殺100%
すべての映画レビューを見る(全17件)

他のユーザーは「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」以外にこんな作品をCheck-inしています。