ポラロイド

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ポラロイド
ポラロイド
7%
34%
47%
12%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のロイ・リーが製作を務め、一台のポラロイドカメラが巻き起こす悪夢のような現象を描いたホラー。リブート版「チャイルド・プレイ」のメガホンを取ったラース・クレブバーグ監督が自身の短編ホラーをもとに、長編初監督作品として手がけた。SNS世代のごく普通の女子高生バードはアルバイト先のアンティークショップで年代物のポラロイドカメラを手に入れる。バードは友人や密かに思いを寄せるコナーたちとの楽しい時間をカメラで撮り始める。しかし、ポラロイドカメラで撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げていく。バードが写真を処分しようと火をつけると、被写体となっている女性の体にも火がつく不可解な現象が起こる。このことから、一連の悪夢のような出来事がポラロイドカメラによるものであるとバードは確信するが、彼女自身も写真に写りこんでいることが発覚する……。

2019年製作/88分/G/アメリカ
原題:Polaroid
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • インサイダーズ 内部者たち
  • オールド・ボーイ(2003)
  • 哭声 コクソン
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ブリムストーン
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • ハロウィンII
  • インサイド
  • アンチクライスト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2019 DPC SUB 1A1, LLC

映画レビュー

3.0冒頭のシーケンスはとてもいい

bionさん
2020年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 アイデアはいいね。印画紙の写真だから呪いがなんとなくリアルに感じることができる。その上、インスタントカメラだから写真ができあがるまでにの時間が、見ている方の想像を掻き立てる「間」としてちょうどいい。デジタルだとファイルを消去して、呪いも「the end」だからね。

 冒頭のシーケンスは、よくできてるね。この映画の中で一番怖くてどきどきした。この部分だけでも見る価値は十分にある。

 写真を燃やすと、本人も呪いで炎に包まれるなんてなかなか東洋的呪術の雰囲気があって、なかなかの緊張感があってよかったんだけど、怨霊が実体化してからは、怖さが半減してしまった。目に見えない何かに襲われる恐怖っていうのが一番ゾクゾクするから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bion

3.5【哀しき過去を写した、ポラロイドカメラが引き起こしたこと・・。】

NOBUさん
2020年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

ー高校生のバード・フィッシャーは内向的な女の子。カメラ好き。ある日、バイト先であるポラロイド・カメラを見つけ、同じくバイトのタイラーを撮るが、白地から浮き上がったポラロイド写真には、怪しげな影が映っていた・・。-

・バードは友人たちに誘われて、いやいやながらパーティに足を運ぶ。そこには密かに想いを寄せるコナーも居り、バードは皆の姿をポラロイド写真を撮るが・・。
 警察が来て、つい先ほど写真を撮ったタイラーの死を告げられる。
 その後も、級友たちが徐々に怪しげな死を迎える。警察は事故死及び自殺として処理するが、そのポラロイドカメラは、悲しきを背負っていた・・。

■本作は2015年、スペインの映画祭で発表された短編映画「PORAROID」を原案とした長編リメイク作である。スペイン映画祭では「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得している。

■感想
 ・中盤までは、ポラロイド・カメラにまつわる哀しき過去
 -彼らの高校で1975年に起こったローランド・J・セレブル先生が生徒4人を虐殺した過去。そして、ポラロイドカメラに刻まれたR・J・Sの刻印の本当の意味が明かされる場面までは、設定も含めて良かった。
 が、そこからの展開及び、呪いの主が映像化されたシーンで恐怖感は一気に弱まる。呪いの主の姿がチープであり、バードの対応方法も想定内であるからである。
 スプラッター要素の無いホラー映画の良さは中盤までは維持されているが、最終版の展開が少しだけ、残念であった作品である。-

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

2.0怖いけど👻

2020年10月2日
iPhoneアプリから投稿

 冒頭のママの形見の箱を開けていた2人はだれ?バード達よりも前の話って事?カメラはオークションです手に入れた様だけど、、、
 カメラの持ち主だった殺人犯は、娘をいじめた同級生に仕返ししたのか、保安官の言った通り、本当は口封じの為に娘の同級生を殺したのかどっちなんだ?
 バードは早い段階でこの霊の弱点を分かっていたようだから、何故、懐中電灯もっていかないかなあ?携帯のライトだって何故使わないんだろう?
 怖いんだけど、画面も暗すぎてよく見えないし、細かいツッコミ処が多かった。もう少し話が綿密だったらもっと面白かったかも❗️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
アンディぴっと

2.0知らない人が多いのでは

2020年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

カメラ女子の主人公はアンティークなポラロイドカメラを手に入れ、クラスメイトを撮っていたが、次々と不審な死を遂げる。
お決まりの流れなので、ある意味安心かも。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る