グリンゴ 最強の悪運男

劇場公開日

  • 予告編を見る
グリンゴ 最強の悪運男
グリンゴ 最強の悪運男
12%
56%
28%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

正直者でお人よしな性格から貧乏くじばかり引いている男の逆転劇を痛快に描いた、シャーリーズ・セロン製作&出演のエンタテインメントドラマ。朝から晩までまじめに働いていたハロルド。会社からクビを言い渡され、友人だと思っていた経営者にだまされ、最愛の妻まで横取りされてしまう。人生のどん底に突き落とされたハロルドは上司のリチャードと性悪女のエレーンへの復讐のため、出張先のメキシコで偽装誘拐を企て身代金5億円を奪う作戦を実行する。しかし、ハロルドが死ねば会社に保険金が入ることに気づいたリチャードは殺し屋を雇い、ハロルド殺害をもくろむが……。「グローリー 明日への行進」でゴールデングローブ賞にノミネートされたデビッド・オイェロウォが主人公ハロルド役を演じるほか、リチャード役をジョエル・エドガートン、エレーン役をセロンがそれぞれ演じる。

2018年製作/111分/PG12/アメリカ・メキシコ・オーストラリア合作
原題:Gringo
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5ストーリー良い

りやのさん
2020年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーが良くて楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

5.0大好きなシナリオ。

miharyiさん
2020年6月20日
PCから投稿

あらゆる企みや、悪事が絡まって、
そこに渦巻く人間たちもこんがらがって、
それが、ひとつの方向へ向かっていることを誰も気づいていない(笑。

もうね、大好きなシナリオ、笑えます。

それにしても、シャーリーズ・セロンさん、
顔が変わりすぎて最後まで見抜けなかったすわ(-"-;A ..。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

3.5嫌な想いをしないドタバタ劇

joさん
2020年5月31日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

映画のドタバタ劇で死者がでるときに評価が分かれる要因になるのが、痛い目にあうべき奴がちゃんと痛い目にあうのか?ということ。この作品でいうと、まぁまぁ望み通りという感じ。アイツは死ななくてもなぁという部分もあるけど、因果応報で大方納得できます。

ストーリーに関しても捻りがあって予想外の展開があったりするけど、話についていくのに必死になって驚きが少ない部分も大いにありました。
肝心の医療用麻薬を製造している会社という部分を冒頭にしっかりと見せてベースを固めておかないと、メキシコで起こるゴタゴタをより深く楽しめないと感じました。

生きていると悪い流れってあるし、それは自分次第で変えることができるんだよっていうメッセージも明確で納得のラストでした。

是非劇場でご覧ください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jo

4.0ビートルズ好きで良かった・・・ホッ

kossyさん
2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 麻薬組織ブラックパンサーの親玉がとにかく怖い。いい情報を持っていても、足の親指を切り取られたり、悲惨な目に遭う男もいた。そんな親玉が質問する。「ビートルズは好きか?」「Sgt.ペパーズが一番だという奴もいるが、どう思う?俺はレット・イット・ビーが一番だと思うが」「どのアルバムが一番好きか?」などなど。うっかり「ビートルズは嫌い」だなんて言うと即座に殺されるのだ・・・

 悪運の黒人ハロルド。失業して友人のリチャードが経営するプロメチウス製薬会社に中間管理職として雇ってもらい、メキシコの在庫管理を任されていた。しかし、会社は火の車だし、裏ではメキシコでドラッグ作りをしている悪徳会社。また、合併話でハロルドはリストラの憂き目に遭うこともわかり、メキシコに行ってからは一人逃走し、偽装誘拐の被害者を演ずるのだ。

 前半部分は人物説明だとか、妙な伏線を張り巡らせ、ちょっと飽きてくるかもしれないけど、ギター専門楽器店の店長と店員サニーが運び屋を任され、製薬会社の彼らと繋がっていく。また、ゴリラのニンジンとバナナやクマの逸話などが提示され、元傭兵であるリチャードの兄ミッチが登場して、ストーリーが複雑に絡み合っていくのです。

 安ホテルのアホな従業員二人もいい味出してるし、エンジェルという謎めいた男もかなり面白かった。シャーリーズ・セロンもちょっと脇役っぽいけど、エロさ爆発!なんだかセロンっぽさが戻った気もする(笑)

 終盤の展開からは目を離せない。こんなにエンディングが面白くなるなんて・・・と感じましたよ。無駄な会話も多く、どことなく『パルプフィクション』っぽい怒涛の展開。楽器店の二人もそんな雰囲気だった。一番気に入ったのは麻薬王のおっさんが「ヘイ・ジュード」の歌詞をそのまま台詞にしていたところでした。これもペテロとユダの話に絡んでるからかな~

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る