工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

劇場公開日:

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

解説

北朝鮮の核開発をめぐり緊迫する1990年代の朝鮮半島を舞台に、北への潜入を命じられた韓国のスパイの命を懸けた工作活動を描き、韓国で数々の映画賞を受賞したサスペンスドラマ。92年、北朝鮮の核開発により緊張状態が高まるなか、軍人だったパク・ソギョンは核開発の実態を探るため、「黒金星(ブラック・ヴィーナス)」というコードネームの工作員として、北朝鮮に潜入する。事業家に扮したパクは、慎重な工作活動によって北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長の信頼を得ることに成功し、最高権力者である金正日と会うチャンスもつかむ。しかし97年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を懸けた工作活動が無になることを知ったパクは、激しく苦悩する。監督は「悪いやつら」のユン・ジョンビン、主演は「哭声 コクソン」「アシュラ」のファン・ジョンミン。

2018年製作/137分/G/韓国
原題:The Spy Gone North
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0政治や軍事のネタの劇映画化は、悔しいけど韓国のほうが上手

2019年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

知的

韓国諜報部から工作員が北に送り込まれた実話に基づいて作られた、(派手なアクションやロマンスではなく)心理サスペンスに重点を置いた渋めのスパイ映画だ。日本でも最近は「空母いぶき」や「新聞記者」など社会派の意欲作が出てきたが、作品の出来や面白さを客観的に比べると、やはり韓国のほうが一枚も二枚も上手だ。もっとも、邦画界はこれまで現実の政治や軍事にリンクするような難しい題材を避けがちだったので、伸びしろはあると期待しているが。

黒金星=パク役のファン・ジョンミンが、角度や照明によって松重豊にも木下ほうかにも見えて、似具合が気になってしまった。パクとリ所長、敵同士ではあっても互いの優秀さを認め合い密かに絆を育んでいく展開は、ありがちとはいえ両国の切望が反映されているのだろう。

コメントする (0件)
共感した! 15件)
高森 郁哉

4.0浩然之気

2022年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 14件)
こころ

3.5祖国を思う南北の2人の友情物語

2022年3月26日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
UNEmi

5.0あの頃の北京と緊迫感と

2022年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

手に汗握る緊迫感あふれるストーリー。
抑えに抑えた南北の二人の演技が素晴らしい。

どことなく暗ぼったいあの頃の北京のホテルやレストランや町並みの描写もリアル。
一気に没入してしまった。
ほんとにあんなところに当時の自分も泊まってました。
調度品もあんな感じだったな。

ラストシーンは思わず胸が熱くなりこみあげるものがある。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aisisi

他のユーザーは「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。