シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

劇場公開日

  • 予告編を見る
シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスに実在する建築物で、ひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」の実話を映画化したヒューマンドラマ。フランス南東部の自然豊かな田舎町。寡黙で空想好きの郵便配達員シュバルは、変わった形の石につまずいたことをきっかけに、愛娘アリスのために「おとぎの国の宮殿」を建てることを思いつく。さまざまな苦境に直面し、周囲の人々にバカにされながらも、来る日も来る日もたった1人で石を運んでは積み上げ続けるシュバル。そんな彼に、過酷な運命が容赦なく襲いかかる。「グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子」の監督ニルス・タベルニエと主演ジャック・ガンブランが再タッグを組み、「ゲンズブールと女たち」のレティシア・カスタが主人公の妻役を演じる。ほぼ全編を通し、現存する理想宮で撮影を敢行した。「フランス映画祭2019横浜」(19年6月20~23日)では、「アイディアル・パレス シュヴァルの理想宮(仮題)」のタイトルで上映。

2018年製作/105分/G/フランス
原題:L'Incroyable histoire du Facteur Cheval
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 Fechner Films - Fechner BE - SND - Groupe M6 - FINACCURATE - Auvergne-Rhone-Alpes Cinema

映画レビュー

3.5不器用口ベタ男の究極のDIY

regencyさん
2019年10月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

愛娘に何かを残すために奮闘する父親の実話――と書いてしまえばありきたりだが、その「何か」が宮殿というところにまずビックリ。
それも金に物を言わせてではなく、自ら石を運んで(それも、形が歪な物を選んで)DIYで作ってしまったというから二度ビックリ。
とにかくこのシュヴァルという人物が、不器用かつ口ベタ過ぎることこの上なし。それでも2回も結婚できるのだから、人生とは不思議。
決して性格が悪い人物ではない分、中盤以降に降りかかる様々な不幸が本当に気の毒。

『探偵!ナイトスクープ』の名物企画「パラダイス」では、独自で遊園地や戦車を作ってしまうような、ちょっとやり過ぎなDIYをする人が出てくるが、その多くは男性。中には、夫の没頭ぶりに呆れながらも、「しょうがないわね」と苦笑いして受け入れる奥さんが映る。
シュヴァルの宮殿づくりも偉業なのは間違いないが、その影に奥さんの内助の功があった事は忘れてはいけない。

後半部でちょっと間延びする部分もなくはないが、少々物悲しげで切ないラストが余韻を残す。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
regency
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」以外にこんな作品をCheck-inしています。