主戦場
ホーム > 作品情報 > 映画「主戦場」
メニュー

主戦場

劇場公開日

解説

日系アメリカ人映像作家ミキ・デザキが慰安婦問題をめぐる論争をさまざまな角度から検証、分析したドキュメンタリー。慰安婦問題について、デザキの胸をよぎるさまざまな疑問。慰安婦たちは性奴隷だったのか、本当に強制連行はあったのか、元慰安婦たちの証言はなぜブレるのか、日本政府の謝罪と法的責任とは……。この問題を検証すべく、日本、アメリカ、韓国、肯定派と否定派それぞれの立場で論争の中心にいる人びとに取材を敢行。さらに膨大な量のニュース映像や記事の検証を交え、慰安婦問題を検証していく。

作品データ

原題 Shusenjo: The Main Battleground of the Comfort Women Issue
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 東風
上映時間 122分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全38件)
  • 見るべき点はあるが、内容は偏向的 この映画の最大の問題点は、「歴史」についての取り扱い方であろう。そもそも「歴史修正主義」という言葉自体が曲者だ。この言葉の背後には「正しい歴史観があって、その歴史を歪曲する営為がある」という考え... ...続きを読む

    Mr.Nobody Mr.Nobodyさん  2019年5月19日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • もう考えるのも めんどくさくなりそうだったこの問題を、ストレートに取材の幅を広げて、対立点をどんどん炙り出しているのが痛快だった。 右派には詐欺師まがいのジャーナリストも暗躍している事や、政治との繋がりなど闇は... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2019年5月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 言論インフィニティウォー 従軍慰安婦問題を右と左と研究者に話を聞いたドキュメンタリー。 従軍慰安婦問題を本人達では無く論客だけで語る事で、今の日本の縮図が見られる。 重い話なのに間抜けな論客のおかげで笑えるけれど、それが... ...続きを読む

    Ishikawa Pero Ishikawa Peroさん  2019年5月16日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「主戦場」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報