足跡はかき消して

40%
40%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ウィンターズ・ボーン」のデブラ・グラニク監督が、ピーター・ロックの小説「My Abandonment」を映画化したヒューマンドラマ。PTSDに苦しむ退役軍人ウィルは、13歳の娘トムとともにオレゴン州ポートランドの森の中で人目を避けるように暮らしていた。ところがある日、散歩していたトムがジョギング中の男性に見つかり通報されてしまう。福祉局の監視下に置かれることになった父娘は、強制的に社会復帰支援を受けることになるが……。ウィル役に「最後の追跡」のベン・フォスター。

2018年製作/アメリカ
原題:Leave No Trace

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.5トーマシン・マッケンジーの原点として今後語り継がれるであろう名作

村山章さん
2020年3月28日
PCから投稿

ジェニファー・ローレンスの出世作となった『ウィンターズ・ボーン』のデブラ・グラニック監督の最新作が配信のみというのは残念だが、主人公親子を演じた2人の俳優の、日本での知名度を考えると劇場未公開になったことも仕方ないのかも知れない。と、そう思おうとしてみたが、本作で脚光を浴びたトーマシン・マッケンジーはその後出世街道を駆け上っていて、『ジョジョ・ラビット』のユダヤ人少女役が記憶に刻みつけられた人も多いはず。ただ、彼女の原石の輝きと、新人離れした力量が楽しめるのは間違いなくこの映画だ。

PTSDに苦しむ元軍人の父親と、世間から隔絶されて父親と二人きりで育てられた娘が、強制的に外の社会に連れ出される。喪失感から逃れられない父親と、新しい世界に好奇心を募らせる娘。どう考えても2人の道は離れていくばかりだが、親子は本当にお互いを思い遣っている。なんとも切ない物語だが、感傷に陥ることなく、ただなるように進んでいく様が、なんとも美しい。その危ういバランスを体現しているトーマシンとベン・フォスターの繊細な演技を堪能した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

5.0邦題通りに地味ですがお父さん世代にはずっしり重い作品

よねさん
2019年4月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

元軍人のウィルは従軍経験からPTSDを患い、娘のトムとともにオレゴン州の森の中で自給自足の生活をしていた。森の中をジョギングしていた男がトムを目撃し警察に通報したことから二人は保護されることになり普通の生活を始めるが、学校生活や周りの人達とのコミュニケーションに慣れ始めたトムに対してウィルは上手く馴染めず苦悩する。

ものすごく地味なドラマでほぼ全編ウィルとトムの生活を見つめているだけですが、二人三脚で生きてきた二人の距離が少しずつ変わっていくのを眺めるのは胸が痛い。いつまでも娘が自分の傍にいてくれるわけではなく別れは突然やってくる。そんな当たり前のことをまだ認められない自分に鏡を突きつけるような残酷さを併せ持つ美しい作品。トムを演じるトマシン・マッケンジーの透明感が印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る