ゴーストランドの惨劇

劇場公開日:

解説

「マーターズ」の鬼才パスカル・ロジェが6年ぶりにメガホンをとり、絶望的な惨劇に巻き込まれた姉妹の運命を、全編に伏線と罠を張り巡らせながら描いたホラー。人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。奔放で現代的な姉ベラとラブクラフトを崇拝する内向的な妹ベスは、双子でありながら正反対の性格だった。新居へ越してきた日の夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる。母は娘たちを守るため必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにしてしまう。事件から16年後、ベスは小説家として成功したが、ベラは精神を病んで現在もあの家で母と暮らしていた。久々に実家に帰って来たベスに対し、地下室に閉じこもるベラは衝撃の言葉をつぶやく。出演はテレビドラマ「ティーン・ウルフ」のクリスタル・リード、「ブリムストーン」のエミリア・ジョーンズ。

2018年製作/91分/R15+/フランス・カナダ合作
原題:Incident in a Ghostland
配給:アルバトロス・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2017 - 5656 FILMS - INCIDENT PRODUCTIONS - MARS FILMS - LOGICAL PICTURES

映画レビュー

4.0仕掛けは巧いが、鬼畜度は「マーターズ」が上

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

パスカル・ロジェ監督の前々作「マーターズ」を観た時の衝撃は忘れられない。苦痛が極限を超えて聖性を帯びる展開に唖然とし、道徳や良識に縛らない突き抜けた強烈な表現に“映画の自由さ”を感じたものだ。ただしその次の「トールマン」は暴力描写ではなく意外な真実で驚かせるストーリーテリングに長けたサスペンスだった。今作は再びバイオレンスホラーに戻ったが、鬼畜度は抑えめになり、劇中の“真実”と“虚構”を巧みにコントロールする仕掛けであっと言わせる。終わらない悪夢を観客も追体験することになるだろう。仕掛けを知った後で、散りばめられた伏線を答え合わせ的に観直したくなるタイプの作品でもある。

10代のベスに扮したエミリア・ジョーンズの熱演は特筆に値する。ベスの振れ幅の大きな感情をリアルに表現した彼女の魅力が、作品の出来に大きく貢献した。現在17歳、さらなる活躍が楽しみな女優だ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
高森 郁哉

4.0きつい描写に耐性がある方にはオススメ

2022年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

この監督の映画がどういう空気感か知っている人には何も言う事はないが
普段普通の映画ばかり見ていてきつい映画への耐性がない人にはオススメしない。(視覚的にストレートな描写はないものの精神的にきつくなるのは間違いない)
ただこの映画は「きついわー」で終わらず特にラストの描写はある種の救いのようなものを感じる。近年サブスクが普通になってホラー・サスペンス系の色んな映画を見てきたがラスト後もモヤモヤしたものが残る作品が多かった中でこの映画はきっちりと幕引きをしつつ希望の光のような余韻を残すラストが良かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
和哉

3.5夢見る少女じゃいられない!

2022年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 4件)
kossy

2.5質問です。

2021年12月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
tatechan
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る