ゴーストランドの惨劇

劇場公開日

ゴーストランドの惨劇
15%
53%
24%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マーターズ」の鬼才パスカル・ロジェが6年ぶりにメガホンをとり、絶望的な惨劇に巻き込まれた姉妹の運命を、全編に伏線と罠を張り巡らせながら描いたホラー。人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。奔放で現代的な姉ベラとラブクラフトを崇拝する内向的な妹ベスは、双子でありながら正反対の性格だった。新居へ越してきた日の夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる。母は娘たちを守るため必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにしてしまう。事件から16年後、ベスは小説家として成功したが、ベラは精神を病んで現在もあの家で母と暮らしていた。久々に実家に帰って来たベスに対し、地下室に閉じこもるベラは衝撃の言葉をつぶやく。出演はテレビドラマ「ティーン・ウルフ」のクリスタル・リード、「ブリムストーン」のエミリア・ジョーンズ。

2018年製作/91分/R15+/フランス・カナダ合作
原題:Incident in a Ghostland
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2017 - 5656 FILMS - INCIDENT PRODUCTIONS - MARS FILMS - LOGICAL PICTURES

映画レビュー

4.0仕掛けは巧いが、鬼畜度は「マーターズ」が上

AuVisさん
2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

パスカル・ロジェ監督の前々作「マーターズ」を観た時の衝撃は忘れられない。苦痛が極限を超えて聖性を帯びる展開に唖然とし、道徳や良識に縛らない突き抜けた強烈な表現に“映画の自由さ”を感じたものだ。ただしその次の「トールマン」は暴力描写ではなく意外な真実で驚かせるストーリーテリングに長けたサスペンスだった。今作は再びバイオレンスホラーに戻ったが、鬼畜度は抑えめになり、劇中の“真実”と“虚構”を巧みにコントロールする仕掛けであっと言わせる。終わらない悪夢を観客も追体験することになるだろう。仕掛けを知った後で、散りばめられた伏線を答え合わせ的に観直したくなるタイプの作品でもある。

10代のベスに扮したエミリア・ジョーンズの熱演は特筆に値する。ベスの振れ幅の大きな感情をリアルに表現した彼女の魅力が、作品の出来に大きく貢献した。現在17歳、さらなる活躍が楽しみな女優だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

3.5姉妹の人物造形やラヴクラフトの使い方

なおさん
2019年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

双子だがかなり容姿/性格に差をつけていて(二卵性?)、大人パートでの逆転状態も含めて面白く観た。
ストーリーは一回捻って全貌が見えてきたあと、単に騙りのための騙りにしなかったところも良い。
ラヴクラフト好きというところをちゃんとストーリーに絡めているところも。
残念なのは犯人側の描写が薄すぎる点か。キャラは濃いのに勿体ない。

『マーターズ』が理解の範疇を超えていたが、こちらは人知の領域に収まっているので、それを良しとするかどうかは観客次第か。
最後はちょっとグッとくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.5ゴーストランドのインセプション

2019年9月19日
iPhoneアプリから投稿

観終わった後、表題のように感じました。

ジャンルはホラーだろうが、別にそんなに怖くはなく、音でびびらすような安っぽさでもない、心理的にくるような怖さのやつなので、上質でとても良いですね。

これはわたしの失敗なのですが、できればこの映画は前情報ない状態で見て欲しいです。
私はこの映画の予告を直前に観てしまい、観る前からある程度邪推でオチの検討がついてしまったまま観賞してしまったため、この映画の二転三転する良い展開を上手く楽しめませんでした。予告は観ないほうが吉。

ただのホラーではなく、ストーリーも凝っているという意味でなかなか良い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち

3.0現実+虚構=恐怖

2019年9月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

タイトルとスチルに惹かれ鑑賞。

母と姉妹の3人で叔母がかつて住んでいた家に越してくる。
そこで何者かに襲われる。
その後姉妹の性格は以前と正反対になり…

この設定は面白く観る前からの期待通りだった。

恐ろしい事があったが、後に妹ベスは結婚し子供もおり『ゴーストランドの惨劇』を書き上げ多くの称賛を得て、「幸せな日々を送れていてよかった」と安堵したのも束の間。

悪夢&事件後に病んでしまった妹からの突然の電話でストーリーの急展開!

今まで見ていた妹ベスの幸せな日々は何だったのか…
何が現実で何が虚構なのか…
これも全て彼女の創造した架空の世界か…?
ここからラストまで悪夢のような精神的に追い詰めてくる現実しか続かず、恐怖をあおられる。

また、正直この展開には脳がついていかず、けれどもストーリーはどんどん進んでいくから、観客の頭を混乱状態にさせるという面でも恐ろしい内容の作品だなと思った。

ただ、襲ってきたキャンディトラックの人たちの素性がよくわからないままエンディングまでいってしまったのがもやもやするし、残念だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まめもん
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る