劇場公開日 2019年8月9日

  • 予告編を見る

「仕掛けは巧いが、鬼畜度は「マーターズ」が上」ゴーストランドの惨劇 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0仕掛けは巧いが、鬼畜度は「マーターズ」が上

AuVisさん
2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

パスカル・ロジェ監督の前々作「マーターズ」を観た時の衝撃は忘れられない。苦痛が極限を超えて聖性を帯びる展開に唖然とし、道徳や良識に縛らない突き抜けた強烈な表現に“映画の自由さ”を感じたものだ。ただしその次の「トールマン」は暴力描写ではなく意外な真実で驚かせるストーリーテリングに長けたサスペンスだった。今作は再びバイオレンスホラーに戻ったが、鬼畜度は抑えめになり、劇中の“真実”と“虚構”を巧みにコントロールする仕掛けであっと言わせる。終わらない悪夢を観客も追体験することになるだろう。仕掛けを知った後で、散りばめられた伏線を答え合わせ的に観直したくなるタイプの作品でもある。

10代のベスに扮したエミリア・ジョーンズの熱演は特筆に値する。ベスの振れ幅の大きな感情をリアルに表現した彼女の魅力が、作品の出来に大きく貢献した。現在17歳、さらなる活躍が楽しみな女優だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis
「ゴーストランドの惨劇」のレビューを書く 「ゴーストランドの惨劇」のレビュー一覧へ(全29件)
「ゴーストランドの惨劇」の作品トップへ