父から息子へ 戦火の国より
ホーム > 作品情報 > 映画「父から息子へ 戦火の国より」
メニュー

父から息子へ 戦火の国より

解説

シリアの民主化を求めて奮闘する若者たちを追った「それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと」を手がけた、ベルリン在住のシリア人監督タラール・デルキが、父親がアルカイダ関連組織のメンバーである一家にカメラを向けたドキュメンタリー。シリアで活動するアルカイダの関連組織ヌスラ戦線のメンバーを父にもつ一家に客人として迎えれたデルキ監督が、戦火を目の当たりにする子どもたちの成長や、息子たちをイスラム国家の戦士に育てようとする父親の姿を見つめていく。「ドイツ映画祭 HORIZONTE 2019」(19年3月8~15日/東京・渋谷ユーロスペース)で上映。第91回アカデミーの長編ドキュメンタリー部門にノミネート。

スタッフ

監督

キャスト

作品データ

原題 Kinder des Kalifats
製作年 2017年
製作国 ドイツ・アメリカ・シリア・レバノン・オランダ・カタール合作
上映時間 99分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート
長編ドキュメンタリー賞  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「父から息子へ 戦火の国より」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報