オンネリとアンネリとひみつのさくせん

劇場公開日

オンネリとアンネリとひみつのさくせん
0%
43%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィンランドで長年にわたって愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの名作児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズの実写映画化第3弾。オンネリとアンネリの家の前に、身寄りのない孤児たちが暮らす「子どもの家」ができる。高い柵に囲まれたそこは、所長のミンナ・ピンナが子どもたちを厳格なルールで支配する自由のない場所だった。ある日、逃げ出した少年から施設内でのひどい扱いを聞かされたオンネリとアンネリは、子どもたちを助けることを決意。近所のリキネン夫妻やノッポティーナ&プクティーナ姉妹、プティッチャネン親子とともに、「ひみつのさくせん」を開始する。キャスト・スタッフには前2作のメンバーが再集結。

2017年製作/75分/G/フィンランド
原題:Onneli, Anneli ja salaperainen muukalainen
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Zodiak Finland Oy 2017.All rights reserved.

映画レビュー

3.5【”スール・キートス! Part3” 第1作から見ているとオンネリ&アンネリ役の2人の成長が嬉しき、真の悪人なき北欧児童文学映画化作品。】

NOBUさん
2022年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

楽しい

単純

幸せ

ー 個人的な話で恐縮であるが、今作は「オンネリとアンネリ」シリーズを劇場で初めて観た作品である。
  独特の原色を基調にした色彩感と、善性溢れる物語展開は面白かったが、当時は登場人物の関係性が良く分からず”ふうーん”と言う感じで観た。
  そして、メインの映画をそそくさと観たことを思い出す。
  けれども、有難いことに配信でこのシリーズの第1-2作を鑑賞し、登場人物の関係性も分かり、久方ぶりではあるが、面白く鑑賞した。-

◆感想

 ・初夏の北欧を舞台に、ちょっぴり成長したオンネリとアンネリがとってもキュートな作戦を繰り広げる・・、とあるが確かに前作「オンネリとアンネリのふゆ」に比べると、演じた二人は大きくなっている。
 - 当たり前である。だが、可愛らしさは変わらない・・。-

 ・今作の悪役はオンネリとアンネリの家の前に突然できた“子供の家”をガチガチのルールで支配運営する所長のミンナ・ピンナであるが、彼女は子供たちを番号で呼んだりするが、真の悪性を持った女性としては描かれない。

 ・オンネリとアンネリは、子供たちの窮状を救うべく、前2作で登場した、元警官のリキネンを始め、ノッポティーナ&プクティーナ姉妹、小さき民族プティッチャネン親子と一緒に、救出作戦を敢行する。

<フィンランドは行ったことはないが、私の好きな「かもめ食堂」の舞台であり、敬愛するアキ・カウリスマキ監督の故郷である。
 何故、フィンランドで今作シリーズのような、素敵な話が創作されてきたかは、前作のレビューで記載したが、出来得れば、20年後定年を迎えた際に行ってみたい国の一つである事には間違いない。(けれども、夏が良いなあ・・。)
 未鑑賞の方は、第一作から見る事をおススメしたい作品群である。
 あとは、このシリーズを”子供向けでしょ・・”と言わずに、楽しく観れる人が、私は好きである。>

<2019年7月 名古屋センチュリーシネマにて鑑賞>

<2022年5月3日 別媒体にて再度鑑賞。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.5北欧の夏休みのファンタジー

SpicaMさん
2021年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

シリーズ3作目は少女達の夏休みのお話。
ずいぶん大きくなった二人。前作よりも更に知恵を出し、体を張って人助けをする冒険の要素も濃いファンタジーになっている。
解決策がなかなか思い切ってるのだけれどw、めでたしめでたしで、プチハッピーな気分になれた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
SpicaM

4.0マンネリ化

Morikiさん
2019年8月2日
iPhoneアプリから投稿

寅さんシリーズ、ルコント監督、カウリスマキ監督と同様に、繰り返して楽しめる感覚の流れは実感できます。オンネリとアンネリが、少しずつ肥大化してきたような、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Moriki

3.0児童養護施設=孤児院

2019年4月1日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Naaki
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「オンネリとアンネリ」シリーズ関連作品