THE INFORMER 三秒間の死角

劇場公開日:

THE INFORMER 三秒間の死角

解説

英国推理作家協会賞やスウェーデン最優秀犯罪小説賞などを受賞したアンデシュ・ルースルンドとベリエ・ヘルストレムのベストセラー小説「三秒間の死角」を、「スーサイド・スクワッド」「ロボコップ」のジョエル・キナマン、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクの共演で映画化。模範囚として刑務所で服役中だったピートは、自由の身と引き換えにFBIの情報屋として極秘裏に捜査協力することに。そして、その最後の任務として麻薬組織への潜入を任される。ピートは組織のリーダーから刑務所内での麻薬取引を仕切るよう命令され、競合組織を壊滅させたが、ピートの動きを嗅ぎまわっていたニューヨーク市警の横やりによってFBIに裏切られ、FBI、マフィア、NY市警、囚人たち、すべての組織から命を狙われる危機的状況におちいってしまう。主人公ピート役をキナマン、FBI捜査官ウィルコックス役をパイクが演じるほか、コモン、クライブ・オーウェンらが脇を固める。監督は「エスコバル 楽園の掟」のアンドレア・ディ・ステファノ。

2019年製作/113分/G/イギリス・アメリカ・カナダ合作
原題:The Informer
配給:ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)Wild Wag films Productions 2018

映画レビュー

3.0普通におもしろい

2022年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

全体的に目新しいところはないストーリーと落としどころ。
でも無性に面白かったのは主役俳優がイケメンだったからだろうか。
設定は良かっただけに、惜しかったと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mar

3.0【大きな衝撃はありませんが安定感あるマフィア潜入モノ。三秒間の死角の意味が…】

2022年6月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

・2019年公開のイギリスのスリラー映画。
・奥さんを守るために人を殺してしまい12年の服役刑を受けていた元特殊部隊の兵士ピート。彼はとあるFBI捜査官から早期出所と引き換えに秘密裏に捜査協力(マフィアへの潜入捜査)を求められ応じていた。そんな中、同じく潜入捜査を行っていたNY市警の正体を暴いてしまい、しかも死のきっかけを作ってしまったことから事態は急変。マフィアの目、NY市警の目、FBI内でも秘密裏で動くがゆえに最大限の協力を得られない状態。自身の正体がばれると奥さんと子供に死の危険が迫るという状況の中で物語はどう転ぶのか… という大枠ストーリー。

[お勧めのポイント]
1.安定のマフィア潜入もの
2.Happy過ぎない適度な落とし方が素敵
3.絶体絶命を切り抜ける要因にヒューマンドラマが

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1.安定のマフィア潜入もの
 ・大きな衝撃はありませんでした。しかし、普通に映画として愉しんで観れる安定の作品。映画館で観ても満足感を得られたと思います。

2.Happy過ぎない適度な落とし方が素敵
 ・ポジティブな方向で落としてくれます。ラストシーン手前は痛快な気持ちよさ。ラストシーンは適度なHappy。マフィア潜入というドロドロ系にならざるを得ない物語の上ではニュートラルに戻る程度の丁度良い落としどころだったと感じました。

3.絶体絶命を切り抜ける要因にヒューマンドラマが
 ・終盤で主人公ピートが絶体絶命の状態になります。「これ、どうすんの?どうなるの?」と緊張感を楽しめます。そこからの切り抜け方は、王道なんですが、気持ちよい。
 ・それでもすべてのピンチ要素を切り抜けられていない状況で、物語が転換するのにエリカというFBI捜査官の心情が効いてきます。そこに至るまでに彼女の葛藤のようなものを魅せてくれていたからこそ、生きる、物語構成。アクション要素の強い物語終盤でヒューマンドラマが垣間見えて楽しめました。

・さて、邦題で「三秒間の死角」というサブタイトルがありましたが、これが観終わった後、「で、どこ?」と。笑 どうやら原作小説のタイトルが「三秒間の死角」のようですね。考えれば確かにここだ、というシーンはあります。が、何も考えずに観ているとこれといった「三秒間の死角」は感じませんでした💦 ちなみに、後で考えた私が思う「三秒間の死角」は言葉の通りに「死角」です。もし、これから観られる方は、それを頭のどこかにいれつつ、探してみてください。リアルタイムに気づけるかもしれません!
・「三秒間の死角」、原作小説ではこの辺が重要な要素として詳細に描かれているか…など推察してしまい、読みたくなってしまいます。もしかしたら、これを狙って敢えてわかりづらくしたのでは笑 ありがとうございました。

#映画 #THE-INFORMER/三秒間の死角 #THE-INFORMER #2019年 #スリラー #イギリス #アンドレア・ディ・ステファノ監督 #ジョエル・キナマン #原作小説 #安定のマフィア潜入モノ #三秒間の死角の意味が難しい
#全体3.4 #物語3.5 #演出3.5 #演技3.4 #配役3.4 #映像3.5 #音楽3.3

コメントする (0件)
共感した! 1件)
3104arata

4.5こっちは命かかってんぞ!なんだけど、それぞれの思惑が交錯し、自分の...

2022年5月30日
iPhoneアプリから投稿

こっちは命かかってんぞ!なんだけど、それぞれの思惑が交錯し、自分の動きたいように動けない。下手な選択をすれば死ぬ。せめぎ合いの中で、誰を何を信じればいいのか、脚本がよく練られていると思った。
サブタイトルのくだりもゴルゴ13みたいでよい。
終わりかたも安っぽくなくて好み。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
collectible

4.0四方塞がり

2022年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

知的

難しい

情報提供者の主人公が、FBI,警察,マフィアから追い詰められどのように切り抜けるかがこの作品の醍醐味です。
原作有りとのことで展開はかなり早いですが、ストーリーはシンプルなのでわかりやすいかと思います。
ラストの逃亡劇は、即興でできる内容ではないでしょうと感じます。原作なら、何かしら伏線はあったのかな。
四方が塞がれた主人公を応援したくなると共に、権力のある公的機関をとっちめたいと思える作品でした。

ラストは私的にはスッキリした終わり方でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たけお
すべての映画レビューを見る(全66件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る