第三夫人と髪飾り

劇場公開日

第三夫人と髪飾り
16%
53%
24%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北ベトナムの富豪のもとへ嫁いできた14歳の第三夫人を主人公に、彼女を取り巻く愛憎や悲哀、希望を、美しく官能的につづったドラマ。ベトナムの新鋭アッシュ・メイフェア監督が自身の曾祖母の実話をもとに描き、世界各地の映画祭で数々の賞を受賞した。19世紀の北ベトナム。14歳の少女メイは、絹の里を治める大地主の3番目の妻として嫁いでくる。一族が暮らす大邸宅には、唯一の息子を産んだ穏やかな第一夫人と、3人の娘を持つ魅惑的な第二夫人がいた。まだ無邪気だったメイは、この家では世継ぎとなる男の子を産んでこそ“奥様”になれることを知る。やがてメイも妊娠し、出産に向けて季節が流れていく中、第一夫人も妊娠していることが判明する。同じ頃、メイは第一夫人の息子ソンと第二夫人のある秘密を知る。出演は「青いパパイヤの香り」のトラン・ヌー・イェン・ケー、「クジラの島の忘れもの」のグエン・ニュー・クイン。

2018年製作/95分/R15+/ベトナム
原題:The Third Wife
配給:クレストインターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)copyright Mayfair Pictures.

映画レビュー

5.0ベトナムの恥部と美をともに描く

2019年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これが長編デビュー作というアッシュ・メイフェア監督だが、素晴らしい才能の持ち主だ。19世紀の女性の苦難と男性の不自由さをともに描き、安易な男女対立として描かない。女性は男を産むことだけが価値とされ、男性には自由な恋愛は許されない。一方の不自由がもう一方の不自由を生み出し、不自由が循環していることが描かれている。
美術にトラン・アン・ユンが参加していることもあって、セットとロケーションが美しい。ベトナムの歴史の恥部を描くと同時にベトナムの美しさも同時に描いているのが印象的だ。14歳の第三夫人が主人公だが、第一夫人、第二夫人の苦労も描かれており、3人が協力しあって困難を乗り越えようとしているのも本作の特徴で、大奥のような愛憎劇ではない。それは監督の祖母から聞いた話を基にしているそうだが、監督の家族とベトナム文化への深い愛が感じられる素晴らしい作品だ。今後、アジアを代表する監督に成長してほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

4.0女性の宿命

2021年11月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しろくろぱんだ

4.5とても美しい 絵画で綴った叙事詩のよう

りょうさん
2021年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

とても美しかった
美しい絵画が音楽とともにすぎていて、女性の美しさも際立ち、静かに時が過ぎていく
第三夫人と周りのひとびとの様子も上手に描いている
主人公はほとんど話さない 目や表情でどんな感情をいだいているかを見せる
時には目をそむける嫉妬、独占欲、
第一夫人の流産の悲しみ。
要所要所で蚕が出てきて、時の流れを映し出す 水もまた同じく
生卵の初夜のシーンも美しく
女性を求めるシーンは意外だったけれど、それは彼女が初めて官能を覚えた相手だから執着したに違いない
そして子供の「私は男になる」は男の子のほうが優位でかわいがられている、女しか産んでいないと形見が狭い、そんな環境を家族の会話で見せている
脚本が素晴らしくうまい。
スパイク・リーの全面協力というのも分かる
最後、赤子を殺そうとするのは、男の子を産むべきで男の子が欲しいから
髪を切るシーンもそう 男の方が良いから
(本当は、男だけでは子供は産み育てられないのだけどね)
祭りのシーンも良かったな
本当に素晴らしい。素晴らしいとしか言いようが無い
ベトナム人女性監督アッシュ・メイフェアさんの次作にも期待する
本当に良いものを見させて頂きありがとう

※ベトナムでは上映が禁止されたというのはとても悲しい
素晴らしい作品はいかなる理由においてもボイコットされてはいけない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りょう

5.019世紀? あのね、他人事ではないよ

きりんさん
2020年12月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映像端麗。

【制作の背景】
19世紀の物語で、監督の曾祖母の実話から作られた作品なのだそうだ。

男社会に従属させられる女性の地位は、昨年(2019年)にこの映画が作られたこと、(作られなければならなかったこと)により、出来たばかりのこの映画をして「社会主義国ベトナムに於いてさえ、未だに『男尊女卑』が残っていること」を、ある意味我々に教えてくれる。

(⇒リンクはあげられないが「トーキョー女子映画部」ほか[アッシュ・メイフェア監督]検索で非常に興味深いインタビューが載っている)。

【登場人物】
嫁いできた第三夫人のメイは、3番目で“末っ子”タイプののんびり娘だ。ポーっとして自らの運命をゆっくりと思い巡らしながら戸惑っている。
第一夫人は苦労人の長女タイプ。

そして第二夫人は“間”にはさまれて自由を求めている。この二番目の夫人の、そのまた次女がとてもいい! 歯を食いしばって匙を拒み、飼育される自分に抗う。そして永年の女の運命に訣別する“ある行動”を最後に象徴的に見せてくれた。

【演出の妙】
流産のアザミ茶
安楽死の黄色い花
川辺で首をくくる白い帯

水辺の村で、美しい山河をバックに、心を殺して男のために耐えて生きるか、あるいは別の生き方がこの水の先にあるのか。
峡谷、小川、雨、いく筋もの涙と、破水。そして水たまりと台所の湯気と・・たくさんの水の流れが印象的に妻たちの人生に流れていた。

言葉少なながらも、実に美しくシリアスな意欲作だ。
カメラは研ぎ澄まされた高感度映像。
そして人物描写はあの「パパイヤの香り」、「ノルウェーの森」のトラン・アン・ユンの薫陶を受けているようだ。

で、反骨のアッシュ・メイフェア監督はもしかして第二子あるいは次女なのではないかと調べたが、それは判明しなかった。

・・・・・・・・・・・・

ベトナム本国では、13才の主演女優の床入りシーン等でネット上で騒動となり、上映4日で打ちきりになったそうだが、それは“児童福祉法”的な規制や世論によるものだろう。

しかし、
思うが どうだろうね、
ベトナムって遅れてる?
文化遅滞国?
でもね、この映画を観ることさえ能わない人たちが意外と私たちのすぐ近くに存在しているのではないかな?
思い当たりませんか?

・・もしもこの映画を日本の国で、あの千代田区の名家の方々が、この映画をご覧になったらば、何を思われるだろう。
「男系の、跡継ぎの男児を産むこと」― たったひとつ、この役割だけを今日に至るまで一千年にも亘って求められている女性たち。
「誰が産んだか」は一切どうでもよく、
「父親は誰か」=その事だけが求められる伝統。
それ故ついぞ明治の時代までは側室が供され、石女(うまずめ)は蔑まれ、自由恋愛は世を上げて叩かれ、口角を上げながら生き、口角を上げたまま死んでいかざるを得ない、現代の奇習に幽閉されている、あの女性たちは。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全39件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る