第三夫人と髪飾り

劇場公開日:

第三夫人と髪飾り

解説

北ベトナムの富豪のもとへ嫁いできた14歳の第三夫人を主人公に、彼女を取り巻く愛憎や悲哀、希望を、美しく官能的につづったドラマ。ベトナムの新鋭アッシュ・メイフェア監督が自身の曾祖母の実話をもとに描き、世界各地の映画祭で数々の賞を受賞した。19世紀の北ベトナム。14歳の少女メイは、絹の里を治める大地主の3番目の妻として嫁いでくる。一族が暮らす大邸宅には、唯一の息子を産んだ穏やかな第一夫人と、3人の娘を持つ魅惑的な第二夫人がいた。まだ無邪気だったメイは、この家では世継ぎとなる男の子を産んでこそ“奥様”になれることを知る。やがてメイも妊娠し、出産に向けて季節が流れていく中、第一夫人も妊娠していることが判明する。同じ頃、メイは第一夫人の息子ソンと第二夫人のある秘密を知る。出演は「青いパパイヤの香り」のトラン・ヌー・イェン・ケー、「クジラの島の忘れもの」のグエン・ニュー・クイン。

2018年製作/95分/R15+/ベトナム
原題:The Third Wife
配給:クレストインターナショナル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)copyright Mayfair Pictures.

映画レビュー

5.0ベトナムの恥部と美をともに描く

2019年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これが長編デビュー作というアッシュ・メイフェア監督だが、素晴らしい才能の持ち主だ。19世紀の女性の苦難と男性の不自由さをともに描き、安易な男女対立として描かない。女性は男を産むことだけが価値とされ、男性には自由な恋愛は許されない。一方の不自由がもう一方の不自由を生み出し、不自由が循環していることが描かれている。
美術にトラン・アン・ユンが参加していることもあって、セットとロケーションが美しい。ベトナムの歴史の恥部を描くと同時にベトナムの美しさも同時に描いているのが印象的だ。14歳の第三夫人が主人公だが、第一夫人、第二夫人の苦労も描かれており、3人が協力しあって困難を乗り越えようとしているのも本作の特徴で、大奥のような愛憎劇ではない。それは監督の祖母から聞いた話を基にしているそうだが、監督の家族とベトナム文化への深い愛が感じられる素晴らしい作品だ。今後、アジアを代表する監督に成長してほしい。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
杉本穂高

3.5美しい絵本のよう

2022年8月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

監督の感性が滲み出たものなのだろう。映像も登場人物たちもひたすらに美しい。ただ、断片的なシーンの積み重ねで進んでいく物語は、映画としてはやや物足りない。映画のダイナミズムがなく、美しい絵本のようである。
女性たちは一見したところ仲睦まじく幸せを享受しているようである。むやみに蔑まれ貶められるような場面は少なく、取り乱し方も物静かで、罵り合うようなこともない。でも一様に眼が鋭い。多くを語らず、我慢も決意も胸に秘める強さを感じる。
監督にも登場人物にも、抑圧に対して批判的な主張は感じられない。ただ事実を記録に残したい、できれば美しく描かれたい、という気持ちを感じる。そしてその通りになっていると思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
K

2.0いつの時代なのだろう?

2022年3月4日
スマートフォンから投稿

登場人物が多すぎて、相関関係が分かりづらかった。いつの時代なのだろう。救われない話でも良いのだが、もう少し分かりやすく演出してもらいたかった。
楢山節考見たく感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

2.514歳…

2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿

大人になりきれていないのに、親になるなんて出来ないよね…
本来なら子供を産むべきではないが、、、
不自由な恋愛と結婚は誰も幸せにはならない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
84
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る