劇場公開日 2019年10月11日

第三夫人と髪飾りのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全6件を表示

4.0「色」しか見えない

Imperatorさん
2019年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

何の映画だったのか・・・。
自分には、色しか見えなかったし、色しか覚えていない。
特に、青い色。

“詩的”な作品であって、実話ベースとはいえ、ベトナムの昔の社会の慣習や「女性の歴史」を映し取ったと呼べるような、リアリズム映画ではなかった。
また、女という“性”がテーマであるが、予想していたほどの“官能的”な作品ではなかった。(ソフトな性交シーンや、女子の猥談レベルの台詞は出てくるが。)
会話はミニマムであり、ストーリーは追えるが、必ずしも具体的な“起承転結”を物語ろうとする意図をもった映画でさえないと感じられた。

エンドロールでは、「カラリスト」がクレジットされていたが、色調が徹底的に統一されている映画である。
さまざまな衣装の色を別とすれば、基本となるのは、白、緑、そして、青。
「白」は、衣装で目立つが、主人公や子供の抜けるような肌の色も。
「緑」は、森深き環境の葉っぱの色で、ボリュームとしては一番目立つ。
そして「青」は、空や水や山陰だけでなく、石や煙など、通常はそれほど青くないはずのところまで青く見える。おそらくポスト・プロダクションで、色調をいじっているのではないか?

上記の全体のベースとなる色に対して、アクセントとして、ポイントポイントで使われるのが、黄、そして、赤。
「黄」は、明かりと、小さい花の色。
「赤」は、血の色。
その他は、子供が着る服の淡いピンク色くらいしか目立たない。

映画の最初から最後まで、ずっと水蒸気でぼんやりと煙ったような世界。
柔らかくて静かで甘い映像が、ひたすら続く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

2.0覚悟と悟りと生きる術

Bacchusさん
2019年10月13日
Androidアプリから投稿

難しい

19世紀の北ベトナムはチャンアンの富豪のもとに嫁いできた14歳の第三婦人とその家族の話。

第一夫人は親子程歳の離れた人物で成人の一人息子有り、第二夫人は二人の娘有りという状況で、後継ぎを産んでこそ奥様という環境の中、女性を中心にストーリーが展開していく。

第一夫人には若干の不安が有りそうな感じだったけたど、女同士のギスギスした話かと思いきや、主人公に対し非常に優しく接する先輩夫人達。後継ぎ候補を授かったら話は変わるのかもしれないけれど、第二夫人をみる限り、肩身の狭い感じもないし…。

あらすじに記されている秘密にしたって、まあ特に主人公に対してはそれ程影響を及ぼす感じはないし。

この時代、この国の文化や価値観が良く判らないからか深くは理解出来ていないけれど、主にもう一人の夫人の存在で何となくは閉塞感や孤独感と不安等、伝わってくるものはあったかな。

曾祖母の体験した実話に基づく話ということだから狙っているのかは判らないけど、蚕と女性とかけているところもあるのか考え過ぎか。

ラストの主人公の思いは自身の不安か子供の将来への憂いか…オーラスのシーンは判り易かったけど、全体的に何となく、雰囲気では頭に入ってくるものの感銘出来なかったし、響くものもなかったし、自分には難しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

3.5ミニマム

Hiroさん
2019年10月11日
iPhoneアプリから投稿

ミニマムな会話
女性から社会がみれて、勉強になった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Hiro

3.5タイトルなし

lilyroseさん
2019年10月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

19世紀の北ベトナム
14歳のメイは
第三夫人として富豪のもとへ嫁ぐ
第一夫人・第二夫人
そしてその子供たちと共に暮らす生活
大奥の世界を想像しながら観始めたら…
.
メイを娘のように接する夫人たち
美しさの中にも静かな闘い…葛藤が見え…
世界遺産に認定された北ベトナムの秘境
美しい絵画的なチャンアンの地で
少女が大人へ女性へ成長する過程が
描かれていました
ベトナム映画は初めて観ました
ベトナムの民族制家族暮らし興味深く
その世界に引き込まれます
.
今作が長編映画デビューの
アッシュ・メイフェア監督の言葉
『ベトナムの女性の声を世界に知ってほしかった。私のようなアーティストたちは、若い女性たちが自身の力を信じ、尊べるようにと日々活動しています。
ベトナムの暗い歴史の一部であってもベトナムの美しさを見せたかった。
それは私が誇りと思っていることなのです。挑戦にはいつでも希望があります』.
.
この映画はベトナムで検閲済みで正式な上映許可を得ているにも関わらず、数日の興行の後に上映禁止となってしまったそうです
.
1945年の独立後もしばらく続いていた一夫多妻制は今はなく
法律では結婚年齢を男性満20歳以上女性は満18歳以上と規定されているそう
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lilyrose

4.5少女が覗く、禁断の大人の世界。

ガーコさん
2019年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

ベトナムでは4日間で上映禁止された問題作。
日本で、いよいよ解禁となりました。

舞台は19世紀のベトナム。
一夫多妻制が許されていたこの時代、14歳の少女が大富豪の家の第三夫人として、嫁いできたところから始まります。

第一夫人は男の子1人。
第二夫人は女の子3人。
そして、次こそは男の子を産んでほしいと、一族の願いを一身に受けてやってきた第三夫人。

男の子を産めば妻として認められると分かっているものの、そのプレッシャーはとても重い…。

ライバル同士が同じ屋根の下で暮らすという、かなりシビアな世界に感じましたが、いざ始まってみれば、3人仲良くしているのがちょっと怖い…。
腹の底で何考えてるのか分からない。

優しいアドバイスも、実は流産させるための罠なんじゃないか?
そんな不安に陥るものの、実はこの映画は女通しのドロドロしたバトルが主体と立っている訳ではありません。

本質はもっと別の、もっと深い人間としての本能、さらにはベトナム文化や風習、習慣、制度などが複雑に絡んでくる、かなりディープな内容。

ベトナムでは未成年の性描写が問題視され、上映禁止となったみたいですが、でも当たり前のように未成年との結婚が許されていた時代があったことは事実。

何も分からない幼い子供が、突然大人の世界に足を踏み入れる…。
第三夫人の目線から見る大人の世界は、かなり濃厚で、緻密で、大胆で、見ているだけで刺激がいっぱい。
まるで覗いてはいけない禁断の世界を覗いているかのような気持ちにさせられました。

そして、その禁断の世界に広がるのは、ベトナムの美しい風景。
世界遺産にもなっている、美しい緑と岩山と川のせせらぎに魅了されます。
彼女たちの美しい黒髪が、小川にサラサラと流れる描写は、うっとりと見とれるほど…。

遠くに見える山々と澄み渡るような澄んだ空気の情景が、現実の濃厚な世界と対比して、いつのまにか、この世界の虜になっていました。

今作は、19世紀のベトナムをたっぷりと堪能できる、魅力的な作品となりました。
ベトナムでは、まだまだ社会的に娯楽という観点で規制が厳しいようですが、いつかこの映画が世界だけでなく、自国で認められれば良いなと思います(^^)

なかなかのマニアックで素敵な映画をありがとうございました(*´ω`*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

2.0一般視聴者・批評家から高い支持を受けています。

Naakiさん
2019年9月29日
PCから投稿

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Naaki
「第三夫人と髪飾り」の作品トップへ