劇場公開日 2019年6月28日

新聞記者のレビュー・感想・評価

3.6353
31%
43%
15%
3%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全353件中、1~20件目を表示

3.5「空母いぶき」に共通する邦画の挑戦と限界

AuVisさん
2019年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

忖度と同調圧力が増すこの国で、現政権に異議を唱えること(フィクションではあるが、定例会見における菅官房長官との“対決”で注目を集めた東京新聞記者・望月衣塑子の著書が原案)に重点を置く劇映画を製作すること自体が、とてつもなくハードルの高いチャレンジだっただろう。主演の一人である松坂桃李をはじめ名の通った俳優を集め、公開までこぎつけたことに心より敬意を表する。

ただ、肝心の女性記者役に日本人女優をキャスティングできなかったことが、邦画界の限界を示してもいる。一定以上売れている女優に“反体制”の色がつくのを、所属事務所が嫌ったのでは。韓国人女優シム・ウンギョンは健闘したし、帰国子女という設定にして日本語ネイティブでないこともエクスキューズしたが、望月記者のトレードマークとも言えるあの執拗な質問を劇中で再現できなかったのは言語の壁が一因ではなかったか。意欲作ではあるが、傑作への道は遠い。

コメントする (コメント数 8 件)
共感した! (共感した人 79 件)
AuVis

3.0うーん。

shinkatoさん
2019年11月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

観た時の自分のコンディションもあると思うが、僕はイマイチでした。現実に寄せた部分とフィクションとの境界線がはっきりとしており、双方が足を引っ張り合っているというか、ノイズに感じてしまったかな。

各方面でこの作品は、現実に寄せた部分に関して「よくぞこれを作った」という点で評価を受けているようだが、そこに異論は全くないものの「政治的圧力で捻じ曲げられる事実」という事象を映画なり音楽なり何なりで表現するためには並大抵でない相当な覚悟が要るのが今の日本なんだなあという思いが先行してしまう。

誤解を恐れずに言うと「この程度」でも、作り手は相当な覚悟を持ち、それを賞賛する我々というこの現状に若干の憂いを感じてしまいました。

桃李くんは良いよやはり。口を動かさないで話す感じとか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shinkato

5.0望月さん支持する。素晴らしい。

2019年11月16日
PCから投稿

望月さん支持する。素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
teigakurekijisatsushiro

4.5どこまでが本当なの

月餅さん
2019年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

国家ぐるみの情報操作ってきっとあると思います。どこまでが本当なのってつぶやいてしまいました。今日のニュースを見ているとこんなことが行われていて行政の悪事が隠されているのだと思い怒りを感じます。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
月餅

0.5夏休み最終日に観てきたが

2019年10月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

現役高校生です。モリカケ連日うぜぇって話したらネトウヨ認定をいただきまして、日本人はこんなに簡単に右翼の仲間入りができるのかと感心したものです。本作はモリカケをモチーフにした映画だときいており、夏休み最終日の思い出として観てみました。感想としては、ネトウヨ呼ばわりされていてよかったと思いました。この映画で「そうだ!政府が悪い!ジャーナリズムは素晴らしい!立派に戦った!」ってなるような大人にはなりたくないです。
この映画は、マスコミが誰かに賛美されたくて情報を提供してくれたのでしょうね。記者の手記がもとだとどこかで見ました。作品を通して感じられる「ぼくたちこんなにがんばりました!」みたいな自画自賛めいた雰囲気が鬱陶しいことこの上ありませんでした。こんな映画に金を使うくらいなら、大切な人にお土産でも買って帰ってあげる方がよほど建設的です。結局、安くはないチケット代をどぶに捨てることで「マスコミに関与すると、ろくなことがない」という教訓を得ただけに終わりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
×ブック○ブザマサヨク

4.5松坂桃李素晴らしい!

2019年10月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

現政権の問題点を指摘している映画。それに対して、松坂桃李がここに出たら干されるんじゃないかと思うほどの内容だと思います。忖度や隠蔽など当たり前で、人としての機能が果たせてない所を突いているのだから、映画を製作された皆さんに拍手を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
泡盛おじさん

3.5これはこれで

パンさん
2019年9月30日
スマートフォンから投稿

難しい

観るつもりなかったのですが、レビューが良くて気になりタイミングよく近くでやっていたので行きました。結構前に見たのですが、まぁまぁ重めの内容でしたが、楽しめました。最後の場面は何とも言えない気持ちになりました。桃李くんもシムウンギョンさんも好演でした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
パン

4.0このレビューでも情報操作が、と見てしまう。

2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
キッスィ

3.5平均作

chazさん
2019年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

臨場感を出すための、手持ちカメラ風演出はチープで見づらく、大失敗だと思う。
政府が個人情報を特定のメディアにリークしたり、不可解な犯罪隠蔽が行われたりという現実世界の気味悪さには及ばないが、権力の怖さを描こうとした意気は感じる。

いつか、平成から令和にかけての現実をきっちりドキュメンタリーで描けば、傑作になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
chaz

4.0酔った(^^;)

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画自体は面白かった。
しかし、冒頭からしばらくの間、新聞社の中のシーンに切り替わる度に画面がゆらゆら・グラグラ揺れ続けて、目まいがして気分が悪くなってしまった(^^;)
緊迫感などを出すためのカメラワークだったかもしれないが、せめて最小限にしてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョニー・ピカード

4.0何故シム・ウンギョンにした??

2019年9月15日
PCから投稿

作品の内容は非常に緊迫感があって良いのだが、主演のシム・ウンギョンのたどたどしい日本語を聴くとトーンダウンしてしまう。
日本の演技派女優を使った方がよかったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バフィー

5.0この作品に関わった全ての人の勇気に

のんさん
2019年9月10日
iPhoneアプリから投稿

久しぶりの映画鑑賞でしたが、本当に観てよかった。
ここまで引き込まれて、呼吸が浅くなりながら熱く見つめる作品は久しぶりかも。

覚悟を決めた人は美しい。
ただ、それで世の中までもが変わるとは限らない。
でも、大きくは変わることは難しくても、あるとないとでは大きく違う。
この作品に関わった全ての人の覚悟と勇気を尊敬します。

時々違和感のあるツイートを実際に見かけるのは、そういうことだったのかも、と衝撃を受けました。
情報社会になった分、巧みに操作しようとしても、そう上手くはいかないかもしれませんね。
この作品を観ていても、少し時代が変わるかもしれないと感じました。ただもちろん、そう簡単なことではないというのも強く感じましたが。
また、権力に屈してしまった人を当然良くは言わないけれど悪くも言わないところがいいなと思いました。

少しでも多くの人にこの作品が届くことを願っています。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
のん

0.5記者の妄想日記から堕胎した捏造物語

keyponさん
2019年9月10日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
keypon

3.0息詰まるサスペンス

YKさん
2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿

終始静かなトーンだけど、ハラハラドキドキが止まらない。ここで描かれることはあくまでフィクション、エンタメだけど、こんなふうに気づかないうちに隠されて、見えなくなっている真実もたくさんあるのかもしれない…とこわくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
YK

0.5これはひどい

2019年9月8日
PCから投稿

SAN値が下がるレベルの出来に驚きを隠せない。
日本のジャーナリストになりきって演じたらああなるというのなら、日本のジャーナリズムに未来はない。

邪神は存在する!という連中と何も違いが存在しない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
かふぇもか

0.5海外女優の目に付く悪癖

屈斜路さん
2019年9月8日
スマートフォンから投稿

夏休みが終わるタイミングを見計らって、9月1日に観に行ってきた。
日曜日の昼下がりにも関わらず、この映画の上映館はすでに上映の意味を問われるレベルで閑古鳥が鳴いており、鑑賞者はまばらだった。
先ずは、反体制的な作品を見事に作りきり、世に出せた監督の功績に敬意を表したいと思って観ていたが、割かしオリジナル要素が強い。記者の日記を元に作ったという前評判を聞いていたので、てっきり森友・加計学園問題だけで勝負してきた作品なのだとばかり思っていた。
浮いた存在として際だたせようとしていたのか、女性主人公がすごく場になじんでいないのは問題だと思った。
彼女は海外の女優さんのようで、出身国だけで不快感を抱くような悲しい意見も見られたが、そういうのとは別にして考えたい。あの女性記者は目玉をぐるりと刮目して睨むように話を聞く。あれは日本人であろうと海外の女優であろうと目に付く不快なクセだった。
メモは英語だった。海外の記者という設定なら、政府の圧力もなにも関係なしに内政干渉だ!とつっぱねられてしかるべきだろう。せめて日本語でメモできる人材を起用してほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
屈斜路

5.0遅ればせながら

2019年9月8日
PCから投稿

見ました。政治映画と思っていったら、意外とサスペンス形式でよかった。
早くDVD化してほしい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
家庭科オールA

4.0重たい話やったけど面白かった

たねさん
2019年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

実際はどうかわからんけど、内調みたいな仕事もあるかもしれんなと思ったし、怖いなと思う反面、他人事なふうに思ってて、それはそれでうちどうよって考えさせられる話しでした。難しいけど、それぞれが抱えてる葛藤が見えるようで、くるしかった。けど、見応えのある面白い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たね

3.5私たちこのままでよくないです……

ばばばさん
2019年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

前半までの、首相のご友人のレイプ事件や、内調の情報操作など。フィクションの名を借りて、メディアに殺されてきた情報を多く浮き上がらせていると感じます。

「私たち、このままでいいんですか?」
「この国の民主主義は形だでいいんだ」
など、身に迫るセリフが多かったです。

私は特に、内調の管理職の男性が一般人のことを指し「犯罪者予備軍だ」と言ってのけるシーンが印象的です。
エリート官僚である40代ほどの男性が、2ちゃんねるやTwitterなどでよく見かける浅はかな発言を、眉をいからせて発しているシーンには物悲しさすら感じてしまいました。

なるべく多くの方に観てほしいです。
選挙に行きましょう……

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ばばば

4.0なかなか鋭いところまで突っ込んだ作品

khkh0101さん
2019年9月4日
iPhoneアプリから投稿

松坂桃李さんはいい役者さんだなぁ!
見応えありました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
khkh0101
「新聞記者」の作品トップへ