劇場公開日 2019年6月28日

  • 予告編を見る

新聞記者のレビュー・感想・評価

3.5548
24%
47%
18%
4%
7%
採点

全548件中、1~20件目を表示

3.0挑戦は買うがもったいない

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

シム・ウンギョンも松坂桃李も素晴らしい演技をしている。撮影監督の今村圭佑の作る陰影の強い映像も見応えある。なによりこの題材に挑んだことは高く評価されるべきだ。
しかし、いろいろ問題点も多い。「新聞記者」というタイトルで、原作が現役新聞記者の書いた本であるなら、観客が期待するのは記者による情報集めが権力を追い詰めていく展開だろう。
例えば、「大統領の陰謀」や「スポットライト」のように、記者たちがわずかなソースを手がかりに情報の糸を手繰っていき真相を突き止めるような。しかし、本作の主人公の記者は自分で情報を取ってこれない。情報を取ってくるのはもっぱら内調の杉原だった。なぜこの記者は自分の足で情報を取りに行かないのだろう。思わせぶりなことをツイートしてる暇があったら現場で情報を取る努力をしてくれと何度も思ってしまった。
森達也監督の「i 新聞記者ドキュメント」を観ればわかるが、実際の望月記者は、とてもアクティブに全国を飛び回っている人だ。内調の内部告発頼りでいいのか。それで「新聞記者」という存在の意義を描いたといえるだろうか。
藤井光監督の実力は確かだと思う。この作品はもっと良いものにできたはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 26 件)
杉本穂高

3.5「空母いぶき」に共通する邦画の挑戦と限界

2019年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

忖度と同調圧力が増すこの国で、現政権に異議を唱えること(フィクションではあるが、定例会見における菅官房長官との“対決”で注目を集めた東京新聞記者・望月衣塑子の著書が原案)に重点を置く劇映画を製作すること自体が、とてつもなくハードルの高いチャレンジだっただろう。主演の一人である松坂桃李をはじめ名の通った俳優を集め、公開までこぎつけたことに心より敬意を表する。

ただ、肝心の女性記者役に日本人女優をキャスティングできなかったことが、邦画界の限界を示してもいる。一定以上売れている女優に“反体制”の色がつくのを、所属事務所が嫌ったのでは。韓国人女優シム・ウンギョンは健闘したし、帰国子女という設定にして日本語ネイティブでないこともエクスキューズしたが、望月記者のトレードマークとも言えるあの執拗な質問を劇中で再現できなかったのは言語の壁が一因ではなかったか。意欲作ではあるが、傑作への道は遠い。

コメントする (コメント数 11 件)
共感した! (共感した人 107 件)
高森 郁哉

4.0もやった

葉っぱさん
2022年9月25日
iPhoneアプリから投稿

最後がもやったなーー、まあ予想はつくがもっとハッキリさせて欲しかった
吉岡はリスクを背負ってまで政府の悪事を記事にしようとする正義感が強くてすごい(?)何故そこまでできるのか疑問。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
葉っぱ

2.5日本には珍しい社会派映画

モカさん
2022年9月6日
iPhoneアプリから投稿

松坂桃李の芝居が素晴らしい。
日本で避けられる政治モノが映画になっている点は新しいが、松坂桃李のその後がもう少し欲しかった。
それでこそ現実的映画になるんではないかと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モカ

4.0権力の闇の中へ

琥珀糖さん
2022年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
琥珀糖

4.0とても考えさせられる作品

白波さん
2022年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

当時劇場へ行ったのですが何故かレビューを書いておらず、改めて観てみました。
フィクションなのかノンフィクションなのか最目が曖昧で、これが観る者の心を掴むのでしょう。
何より、この難しい役どころを演じきった桃李くん。とても良い芝居でした。特に表情はすごかった。
そしてこちらも相当難し買ったろうウンギョン。彼女の表情もとても良かったですね。
この二人の芝居が、この作品の緊張感を作り出していました。
とにかく闇が深く、そのヒリヒリした演出がすごい。
そして迎えたラスト。この止め方はやはりすごい。
この作品は巨大な事件を解決する事でなく、そこに真摯に向き合った者を描いたもの。
だから核となる部分は何も解決していなく、未だ横たわったまま。
そしてそれは、現実でもあるかもしれない闇。
それらを観る者へ問う、とても考えさせられる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
白波

5.0映像がデヴィッドフィンチャー並に暗い

ShioNさん
2022年6月20日
iPhoneアプリから投稿

ちょっと重い話そうだったので避けていたけどめちゃくちゃ良かった。報道する側も辛いのでしょうね。ラストの実名出します、って話を持っていくシーンで色々交差する気持ちをそこで切ったのは上手いなと思いました。早く観れば良かった。以上!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ShioN

4.5良心を鈍らせてはいけない

2022年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

90%くらい事実って感じですね。よく作った!って快哉を叫ぶほどこの国の今どきのマスコミは情けないのです。
「子供に恥じない選択をする」これがいかに困難か。
しかし官僚も新聞社も良心が痛まないのでしょうか。
本田翼の純真な奥さん役がとても可愛かった。所属の役者の出演に引いていた芸能プロダクションが多い中(だから主役は韓国人女優)、この映画に出演するということだけでも素晴らしいと思います。ますますファンになりました。
原作の望月氏とともに前川元事務次官がいい役で出ておりました(特別出演)。
まさにこの映画のような煮え湯を飲まされた方ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
arlecchino

3.0面白いかどうかは別

2022年6月11日
スマートフォンから投稿

日本のタブーに迫る作品が、日本アカデミー賞を獲ったというので、興味津々で観てみましたが、「何だか起伏のない平坦な映画だな..」というのが正直な感想。

社会的意義と映画の面白さは分けて考えるべきだと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
北摂の影

3.5believe and doubt yourself more than anyone else

UNEmiさん
2022年5月8日
PCから投稿

いい教えだな。

ここで終わらせたのも、この映画が描きたかったことを際立たせるためか。

昔、新聞記者になりたかったけど、私には「知りたい」という気持ちも正義感もない。
だから落とされたのかな。
大変な仕事だ。

官僚も、一部にはこういう腐った人間がいるのだろう。
その上で成り立ってる国会も茶番に思えてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
UNEmi

4.5国と家族のための汚い仕事

さん
2022年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

シムウンギョン扮するアメリカ育ちの新聞記者吉岡エリカのところへ医療系大学院大学の匿名ファックスが届いたので調べる事になった。松坂桃李扮する外務省から内閣府へ出向している官僚杉原拓海は、国を守るため内閣に不味い記事をさばく役割を担っていた。しかし意に反してネットに拡散 しろと言う指示を受けたりした。どうも官僚とは国と家族のためにと言う名目で汚い仕事をせざるを得ない慣習があるようだ。上からの命令と言うのは拒否も出来ないのだろうね。だから冷たい世界で森友事件の様に官僚の自殺が絶えないのかね。死ぬくらいなら官僚なんて辞めてしまえばいいのにね。それにしても日本語がもどかしい韓国女優シムウンギョンを主演に起用したのは帰国子女と言う設定だからかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
重

3.0まずまず

2022年4月20日
iPhoneアプリから投稿

エンタメとしては面白い。

しかし、プロパガンダとしては行き過ぎてる。
本作を通して、国家への体制批判をしたいのだろう。
事実の要素もあるだろう。
ジャーナリズムの正義もあるだろう。
それは結構。

政府や政治家、官僚の善悪が問われている。映画ではそれを描いている。

しかしだ、

現実には
マスコミにも善悪が問われてまっせ。
というのを感想として言っておきたい。

マスコミによる偏向報道をもっと見直してほしいよ。

マスコミに真の意味で中立、客観性はあるのか。

マスコミのせいで、国益を損なったり、経済が悪化したり、他国からの侵略危機を誘発していることもある。

政治家や官僚だけのせいではない。

教育界、マスコミ界の悪しきカルチャーも見直してほしいよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
もふもふ

4.0真実に迫る者達の息詰まる戦い

2022年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

本作は、純度100%の社会派サスペンスである。エンタメ要素はかなぐり捨てて、正義と真実というテーマに脇目も振らずに迫っていく。前半は難解さがありストーリー展開も緩慢であるが、後半、ストーリーが本流に乗ってからは、一気に緊迫感が高まり、ラストまで息詰まるサスペンスが展開されていく。

内閣情報調査室に勤務するエリート官僚・杉原(松坂桃李)は、外務省から異動し官僚主義的な正義の在り方に疑問を感じていた。一方、東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、韓国人の母を持ち、新聞記者として、強い信念で政治の闇を追いかけていた。ある日、吉岡は匿名の新設大学情報を入手する。そして、この情報に隠された真実に杉原とともに迫っていく・・・。

全編の殆どが、東都新聞社内と内閣情報調査室内のシーンであり、会話と資料で綴られる物語は、派手さはないが、その分リアルでありドキュメンタリーを観ているような雰囲気がある。最近の政治で、真偽定かでない事件が多いだけに、なおさらである。

杉原演じる松坂桃李は、現実社会で誰もが直面する己の正義と組織の正義の矛盾に苦しみ戸惑う姿を好演している。思わず頷いてしまうシーンが多い。素直に感情移入できる。

真実に迫ろうとする吉岡の行動には説得力がある。吉岡を演じるシム・ウンギョンが効いている。強くてタフという雰囲気はないが、目の表情が常に真剣で隙がない。どんな困難にあっても決して諦めずに粘り強く真実に迫っていく。

ラストシーンに本作のメッセージが示唆されている。
正論を唱えても何も変わらない。行動によって示さなければ道は開けない。戦わなければ道は開けない。時として戦いに敗れても次の戦いを挑んでいく。自由を守るというのは真実究明の戦いであり、戦い続けることでしか自由を堅持する方法はない。

本作は、面白さを問う作品ではない。本作で問題提起されたテーマを我々観客がしっかり受け止めて考える秀作である。

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 21 件)
みかずき

4.0リアリティ

2022年3月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハンバーグ

1.0評価が良さげだったから見てみましたが、好みではありませんでした。ど...

みつ豆さん
2022年1月30日
スマートフォンから投稿

評価が良さげだったから見てみましたが、好みではありませんでした。どうしてこんなに評価がいいのか、ちょっと不思議。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
みつ豆

4.0国家の元における情報操作

bunmei21さん
2022年1月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アカデミー賞作品でありながら、公開時に見逃していた作品。Huluで改めて鑑賞。

この作品を、あの問題で内閣府が揺れ動いていた、あの時期に上映に踏切り、アカデミー賞受賞に導いた映画界は、なかなか捨てたものではない。きっと、製作陣の中には、見えない軋轢を感じた人も多かったのではないだろうか。また、本作が、単に作品賞だけでなく、主演男優賞、主演女優賞までも受賞した事にも意義がある。

女性新聞記者を主人公にして、日本国家の裏に潜む、闇の情報操作を扱った社会派サスペンス。
・国家とは何なのか…?
・政治とは誰の為にあるのか…?
・人の命の価値とは…?
・真実を押し曲げてまで守る意味とは…?
といった内容を問いかけながら、最初から最後まで、モノトーンな画面で物語は展開していく。

真実を求めようとするアメリカ育ちの新聞記者吉岡と内閣府官僚で疑問を抱きながらも国家戦略の為に情報操作をしていた杉原の2人が、杉原の先輩の自殺を機に、国が隠蔽しようとした大学設置に伴う真相を突き止めていくストーリー。

これはあくまで主観だか、内容が、現実の内閣府が抱えていた問題と重なる為、主役が、日本人女優では難しい役柄。シム・ウギョンが主演を務めた事で、国への叛旗を翻す印象を柔らかくしている効果もあるのかもしれない。

また、松坂桃李は、偽と正に葛藤する役どころを見事に演じ、アカデミー賞に相応しい演技だった。そして、ラストシーン。いろいろな想いや出来事が想像できて、杉原の一言は、何を語ったのか、意味深なエンディングであった。

こうした政治絡みの問題や隠蔽は、昔から存在し、そして、これからもあるのだろうと思う。私たちの知らない所での駆け引きがあるのだろうが、正しい事を正しいと言える世の中であって欲しい。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 34 件)
bunmei21

0.5見るに堪えない駄作

テツヤさん
2022年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

思い込みで作られた都合の良いストーリー展開で、余りのご都合主義に吐き気がする。
途中で見るのをやめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
テツヤ

4.0日本の現状❗️

2022年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

まさに、今の内閣総理大臣及び政府与党への挑戦的作品👏
日本という国が如何に言論の自由を弾圧しているか。
お上の圧力、いわゆる情報統制は、戦時中の帝国主義と何ら変わりないとしか思えない。
本作で描かれている、政府及び総理がひた隠しにする事例は、もはや現安倍政権及び安倍総理のそれをまさに彷彿とさせる内容!
主演のシム・ウンギョン、松坂桃李が素晴らしい❗️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ヒックス伍長

2.5ファクトあくまでドラマ

2022年1月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

怖い

知的

内容は新聞記者と内閣情報調査室の二人が国家という鰯群の中心であるファクトに近づいていく映画。一番印象に残った台詞は『反逆者は殺せ!そしてそれに新聞が加担した!』で映画の冒頭のこの台詞が監督が問題にしてるかもしれません。最後の主人公の二人の声にならない声で何かを伝えるシーンも良かったです。何を言いたかったのか視聴者に問いかける作品にしたかったなだろうな。目隠しの羊🐏俺みたいにはなるなよ!の言葉。声にならない声で訴えてくるシーン。見えない壁が断然と立ちはだかる社会。内閣情報調査室の人間離れした空間。混沌や葛藤を描きながらもAEONが後ろ盾とは、、、、冒頭から驚き!この映画がプロパガンダかもと考えながらドキュメンタリー映画の森達也監督のi 新聞記者ドキュメントと照らし合わせながら自分自身の捉え方にも限界を感じた作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
コバヤシマル

2.5問題はどこに?

2021年12月4日
iPhoneアプリから投稿

この映画上手に作ってある。のに、なんだか魅力がない。どこから観ても話がわかって、どこか観てなくても気にならない。人が1人、、、なのに、そんな映画だった。

重大な問題事項を対して問題にならない程度の映画として作ることの方が大問題。ある意味凄い。

感想としては、民主主義ってなんだろう。。。そんなものどこにあるんだろう。あぁ、形だけだったね。

演者さんたちは頑張ってた。と、思う。演者さんの顔芸に頼りすぎじゃないだろうか、、、。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
大粒 まろん
「新聞記者」の作品トップへ