エセルとアーネスト ふたりの物語

劇場公開日

  • 予告編を見る
エセルとアーネスト ふたりの物語
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スノーマン」「風が吹くとき」などで知られるイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親をモデルに描いたグラフィックノベル「エセルとアーネスト」をアニメ映画化。「風が吹くとき」にアニメーターとして参加したロジャー・メインウッドが監督を務め、9年の歳月をかけて手描きで制作。激動の20世紀を生きた庶民の歴史を、温かい眼差しで描き出す。1928年、ロンドン。牛乳配達人のアーネストとメイドだったエセルは恋に落ちて結婚し、ウィンブルドンに小さな家を構える。最愛の息子レイモンドの誕生と成長、そして第2次世界大戦の苦難の中にあっても、2人は寄り添い笑い合うことを忘れない。そんな2人にも、やがて静かに老いが忍び寄ってくる。「秘密と嘘」のブレンダ・ブレシンと「アイリス」のジム・ブロードベントがエセルとアーネストの声を演じる。ポール・マッカートニーがエンディング曲を担当。

2016年製作/94分/イギリス・ルクセンブルク合作
原題:Ethel & Ernest
配給:チャイルド・フィルム、ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
ロジャー・メインウッド
製作
カミーラ・ディーキン
ルース・フィールディング
製作総指揮
レイモンド・ブリッグズ
ロビー・リトル
ジョン・レニー
原作
レイモンド・ブリッグズ
エンディング曲
ポール・マッカートニー
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A.,The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

映画レビュー

5.0一番世界成長した時代に生き抜いてきた二人

2019年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「スノーマン」の絵本作家レイモンド・ブリッグズが自分のの両親をモデルにした作品の映画。最初あれ?アニメでないの?っていう出だしからびっくり。両親の出会いから最後に至るまでのストーリーも映像美もとっても丁寧に描かれていました。イギリス女性らしく?プライドが高い様子が垣間見れる奥さんの姿もちょっと笑えました。第二次世界大戦当時の苦難中でも庶民の立場で明るく懸命に生きてきた夫婦。イギリスの「この世界の片隅で」という感じかと思いきや、それだけでなく、その後の高度成長時代までずっと描かれていて、あぁ1920年代後半~1970年代の時代が一番大きな変化があった年代だったかもと改めて思いました。多くの電化製品などの普及でかつてないそして現代にもない程の成長し続けた世界経済。新たな製品で需要がいっぱいだった当時。現在では何でも品物ってあるし、もうこんな経済成長は今後ないかもしれないとも感じられました。苦難を乗り越えて生きてきた当時の人達が一番世界の成長を感じられたかもしれませんね。エンディング曲のポール・マッカートニーの歌声も良かったです。試写会当日は私の誕生日でした。素晴らしい映画の鑑賞をバースディプレゼントとして下さって本当に嬉しかったです。大感謝です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さっちょ

5.0人類皆夫婦(^^)

ガーコさん
2019年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

イギリス人も日本人もおんなじ。

ささやかな生活の中に、たくさんの幸せを感じながら生きていることを、このアニメで教えてもらいました。

時は1930年代、牛乳配達員のエセルと、メイドのアーネットの出会いから、物語は始まります。

時代の流れが目まぐるしく動く中、二人の生活も多種多様に変化していく…。

そんな時代の中、変わらない二人の愛がとても素敵でした。

牛乳配達員としての誇りを胸に、配達一筋で働くエセル。

そんな、真面目な彼に時に意見し、時に従い支えながら家庭を守るアーネット。

ヒトラーの独裁制がスタートし、徐々に戦争の影が忍び寄る時代。

しかし、その生き方は実に生き生きと輝いて見えました。

時代は変わっても、市民の生き方は簡単に変わるものではなく、みな慎ましやかに暮らしいる。

これまでイギリス=誇り高い貴族のイメージがありましたが…。

この映画でそんなイメージががらりと変わりました!

こんなにも普通な暮らしをしていたなんて!

この映画で、イギリス人の生活を詳細に学ぶことができました。

お茶や食事の仕方、掃除、洗濯、仕事、進学、子育て、全てにおいて感じたのは、普通であるということ。

日本人と同じように、家電を揃えて仲睦まじく一家団欒を続けている光景。

夫は新聞を見ながらブツブツ文句を垂れ、妻は隣近所に見栄を張りつつ、息子の成長を心配している。

世界共通、どこにでもある光景がこのアニメでもたくさん感じられました。

こういう何気ない日常を描いた作品って、意外に少ない…。

しかも、その描写をアニメで詳細に描いていることにびっくり!

細い線と淡い色合いは、絵本そのもの。
まるで絵本が動いているかのように感じられました。

また、音楽もすごく豪華!

ポールマッカートニー氏が、書き下ろした楽曲がエンドロールに流れるという奇跡。

どうやら、彼はレイモンド氏の作品のファンのようで、この映画の音楽も快く引き受けてくれたとのこと。

素晴らしい画報と、豪華な音楽という、贅沢な仕上がりに感動しっぱなしでした!

今回、試写会の後に林望さんを迎えてのトークイベントがありました。

林さんはイギリスの生活にとても詳しく、その細かな描写がとても緻密に描かれていることを解説してくださいました。

イギリスの階級制度のこと、労働党と保守党のことなど、様々なイギリスの暮らしの仕組みについて分かりやすく話して頂き、より作品の世界を深く理解することができました。

イギリス英語の表現や、生活様式など、興味深いことばかり…。

30分のトークイベントでしたが、もっと色々と話を聞いて痛かったです(^^)

心が優しくなれる絵本を書くことの多いレイモンド氏が、大人向けに描いた今作。

これはきっと、彼が両親のことが大好きだったからこそ、二人の幸せな姿を残しておきたかったのではないでしょうか?

私も、こんな理想の夫婦になれたらいいなと思いました(^^)

今日は本当にとても素敵な作品をありがとうございました!

幸せなひと時でした(^^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ガーコ

4.0とても素敵

とも朕さん
2019年9月11日
Androidアプリから投稿

美しい絵と素敵なストーリー。英国版「この世界の片隅で」という雰囲気です(時代も同じぐらい)。何気ない夫婦の会話にクスクス笑ってしまいました。戦争という大変な時代を楽しく寄り添って生きた二人の幸せでささやかな生活に胸が熱くなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とも朕

4.0風が吹くとき

Naakiさん
2019年1月3日
PCから投稿

原作者レイモンド・ブリッグズをご存知の方なら、この作品がどれほど観ている者を引き付けるかを知っているに違いないが、初見の人でも何かを感じるに違いないと思う。ごく平凡な家庭を手書きの柔らかいタッチの中に躍動感を失わないものに作り上げている。シナリオ自体も両親の出会いから戦争を経て1970年代初めから80年にかけて文化や常識が大きく変わろうとしているところを仰々しく描いてはいない。個人的には、あっ気ないほど淡々と時が進んでいく。
ディズニーや日本のアニメには、それぞれの特徴があり、興行収入を稼がなければならないという前提があるが、それを否定するつもりは全くないが、アカデミー賞長編アニメーションがディズニーの一人勝ち状態がここ10年近く続いているのは、違和感を感じる。
アメリカ英語とイギリス英語の違いやイギリス独特の言い回しやスラングと男性が使う英語をアーネストの言葉使いでわかるところもある。
トライアンフの4ドアセダンが登場するが、1958年製のオースティン1100に一時期乗っていた経験があり、押しがけをしたことを思い出した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Naaki
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「エセルとアーネスト ふたりの物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。