ドキュメンタリー映画 岡本太郎の沖縄

劇場公開日

  • 予告編を見る
ドキュメンタリー映画 岡本太郎の沖縄
47%
24%
24%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本を代表する芸術家・岡本太郎がかつて訪れた沖縄で何を感じ、何を発見したのかを探っていくドキュメンタリー。日本とは何かという答えを求めて日本中を旅していた岡本太郎は、まだ米軍統治下だった1959年と66年に沖縄を訪れて感銘を受け、「沖縄の中にこそ、失われた日本がある」「沖縄で、私は自分自身を再発見した」とまで言い切った。その時の体験は名著「沖縄文化論 忘れられた日本」、残した写真の数々は写真集「岡本太郎の沖縄」として記録されている。日本中を旅した太郎がそこまでほれ込んだのは沖縄だけであり、何がそこまで彼をひきつけたのか。太郎にとっての沖縄とは何だったのかを、太郎と同じ沖縄を歩く旅を通して解き明かしていく。ナレーションを俳優の井浦新が担当。

2018年製作/121分/日本
配給:シンプルモンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35
  • 画像36
  • 画像37
  • 画像38
  • 画像39
  • 画像40
  • 画像41
  • 画像42
  • 画像43
  • 画像44
  • 画像45
  • 画像46
  • 画像47
  • 画像48
  • 画像49
  • 画像50
  • 画像51
  • 画像52
  • 画像53
  • 画像54

(C)2018 岡本太郎の沖縄製作委員会

映画レビュー

4.0風と共に生きる

atararuiさん
2019年11月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

岡本太郎が見て感じた沖縄の姿
そこに暮らす人々のドキュメンタリーこの手の話 私は好きだなぁと
その当時に、忘れられた日本がある沖縄(岡本談)と述べられていましたが少し違うと感じました
縄文時代くらいまで遡れば似ているのかも知れないけど やはり独特だなと
あの時代にあって強い自然崇拝や神女ましてや風葬がなされていたことは意識の根幹が全く違う 日本であって日本に含めたらいけない尊厳がそこにはある気がしました
フボー御嶽 何もないということ その意味、深さや見えないモノに対する拠り所、恐れ、空が生み出す無は精神へも繋がっているのだろう やたらと物に頼る日本と全く違う印象
琉球音階もまたそう 独特
イザイホーは1978年が最後 やせた土地の為出稼ぎに行く男達に代わり家を守る女達 圧倒される儀式 久高ノロが岡本太郎を受け入れた理由は果たして?ヤボな推測はいくらでもできるけれどこのお二人くらいになると目と目が合った瞬間に波長が合ったとか言葉にしない方が伝わることがあるといった感じだったようにも思える私的には
祭の踊りに三線に乗せる唄 心がカタチや動き言葉や音に成る そうすることで想いを空へと解き放つ 映像中に唄われた詞にも風が出てきた 思わず聴き入ってしまった素直な気持ちになれる唄
風葬 チベットの鳥葬でハゲタカに〜を観たことがあるけれどこれまたその風習に驚いた ここでも風だ

沖縄といえば海かと思いきや観ていてずっと風を感じていた
愁いを含んだやさしい風

写真や古き映像の中 息衝いていた集落の人々の根底は失われることなく
今も次の世代達に受け継がれている気がしてならない
それは何も儀式を行うとか風葬をすることではなくそれこそ
その土地、場所で風を感じること 見えないモノを大切にし何も無いとこで自分自身と向き合うことそれに他ならないのではないかと
思った

☆井浦新ナレーションはすっと入ってきて映像の邪魔をしない 心地よい耳触りの声でした

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
atararui

5.0やっと出逢えた、素晴らしい!

2019年9月14日
スマートフォンから投稿

沖縄と久高島には何回も訪れていることもあって感動しながら観れました。
沖縄の旅で感じたこととか、久高で知りたかったことがもうぜーんぶ繋がってくるように感じてとても良かった。ちゃんとなんというか伏線や太郎のあの事件もあっててんこ盛り!静かなゆっくりした作品だけどだんだんと突きつけられてくる。最後は涙が出ます。
沖縄時間的な編集なとこもあるので(特に前半)好き嫌いはあるとは思います。でも、後半のイザイホー は凄まじいしノロさん素晴らしい!私は大好きな作品でした。観れてよかった。幸せでした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マイクチャーハン

4.5久高島とノロとイザイホー と沖縄太郎。

フラーさん
2019年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

沖縄を知ったきっかけが久高島だった。
友人が沖縄の人で沖縄に行く度にもっと深く沖縄を知りたいと思った。
この映画を見たことでいろんな出会いも整理出来たように思える。ノロさん、平良敏子さん、御嶽、イザイホー
そして自分の今までの出会いに感動した。
この映画の表面だけなぞってもわからなさそうな人もいると思う。御嶽見てもつまらないと思う人だっているのだから。だけど私はこの映画に出会えてとても幸せな気分になれた。一緒に行った沖縄の友人は泣いていた。
ウチナンチュとして沖縄を誇りに思うと言っていたのが印象的だった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
フラー

1.0監督!映像やめた方がいいです!!

2019年7月30日
iPhoneアプリから投稿

岡本太郎が切り取った生の土着沖縄、久高島イザイホーの伝統とその重み。「沖縄は変わってしまった」って連呼するナレーションは街並みについて?笑 何が言いたいのかさっぱりわからん?どうした?的外れもいいところだよ。芭蕉布のくだりとか、やたら海映したり、月写したり、同じ写真ばかり使ったり、、。テーマがいいだけに、監督が違えば岡本太郎とは何者なのか、ノロ、ニライカナイとはなんなのか?芸術家が切り取る沖縄とは?日本・沖縄の歴史と風俗とは?この先の沖縄、日本とは?いろいろな切り口で秀作になっただろうに。。残念だよ。。やっぱ国から金出てるからかゆるすぎて、作品、岡本太郎、出演者へのリスペクトが足りないね。。もしくは芭蕉布のくだりは金出した文化庁への忖度か?! どちらにせよ残念だよ。。ごめん、監督センスないわ。。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鬼平たん
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ドキュメンタリー映画 岡本太郎の沖縄」以外にこんな作品をCheck-inしています。