パリの恋人たち

劇場公開日:

パリの恋人たち

解説

フランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、「ドリーマーズ」「グッバイ・ゴダール!」などの俳優ルイ・ガレルが監督・主演を務め、パリを舞台に1人の男と2人の女が織り成す不器用な恋の行方を描いたラブストーリー。ジャーナリストの青年アベルは、3年間同棲した恋人マリアンヌから妊娠を告げられる。しかし子どもの父親は友人ポールで、アベルとマリアンヌは別れることに。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会するが、ポールの妹イヴからも思いを告白され、2人の女性の間で揺れ動く。実生活でもルイのパートナーであるレティシア・カスタがマリアンヌ、「プラネタリウム」のリリー=ローズ・デップがイヴを演じる。第66回サンセバスチャン国際映画祭で脚本賞を受賞。2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門で、「ある誠実な男」のタイトルで上映。

2018年製作/75分/PG12/フランス
原題:L'homme fidele
配給:サンリス
劇場公開日:2019年12月13日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2018 Why Not Productions

映画レビュー

4.0“貞節な男(原題)”をめぐるブラックコメディ

2020年1月26日
PCから投稿

邦題やポスターから受けた印象とはずいぶんと違う、あっけらかんとした喜劇だった。とはいえ、フランスのコメディに多いバカ映画ではなく、巧みにミステリーも絡めながら、人間の裏表をさらりと描き出す。どこまでが監督・主演のルイ・ガレルの持ち味なのかはわからないが、フランスらしい恋愛至上主義のラブコメであり、ウディ・アレンにも通じるダメ男映画でもある。そして、ガレルを右に左に翻弄するのが、レティシア・カスタとリリー・ローズ・デップという世代の異なる女優たち。誰もが身勝手な中で、女性たちの方が一枚上手という図式は使い古されたクリシェのようだが、女も男も同じようにバカっぽく、同時に繊細さも描かれていて好感が持てる。混雑していた客席はあまり笑いで沸かなかったが、みんなで笑う雰囲気で観ると楽しさも倍増する気がする。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
村山章

4.0日本人では考えられない不思議な恋愛観

2023年3月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

不思議なラブストーリーを、シンプルに飄々とそして少しコメディータッチに描いているのが小気味良い。
また、とにかく顔のアップシーンカットが多く、まるでドキュメンタリー映画のような臨場感がある。パリのきれいな風景にあまり頼らず、表情とセリフを中心に雰囲気作りをした本手法は、アメリカ映画にはないフランス映画の魅力の一つか。
短い上映時間なのにこのインパクト。これはただの恋愛映画ではない。
個人的には「ザ・フランス映画」って感じで、お気に入りの一本となった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いけい

2.5あげくの果ての天秤

2023年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ルイガレル扮するジャーナリストアベルは、レティーシアカスタ扮する恋人のマリアンヌから友人ポールの子を妊娠したと告げられので別れた。歳月が流れポールが突然死してマリアンヌとリリーローズデップ扮するポールの妹エヴに会った。
しかし、いくら旦那が亡くなっても寝取られた女性とデートするかな。好きならしょうがないけど情けないよね。ましてや男の子もいるし。アベルは優しいな。その男の子がマリアンヌがポールを殺したと言うのも何だね。あげくの果てにエヴと天秤にかけたりしてちょっとだらしないな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
重

3.0いかにもフランス文化

2022年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

だいぶ斜めからきたなんとも面白い進展
短めでサクッとドキッと楽しめた酒の肴

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mamagamasako