パリの恋人たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
パリの恋人たち
パリの恋人たち
16%
55%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、「ドリーマーズ」「グッバイ・ゴダール!」などの俳優ルイ・ガレルが監督・主演を務め、パリを舞台に1人の男と2人の女が織り成す不器用な恋の行方を描いたラブストーリー。ジャーナリストの青年アベルは、3年間同棲した恋人マリアンヌから妊娠を告げられる。しかし子どもの父親は友人ポールで、アベルとマリアンヌは別れることに。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会するが、ポールの妹イヴからも思いを告白され、2人の女性の間で揺れ動く。実生活でもルイのパートナーであるレティシア・カスタがマリアンヌ、「プラネタリウム」のリリー=ローズ・デップがイヴを演じる。第66回サンセバスチャン国際映画祭で脚本賞を受賞。2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門で、「ある誠実な男」のタイトルで上映。

2018年製作/75分/PG12/フランス
原題:L'homme fidele
配給:サンリス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2018 Why Not Productions

映画レビュー

4.0“貞節な男(原題)”をめぐるブラックコメディ

村山章さん
2020年1月26日
PCから投稿

邦題やポスターから受けた印象とはずいぶんと違う、あっけらかんとした喜劇だった。とはいえ、フランスのコメディに多いバカ映画ではなく、巧みにミステリーも絡めながら、人間の裏表をさらりと描き出す。どこまでが監督・主演のルイ・ガレルの持ち味なのかはわからないが、フランスらしい恋愛至上主義のラブコメであり、ウディ・アレンにも通じるダメ男映画でもある。そして、ガレルを右に左に翻弄するのが、レティシア・カスタとリリー・ローズ・デップという世代の異なる女優たち。誰もが身勝手な中で、女性たちの方が一枚上手という図式は使い古されたクリシェのようだが、女も男も同じようにバカっぽく、同時に繊細さも描かれていて好感が持てる。混雑していた客席はあまり笑いで沸かなかったが、みんなで笑う雰囲気で観ると楽しさも倍増する気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

4.0良かった!

H1DE!さん
2020年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

コメディタッチで
でも心の揺らぎや
人の身勝手さ
女の勘
…等

最後は命日か誕生日か?
ジョセフが何気に粋で
幕を下ろすって

とてもイイ映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

3.0エッフェル塔の見えるParisだから…

みにこさん
2020年3月31日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みにこ

3.0邦題がなんとかならなかったのか?

2020年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

邦題がなんとも平凡〜〜
もうちょっとなんとかならなかったのかしら?

大人な内容の映画なので
「お子ちゃま」にはハードルが高い映画です。
エッチなシーンなどはほぼ有りませんが
ヒロインの恋愛に関する考え方が

いい意味でおおらか、逆に言えば悪女。

優柔不断な男と奔放な女〜

でも、この男だから振り回されたのかな?
女が悪いとも言い切れないと感じました。

ロマンティックなラブコメでもなく、
恋にボロボロになるような激しい話でも無い。

愛の形は人それぞれ〜ということですね。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

会話劇的な要素が多いのですが

派手な言い争いがあるわけでも無いので
実は一番良いところで、昼食後の観覧だったため

うっかり睡魔に襲われてしまいました(笑)

でも、フランスって恋愛に関しては

男尊女卑的な部分が無くて気持ちいい。

本当はあるのかもしれないけど
少なくともこの映画の中では感じられなくて

やっぱこのくらい同等に恋愛できるのも
「男にしがみ付かなければ〜」
みたいな悲壮感が子持ちのヒロインに全くない。
自分の意思で男を選んでいく。

そこが小気味良いわ〜

で、最後のあるシーンもこの映画みたいに

自由に選べれば良いな〜

@お勧めの鑑賞方法は?
配信でも良いとは思うけど、
集中力が私の様に続かない人は劇場の方が良いかも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る