復讐のトリック

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
復讐のトリック
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ビル・S・バリンジャーの小説「歯と爪」を、テレビドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」のコ・ス主演、舞台を韓国に置き換えて映画化した法廷サスペンス。大日本帝国から独立後の1947年のソウル。激しい雨が降る中、凄惨な殺人事件が発生した。死体を目撃したという匿名の通報で駆けつけた警察によって、資産家ナム・ドジンがお抱え運転手のチェ・スンマン殺害容疑で逮捕される。しかし、現場には切断された成人男性の人差し指だけが残され、遺体はすでに火炉で焼却されていた。無罪を主張するドジン側のベテラン弁護士と、証拠である指や証言から有罪に導こうとするエリート検事による法廷での激しい攻防戦が繰り広げられる中、容疑者、そして被害者のもうひとつの顔が次々と明らかになっていく。事件の目撃者をコ・スが演じるほか、容疑者ドジン役を2017年に交通事故で亡くなったキム・ジュヒョク、検事役を「新しき世界」のパク・ソンウン、弁護士役を「海にかかる霧」のムン・ソングンがそれぞれ演じる。シネマート新宿、シネマート心斎橋の特集企画「のむコレ2018」(18年11月3日~)上映作品。

2017年製作/108分/韓国
原題:The Tooth and the Nail
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 CINEGURU KIDARI ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

3.5時間軸が行ったり来たりする作品はあまり好きではない。でもこの作品は...

tamaさん
2019年5月22日
iPhoneアプリから投稿

時間軸が行ったり来たりする作品はあまり好きではない。でもこの作品はまだわかりやすく作られてたと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tama

3.0人指し指

Bacchusさん
2018年11月11日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

知的

原作未読

1947年に起きた死体の無い殺人事件を巡る1948年の法廷劇と、そこに繋がるある女性とマジシャンの男性との出会いから始まる1945年の話。

法廷劇と1945年の話を交互にみせていく展開で繫がりがあるのは想像出来るけれと、中々それがみえてこない。

繫がりがみえてくると後は単純なもので何となくオチが読めてしまう部分もあるけれど、複雑過ぎないサスペンスとテンポの良さで最後まで楽しめた。

それにしても終戦直後とは到底思えない世情の描写は何なんだろう。別に日本人を絡める必要性もないし、この時代に拘る必要性が良く判らない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

3.0マジシャンが仕掛けたトリックだけど…

とえさん
2018年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

コリアン・シネマ・ウィークにて鑑賞

魔術師が仕掛ける壮大なトリック…
という映画なんだけど、先の展開が読めてしまって
「えぇー」という驚きもなかったのが残念だった

ただ、第二次大戦直後の朝鮮半島のカオスぶり、混乱ぶりは伝わってくる作品だった

1947年の朝鮮半島で、資産家のナム・ドジン(キム・ジュヒョク)が、運転手のチェ・スンマン(コ・ス)殺人容疑で逮捕される

彼は、本当にチェ・スンマンを殺したのか、それとも…

第二次大戦中に、日本の統治下にあった朝鮮半島で、日本人になりすまして富を得ていた人たちが、戦後は、偽造紙幣を印刷して金儲けをするようになり、そのためには、人の命すら簡単に奪ってしまう

その犠牲になるのは、マジメに生きている市民たちで、コ・スは、犠牲になった人たちの復讐のために、壮大なトリックを仕掛ける

その物語は、1947年の法廷の場面と、1945年のコ・スに起きた出来事が交互に出てきて語られるのだけど
初めのうちは、コ・スの身に起きていることが、どう法廷の議論につながっているのか分からず
話があちこちに飛んでいるイメージで分かりづらかった

結局のところ、戦後の混乱期に乗じて金儲けした人でなしなど滅びてしまえって話で、その中で、コ・スは最後まで愛する人の威厳を守り続ける

ハードボイルド小説が原作になっていることもあって、全体的に暗めのトーンでフィルムノワール的に作られているけれど、その凝った作りが話を必要以上に複雑にしてしまったなという印象だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とえ

3.5韓国っぽい復讐劇

Yuko Kudoさん
2018年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

#91 アメリカの小説が原作らしいが戦後の解放後の韓国を舞台に置き換えて韓国映画っぽくよく出来てる。
主要人物が中々顔を見せないが出てきて納得の俳優さん。
真実は自分の心の中にあるのだというメッセージ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Yuko Kudo
すべての映画レビューを見る(全4件)