1987、ある闘いの真実

劇場公開日:

1987、ある闘いの真実

解説

「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。

2017年製作/129分/G/韓国
原題:1987: When the Day Comes
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0ストーリーが強すぎる

2022年7月3日
PCから投稿

韓国映画の民主化運動の映画は結構見ていますが、どれもハズレ無しに完成度が高い気がする。
もちろん、映画としてカメラや表現などの編集、いつも見る名脇役の演技もさることながら、ストーリー展開が強すぎる。

それも戦後の1980年代と、比較的近い年代かつ関心の高い国で起こった運動だからだろうか。

またこの映画をきっかけにして、「あれ?日本って民主化運動って戦後あったかな?あれ?学生の運動は安保闘争しかない気がするかもー」と学生ぶりに近現代史の復習をした。学生の頃は日本近代はあまりにロマンもかけらもないなと思ってしまったが、映画をきっかけに調べることができたのはありがたい。

そして調べてみると、国内だと民主主義は自由民権運動まで遡ることになりそうで、だから日本ではあまり民主化運動というのが少し遠いのかもと感じました。逆にそこら編の映画作ったら面白そうと思いましたが、そもそもそうした映画は日本だと受けが悪そうだなと業界トップで決まって終わりそうな気もしました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
asa89

5.0この時期に、この映画をオンライン視聴できる機会があったことに感謝。

2022年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、VOD

今年141本目(合計415本目/今月(2022年5月度)18本目)。

 ※ 私は原則として、アマプラだのネットフリックスだのの投稿はしないことにしていますが(あふれかえってしまう)、この映画は韓国文化院が日韓交流を目的に過去の「意味のある」作品をオンライン視聴会(といっても、公開自体は4年前)したもので、6月に見に行く「スープとイデオロギー」と並んで、韓国の現代史を知る目的もあり応募したら当選しました。
また、前々から、将来は外国人問題を扱いたいと思っている行政書士合格者として、このような映画はよく見ますし応募もしています。今回もあえて書いたのはこういう事情です。

 さて、映画の内容自体は非常に硬派というか、実際にあった事件をそのまま描いているものなので、あることないこと書けないし(ただし、一部に着色はある模様)、6月に始まる「スープとイデオロギー」(済州4・3事件)から、この民主化運動を勝ち取るこの事件まで、韓国は朝鮮戦争もそうだったし、内戦や紛争ばかりだったのです(ほか、「KCIA 南山の~」等もありますね)。

 この映画の7年前に起きた光州事件が、この映画で参照されている1987年の事件の遠因となった事件であり、この光州事件は、上記の「スープとイデオロギー」で主に描かれる済州4・3事件と並んで韓国(済州事件のころは、韓国という概念がないので、便宜上、朝鮮半島としても良いかもしれません)のタブー視とされるものです。ただ、日本がタブー視しても最終的には真相を明らかにして公開していこうという文化があるように、韓国にも多少遅れてはいますが、やはりそのような文化があります。「スープとイデオロギー」もこの映画も、そうした中の一つの映画です(ただ、日本より「少しだけ」国のチェックが入るようです)。

 そしてこの映画で流れるように、これらの暴動を元に「韓国の大統領の直接選挙制」や「言論・表現の自由」が憲法改正で盛り込まれた(日本と違い、韓国は最高法規とされる憲法も何度も改正されている)という点など、日韓の異動を知ることができて良かったです。

 もっぱら、6月に行く「スープとイデオロギー」も含めて、韓国の現代史という大きなくくりで観ましたが、この事件一つという見方もできると思うし、色々な見方ができると思います。

 どうも、韓国の大統領のこと(最近変わりましたよね)やコロナ事情、また、竹島問題などはさておき「文化面での交流はしっかりしたい」ということで、2021年ごろから韓国文化院(日本語サイト)が日本人向けに韓国映画(ただし、何らかの意味で観ることに意義が感じられるもの)をよくオンライン視聴(無料)でよく募集をかけてます。

 大阪など在住の方はシネマート等、韓国映画に特化した映画館もありますが、そうでない方で韓国映画に興味がある方は、こうしたサイトの登録も良いのでは、と思いました(なお、シネマート自体は「おうちでシネマート」として、「ちょっと最近までやってた」程度の映画までなら普通にVODで観られます(準新作扱いで1320円、一般550円、旧作440円だったはず)。

 特に減点要素とするべき点はないので、フルスコアにしました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
yukispica

4.5ユンソクの生え際

2021年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

キムユンソク、ハジョンウ、ユヘジン、ソルギョング、イヒジュン、キムジョンス、カンドンウォン、パクジウワン
実話に深みが足されたお話はもちろん、どんなけいいお顔がいるの!いい顔面の層がぶ厚くどアップに震えそして、ユヘジン…キムテリちゃんに泣ぐ

公開時ぶり再鑑賞

新聞記者が結婚前夜マリッジブルーのスパイラルパーマで南山の部長たちで貫禄出してるヒト、イヒジュンだなんて!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ユメーコ

3.5韓国は民主主義を勝ち得たのかな

2021年1月17日
Androidアプリから投稿

映画の内容よりも、キムユンソクが所長をやっていたことを、見終わってから紹介文で知りました!すごいわ、演技って。ワンドゥギの先生だなんて、ちっとも気づきませんでした。

最も近い隣国なのに、最も遠いとはよくいったもので、おとなりさんでこんなことが起きていたなんて、少しも知りませんでした。そもそもつい最近まで、ソウルまで東京からほんの二時間くらいで行けることすら知らなかったし、歴史なんて言わずもがな。中国は大国の隣国として、歴史も古代から現代までしっかり習うのに、韓国って南北朝鮮に別れてることくらいしか頭にさなかったな。
それで、このようにして勝ち得た大統領直接選挙制や、一応の民主主義だけど、最近の報道で知る限り、歴史歪曲は度を越しているし、かつて大統領であった人は、誰一人としてまともな最期を迎えていない、この国を、こうした運動を支えた人々は、どう感じているのかな。

映画はうまいこと展開していって、全然飽きさせないし、過度に哀れみを誘うこともなく、大変興味深いものでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マッターホルン2
すべての映画レビューを見る(全77件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「1987、ある闘いの真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。