暁に祈れ

劇場公開日:

暁に祈れ

解説

タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がることに成功したイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を映画化したアクションドラマ。タイで自堕落な生活から麻薬中毒者となってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーアは、家宅捜索により逮捕され、タイでも悪名の高い刑務所に収監される。殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のよう刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。しかし、所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく。「グリーンルーム」のジョー・コールが主人公ビリー役を演じる。監督は「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソベール。

2017年製作/117分/R15+/イギリス・フランス合作
原題:A Prayer Before Dawn
配給:トランスフォーマー
劇場公開日:2018年12月8日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS

映画レビュー

5.0地獄の中の希望

2018年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

とんでもないものを見せてくれる作品だ。タイの刑務所は地獄のようだと本で読んだことはあったが、ここまですごいとは。

ジャン=ステファーヌ・ソベール監督のリアリティへのこだわりによって、撮影場所は元刑務所の建物で、囚人役も元囚人たち。なかには殺人を犯したものを混じっているらしい。刑務所内で暴行も殺人もクスリも当たり前、周囲のどこを見渡しても希望のない世界で、主人公のビリーは殴り合いの世界「ムエタイ」に光を見出す。ムエタイは神聖な競技だ。ワイクルーとという、神に祈りを捧げる踊りを試合前に行う。一方で賭博の対象になっていたりもするし、貧困から抜け出すことを夢見る少年たちが身を投じる世界でもある。

暴力が支配する地獄の刑務所で見つけた希望が、格闘技という殴り合いだったことは、主人公はどこまでいっても暴力から逃れることができないことを示唆していかもしれない。それでも生きる意思の強さが胸を打つ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
杉本穂高

5.0暗闇の中に差す一点の光

2018年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

怖い

常時主人公に至近距離で張り付いたハンディカメラが、暴力と賄賂が渦巻く刑務所内をぐるぐる回り続けて、閉塞感を通り越した一種の快感を呼び覚ましていく。1カット1テイクを再編集して構成したという映画のフォーマットが、まさか、こんな効果をもたらそうとは!?そして、麻薬所持で逮捕、投獄されたイギリス人ボクサーを取り囲む、褐色の肌にどす黒いタトゥを入れたタイ人収監者たちの殺気が、これほどまでに観る側を震撼させるとは!?字幕スーパーでカバーされない意味不明のタイ語が、さらに戦慄を増幅させる。数ある刑務所映画の中でも、暴力と孤独を克明に描いたという意味で、これを超える作品を今は思いつかない。主人公が救済へと手がかりを見つけるまでの約2時間は、しかし、不思議な心地よさを与えてもくれる。それを表現するとしたら、暗闇の中から光が差し始める瞬間を待つ、祈りの時間とでも言おうか。個人的に、今年のベストワンと断言できる1作だ。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
清藤秀人

3.0実話ベースの映画というよりドキュメンタリー

2022年11月15日
PCから投稿

ボクサーであるビリー・ムーアの自伝『A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand's Prisons』が原作の実話。

地獄のような刑務所に収監された主人公が過酷な日々の中で闘志と正しい心を取り戻していくという流れは『あしたのジョー』を彷彿とさせる。

舞台となっているのはタイに実在するクロンプレム中央刑務所(この刑務所に原作者のビリー・ムーアは収監されていた)。
それだけではなく、エキストラも元囚人なので映像に圧倒的なリアリティがある。
ムエタイのコーチの動きがキレが良いなと思ったら、アトランタ五輪の金メダリスト ソムラック・カムシン!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エス

4.0過去鑑賞

2022年9月15日
iPhoneアプリから投稿

この作品もレビューしてなかったですね。

英語の箇所のみの翻訳だった事も有り、言葉による情報量が極端に少ない作品ですね。

そのため映像とその雰囲気から推測するしかないシーンが多々ありましたが、これが全く気にならず、寧ろ近接するようなカメラワークもあって、リアリティに感じられました。

個人的にはこの雰囲気もストーリーも含め、かなり好みの作品でした。

刑務所プラス格闘技という熱くなる要素が2つもあるお蔭もあって、実話ベースとは思えないくらい面白かったです。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
刺繍屋
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る