劇場公開日 2019年12月20日

  • 予告編を見る

この世界の(さらにいくつもの)片隅にのレビュー・感想・評価

4.4170
71%
24%
4%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全170件中、1~20件目を表示

4.0勇気を出して言うと、個人的には最初のバージョンの方が好きです。

村山章さん
2020年1月30日
Androidアプリから投稿

原作にあって劇場アニメでは割愛されていたリンさんのエピソードを復活させ、ほかにもシーンを足したり再構成したりすることによって、確かに印象の違う別の作品ができあがったと言える。前の劇場版は何度も観ているし、原作も複数回読んでいるので、内容的には既知のものばかりなはずなのだが、ここまで受け取る側の気持ちが変わるのかと驚いた。

なにが違うって、同じシーンはたくさんあるのに、どれもが同じようには感じられなくなったのだ。今回の映画の方が、より複雑な心理や裏事情が渦巻いていて、深みを増したということはできる。ただ、そのせいもあって(自分の受け取り方としては)、悲喜こもごもの喜の部分を素直に笑えなくなってしまったのである。こっちのバージョンは、笑いと悲しみが裏表にあるのではなく、裏も表も渾然と混ざり合っているのである。

こっちが「完全版」というわけではない、と監督が発言しているので、こちらの作品も評価しているし意義深いと感じていますと断った上で言うのだが、一本の映画としては前作の方が好きだった。なぜなら、すべてがグレーに見える本作の辛さや世知辛さより、コントラストがくっきりしていた前作の方がより新鮮に感じられたからだったのだと思う。

あと今回のバージョンでは、周作も哲もずいぶん株を落とした印象がある。それはより「女たちの物語」であることを志向したのが理由である気がしている。そして男たちの意地や面子はなんともくだらない。これもどっちがいいとか上とか下とかの話ではなく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
村山章

5.0より複雑に、より大人に、よりリアルに寄せてきた長尺版

2019年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

原作に登場する白木リンのエピソードが通常版で割愛されたのは、まだヒットどころか製作が実現するかどうかもわからない脚本作りの段階で、遊郭の女性という子供向きではない要素が客層をせばめるリスクと考えられたからだろう。しかしロングランヒットで世間に支持されたおかげで、長尺版をより大人向けの内容に描き直すことが可能になった。

リンのエピソードが加わることで、すずの内面、周作との夫婦生活も複雑さを増した。ただその一方で、通常版ではファンタジックにぼかしていた要素に、長尺版ではリアリズムに寄った説明が加わった部分もあり、このあたりは評価が分かれそうな気もする。

ともあれ、今回の「片隅」が、単に引き延ばしただけでない、新たな魅力を獲得した愛すべき「世界」であることは間違いない。のんの声、コトリンゴの歌は今作でも活きている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 37 件)
高森 郁哉

4.5個としてのすずが、よりダイナミックに立ち上がってくる

2019年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

3年前、私は主人公すずさんのことをすっかり理解し尽くしたつもりになっていた。あの頃の自分に言ってあげたい。人の内面はもっと広くて深く、そう易々と把握できるものではないのだと。これは「もう一歩」だけ心の内側に踏み込んだ物語だ。

オリジナル版では、すずさんというキャラクターがあえて柔らかいタッチで描かれていたように思う。それゆえ観客は、当時を生きた名もなき人々の人生や青春や愛すら彼女の輪郭に重ね、過ぎ去りし日々に想いを馳せることができた。一方、本作では、もっと描写やエピソードを尽くしてじっくり心の言葉に寄り添うことで、「個としてのすず」がよりダイナミックに立ち上がってくるようになった。すずさんだけではない。リンとケイコも同じ。ある意味これは「3人の女性たちの物語」なのだ。作り手と観客が深い絆で結ばれたからこそ成し得たこの異例の試み。私はいつしか心底圧倒され、すずさんのことが益々好きになった。

コメントする
共感した! (共感した人 34 件)
牛津厚信

5.0旦那が無駄に(笑)いい男、よく見ると展開が少女漫画(笑)

あずさん
2021年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あず

5.0アニメだからできる

2021年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「この世界の片隅に」は劇場、テレビと2回見たが、この作品はまるで新しい作品のような趣があった。
すず、径子、晴美、リン、テルなど女性たちが、生き生きとドラマを引っ張っていく。
戦時中の生活感にあふれているので、軍港の戦艦や空母が日常の風景として入ってくる。
日本のアニメの素晴らしさが誇らしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0すずさんの(さらにいくつもの)心情

2021年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
しゅうへい

4.0のんが本当に大事な作品

2021年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

前作と比べると、2016年当時の彼女の方が光があった。 本作での彼女は、意識的にローキーで声優をこなしているが、これが映画としてはマイナスに働いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ノブさん

4.5泣いてばかりじゃ塩分が勿体ない

カメさん
2021年8月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.5
戦時下の人々が、今の人達と何ら変わらない心の動きや感情だったのが伝わってくる。
やはり大事な部分は通常版で全て描いているので、まとまっているのは通常版だが、ファンには長尺版の追加エピソードは嬉しいところ。
戦時下を描いたアニメや実写映画は多数あるが、未来に残す必要がある作品の一つだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

5.0コロナ騒動の今だから観るべき映画

2021年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

知的

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

前回、とても大きな話題となった本作。

前回はあっさりとしか描かれなかった
遊郭の
「リンさん」との絆が
もっと深く描かれていることで

より深く主人公「すずさん」の心の動きが

感じられる作品になっています。

戦前の地方都市のボ〜っとした女の子が
戦前らしく、周囲に言われるままに
知らない家に嫁に行き、何だかんだ気を使ったり
逆に気が付かなかったりしながら
夫や夫の家族や世間と触れ合う事で大人になって行く。

その年月の中に、
個人の力ではどうしようもない、
戦争の日々が音も立てずに忍び寄り

「こんな時だから仕方がない〜」と

流されてしまうことの恐ろしさ危うさが

前作よりもさらに強く伝わって来ました。

もう一度見たい方はもちろんですが

前回ブームに乗り遅れた方、気になってた方は
ぜひご覧下さいな〜

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

この文章を書いているのは2020年3月10日。
もっと早くレビューを書いておくべきでしたが

新型コロナウイルスによる様々な規制や中止
!
まるで、この映画の中の
国から庶民への
締め付けの始まりの様な空気感!

「こんな時だから仕方がない〜」

で、済ませては行けない!
国のすることをちゃんと見ていなければ〜
改めてそれを強く感じさせる作品でした!

@お勧めの鑑賞方法は?
この映画は損得や理屈じゃない!
国がどうやって庶民の自由を奪ってゆくのかの教科書として
庶民全員がどんな方法でもいから観ておくべき作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

0.5冗長になってしまったのが残念。

2021年4月22日
スマートフォンから投稿

前作(と言って良いのかはともかく)は良かった。
エピソードが足された事で説明不足が解消されたのは良かったが、冗長になってテンポが削がれた。映画という商品(←あえてこう言います)としては残念になってしまった。

漫画作品と映像作品では求められるものが違うのです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まさまさ

3.0戦争は人を変えてしまう。

go-chanさん
2021年2月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
go-chan

5.0エピソードの追加により、焦点が変わった。

2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最初のバージョンは戦争の悲惨さのメッセージが色濃かったけど、こっちのバージョンでは、「すずさんの大人への成長」の色が濃くなった。

どちらも素晴らしく、両方を見比べのがオススメ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サケビオース

4.0フェアな姿勢を新味と評す。

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

何処か忙しい前作よりゆったり間がありテーマに適う語り口の本作に軍配。
姑小姑のイビリや嫁入りの不本意を恨み節で恩着せがましく語らず、戦時より死なぬ今の子の方が幸福で贅沢で楽勝だとは短絡的に語らないフェアな姿勢を新味と評す。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きねまっきい

4.5製作陣の前作での心残りを埋める作品

トラ吉さん
2021年1月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

製作陣が作りたかったものが、前作の成功で達成できた感じ!?
それにしても昔の人達はたくましいし、強い!
当時の人にしてみれば今の人の悩みなど馬鹿らしく感じるだろう…。
戦争の怖さや大変さ、人生の大切さや幸福について、当時の人達の記録的な要素も含めて、若い人達に観てほしい作品。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 18 件)
トラ吉

4.5素晴らしい時代映画

知宏さん
2020年12月29日
スマートフォンから投稿

やっぱり好きです。素晴らしい戦争映画。毎年夏休みにはテレビで放映してほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
知宏

5.0恋敵として、だけではなく…

2020年12月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トロハチ

5.0やっぱり面白い

ほほほさん
2020年11月23日
Androidアプリから投稿

久々に心がザワザワする映画でした。
悲しくもなるし、すずさんが魅力的でもあるし、ほっこりもする。
つくづく笑って過ごそうと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ほほほ

4.0大人のドラマ性が増した

2020年10月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

劇場でも観たし、NHKで地上波放送された時も観たし、なんだかんだ観ている「この世界の片隅に」(以下前作)。

今作は水島哲の教室鉛筆騒動や、りん等の交流シーン追加により、すずと繋がったきっかけや、前作に登場する人物の意味がより具体的になり、大人のドラマ性が増していた。
絵好きのすずの魅力が更に発揮。

私的に前作が淡々過ぎただけに、こちらの作品の方が好きではあるが、この少し大人びたアニメは好かれ方が少し変わってしまうのではなかろうか。

前作を「一般版」、今作を「少し大人版」と考えてしまう【この世界の片隅に】
こちらが追加ありの完全版とかでは無く、2バージョンあると考えていいと思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 30 件)
巫女雷男

4.0この世界の片隅にの完全版

2020年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ビンボー怒りの脱出

4.5みな、つよい

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この作品は永遠に後世に語り継がれて欲しい。

すずさんは、強いな。
いや、あの時代の人たちは、みな、つよい。
それが、戦争のせいだから悲しい。
それでも、強くて暖かくて優しくて、前に進もうとする日本人の気持ちは忘れちゃいけない。
そして、そんな理不尽な強さにを持たなくてはいけない戦争は絶対におこなってはいけない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
hkr21
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の作品トップへ