劇場公開日 2019年7月26日

アルキメデスの大戦のレビュー・感想・評価

4.0394
35%
53%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全394件中、41~60件目を表示

4.5大和は日本人の魂なのか

2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
さばみそ2

3.0邦画はあまり

ハニさん
2019年8月27日
Androidアプリから投稿

観ないんですが、眠くなるので、これは結構寝れずに観れました、ちゃんと、すが君見たの初めてかなぁ😃

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ハニ

4.0本物が見たかったぁ!

ソレルさん
2019年8月27日
Androidアプリから投稿

戦艦大和!
この艦が完成した時
「もしかしたら、勝てるかも‼」
そこに居た人は、絶対に思ったでしょうね。改めて、日本の物作りの技術に脱帽です。
大和を建造するにあたって、当時いろんな事があったと思います。それでも それでもこの艦を完成させた事で、もう日本の勝ちと思っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ソレル

3.5戦争は、いけないこと?

dskさん
2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 原作未読。

 数字に強い学生が、それだけを頼りに体制に挑む構図は、数学を愛する者として大いにそそられる。が、主人公の思想信条にはまったく共感できなかった。むしろ彼を利用して我が意を通そうとする諸将のほうに感情移入しつつ、映画を鑑賞していた(特に平山中将)。
 たとえば、
「数学だけが得意な主人公が、不本意ながら前線の将兵のために軍部に協力し、結果として敵軍に多大な損害を与え、敗戦後、戦犯として処刑される」
 といった流れのストーリーであれば、諸手を挙げて大絶賛したと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
dsk

4.0儚く散る大和

2019年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

菅田さん演じる櫂が予算を偽装した疑いのある戦艦を数学で解き明かそうとするお話。
戦争映画と謳うも戦闘シーンは冒頭のみであり、あくまで戦艦を通して日本の戦争時代を描いていたのが良かったです。
大和の作る真の意味に納得しつつ、その使命が果たされてしまう先を知っていることがなんとも虚しい。
“最強”とは時として儚げなんですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
パンダマン

4.0地味なお話ですが面白かったです

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

冒頭数分だけでも十二分に見る価値があると思います。
映像表現のこだわりに定評のある監督ですが、よくここまで真っ向から描いたものだと感心、ぞっとして圧倒されました。

物語としては地味なお話ですが、脚本と演出、そして変質的なキャラクターの妙でとても興味深く、ぐいぐい物語に引き込まれました。

個人的には終盤の田中さんが、、、主役食っちゃった感があって。格好良くて素敵でした。(そうそうたる俳優陣なのに食われちゃったメインどころがちょっとかわいそうにも思いましたが(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ちいまめ

5.0いい意味で期待を裏切られた

2019年8月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

監督の名前を見て行く気はなかったが、誘われたので観に行った。
私的には生涯観た映画の中で上位に入るような出来だったので、多くの人に観てもらいたい。
何より素晴らしかったのは菅田くんの演技力。世界に引き込まれました。あっぱれ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
みかど。

4.0戦艦大和は何故建造されなければならなかったのか...

phoenix1さん
2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

知的

自分も技術者の端くれなので、この手の映画には惹かれてしまいます。戦争にちなんだ夏の映画としては「風立ちぬ」以来の良い映画だった。(戦争映画ではないサイドストーリ的な娯楽映画としてのことだ。)

現代の様相からは容易に想像もつかない巨大戦艦の建造の正当性は、今もって謎に包まれている。帝大数学科を中退した孤高の天才が、海軍の山本五十六に諭されて建造費用の不正を暴く挑戦を試みる。最後に勝利したはずが...なぜ建造されてしまったのか...安易ながらも意外な結末に感心してしまった。

主人公櫂を演じる菅田将暉は役者としてのういういしさもあって好感がもてるが、彼を支える田中役の柄本は完全に役者として独り立ちできたことを証明して見せた。舘ひろし(山本五十六役)は流石の名優ぶりを発揮している。しかしながら自分が一番に注目したのはやはり平山中道役の田中泯だ。ある意味、この物語の主役ともいえるこの人物を極めて渋く絶秒に演じている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
phoenix1

1.0大和はなぜ沈んだのか

馬券師さん
2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦争の愚かさを気付かせるためではない。
沖縄を救うためだ。
沖縄を見捨てることはできないという特攻である。
奇跡でも起きなければ沖縄にはたどり着けない。
それが分かっていながら大和は出撃した。
沖縄を守りたい一心で。
この特攻作戦での死者はゼロ戦の特攻での死者より多い。
大和の乗組員にも愛する家族がいる。
どんな思いで出撃したか。
そのことに一言も触れないこの映画はなんなんだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
馬券師

4.0最初のシーンから引き込まれました。どのような結末になるのか、ドキド...

2019年8月25日
スマートフォンから投稿

泣ける

知的

最初のシーンから引き込まれました。どのような結末になるのか、ドキドキしながら観ました。とても面白かったですが、五十六さんたちを演じる方々が高齢すぎて、その部分がすごい気になってしまったので、マイナス1です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
くろすけ

5.0深い!

ノリコさん
2019年8月25日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

興奮

沈みゆく宿命の美しい戦艦大和の本当の役目が泣ける!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ノリコ

5.0迫力ある映像美、間違いない俳優陣の重厚な演技に脱帽!

ALさん
2019年8月25日
iPhoneアプリから投稿

迫力ある冒頭のシーン、義務教育を受けた日本人なら誰もが知っている史実を生で体感させるという導入。
戦争の悲惨さを生々しく感じさせ、その上で映画に対する期待値も跳ね上げさせる強気の映像でしたね!
見事にその策に引き込まれ、終始ハラハラしながら鑑賞することができました。
大戦艦に対する小型航空機の優位さを仄めかしつつ、物語は本編へ…

戦艦大和が華々しく沈んでいったことは歴史上明らかにされていますが、その裏でどのような思惑が錯綜し、どのようにして制作されることとなったか…
判明している史実に向けてあがき、奔走する若き天才櫂少佐、カッコ良かったですね〜
戦争、軍艦という重々しい題材をカッチリと固める歴戦の俳優陣には流石の一言でした!
個人的には小日向さんが飄々としたいつもの調子で演じる艦長が好きでしたね 笑

柄本佑さん、劇場でも何度もクスッと笑いが起きるくらい味のあるいい演技をされておりファンになりました◎
菅田将暉さん目当てで観に行く若い子もきっと好きになるんじゃないかな?
物語も二転三転し終始退屈せず、観に行って損のない映画だと思います!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AL

5.0王道物語と迫力に満ちたラストシーン

サブレさん
2019年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

軍人嫌いの天才数学者が軍人に協力して、時代に不釣り合いな巨大戦艦の製造を食い止めるお話。
全体の流れは王道中の王道。軍人嫌いの主人公と誇りを抱える軍人が、互いにそりが合わないながらも徐々に距離を詰めていき、対抗者の嫌がらせを根性で解決、協力者と心を通わせて最後の難関もどうにか乗り越える…。これ以上ないほどの圧倒的な王道ストーリーである。
なんか帝一の國に似ているような気もする。主演がどちらも菅田将暉だし。

帝一の國と言えば、「マリオネット…君たちのことさ」と野心にあふれた表情で微笑む帝一のラストシーンに圧倒された。あのシーンが好きだった。そして、この映画にも同じような迫力があった。
なぜ対抗者は時代に不釣り合いな巨大戦艦の建造を主張したのか、なぜ不正や不当な圧力を行使してまで主人公たちを妨害したのか、なぜ不正を糺されても開き直ってそれでも頑としていられたのか。その答えがすべてラストシーンで明らかになる。
このラストシーンがたまらない。対抗者の信じる正義は決して狂気ではなく、むしろ巨大な狂気を止めるための苦渋の理性であったことがわかる。この理性もまた狂気ではあるが、それでも田中泯さんの怪演によって理性とプライド、そして信念の混沌として表現されている。この田中さんの迫力ある演技がたまらない!
一方で菅田さんの演技もよかった。翻弄されつつも同様の理性とプライドを持ち、それでも信念までは持ち合わせていなかったがゆえに圧倒されてしまう。そうして狼狽え、弱弱しく崩れる菅田さんの儚さよ。本当に素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
サブレ

5.0グッとくる、良かった。

ゆなさん
2019年8月23日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ゆな

2.5テープ起こしした様な作品

輪入道さん
2019年8月23日
スマートフォンから投稿

まあ、普通の映画といった印象。

この監督は原作がある場合、そのまま切り貼りした様なシーンが多い事が特徴ですが、本作もその例に漏れず。

無駄に説明口調だったり、くどくどわざとらしいセリフを垂れ流すシーンが非常に多いです。

カットの繋ぎ方もこの監督らしいな、という感じ。
褒めてはいないです。

それ以外は特筆する事があまり無い、本当に普通の映画です。
演技も普通、音も普通、CG周りも普通。

まあ、余計な原作改変や仮想世界オチみたいなのを付けられなかっただけ、遥かにマシかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
輪入道

5.0小中学生も見てください。

ぺっえさん
2019年8月23日
スマートフォンから投稿

笑える

悲しい

怖い

今の北朝鮮がやってる事をこの時代の
日本人がやってたのだど思う。
沢山の国家予算を使って国民は何もわからないまま生活が酷しくなってゆく
アルキメデス大戦はフィクションだけど
冒頭の戦艦大和も第二次世界大戦は事実なのです。数日前、数分だけ見たNHKの戦争体験した人で「戦地で一番の苦しみは飢えだと」言ってたのが耳に残りました。
アルキメデス大戦も映画が始まって1ヶ月近くになるし夏休みも終るので
小学生が見ても日本人の愚かさや
戦艦大和を知るきっかけになりますよ
と入れたかっただけなのだけど
少し下のコメント内容が酷いなんか悲しくなりました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ぺっえ

4.0フィクションとわかっていたが・・・

2019年8月22日
iPhoneアプリから投稿

当時の時代背景を考想するとありえへんかな?けど、楽しめました!

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
おっさん

5.0最後に、そうきたかと思わせる

ふゆるさん
2019年8月22日
Androidアプリから投稿

少々の笑いもあり、勢い良く進む見応えのある作品。
戦争映画が好きでない人も楽しめるかも。
最後に、そうきたかと。
どちらが良いかとは答えが出なかった。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
ふゆる

3.0逃れられない歴史の渦

さん
2019年8月21日
iPhoneアプリから投稿

まわりでかなりの高評価だったのでハードル爆上げして見に行っちゃったんだよなあ
良かったんだけど映画館でアニメ以外の邦画見るのが久しぶりで独特の間や説明口調、寒さがいちいちむず痒かった…
菅田将暉 演技派は演技派なんだけどわりといつも同じ演技なんだよなあ 体幹がフラフラしててこの人映画向きじゃないと思うな
顔がいいのは確かなんですが…

中身について
博士の愛したセオリーとかイミテーションゲームとかドリームみたいなやつ想像してたけどそんっなに鋭い頭脳に惚れ惚れさせる描き方でもなかった
大阪のくだりもあのメガネ社長がもう少し早く話聞いててくれれば普通に間に合ったのに何ニコニコしてアンタを信じるで〜〜とか言ってんな?謝れや?!と思った
大和ももっとCG駆使してこの世のものと思えないくらいおごそかでいかめしく畏れすら抱かせるような圧倒的な大きさと造形美で描かれるかと思ったらなんかあっさりしてて…これはアニメ慣れしすぎたのかもしれません

ただ最後の丸メガネの心情吐露は面白かった
散々腐った軍上層部の老害の発言を作中見せられてきて
こういう考え方こういう思考こういう大衆の感情が渦巻く時代だったんだなと
こういう押し返せない歴史の流れに飲まれ飲まれて、行くとこまでいったのが戦争の全てだったんだなと
改めて思わされました
染まっちゃった方が楽だったんだろうなあ

世界最大の規模を誇った戦艦 大和は今も海の底に沈んでいるそうで
戦争とか軍艦とか全然詳しくないし戦隊とか戦闘機とか興味持ったこと一度もないんだけど
なんか切ないなあ と思って
ミリオタの気持ちがなんとなく少し分かってしまった
つわものどもがゆめのあと、、

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
の

4.0良娯楽作

2019年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

楽しい。知的でもある。そして丁寧。面白いですよ。
良い意味で予想を裏切られた。
ウンコ製造機と化した「大和モノ」の中ではピカイチです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
日高雄介
「アルキメデスの大戦」の作品トップへ