劇場公開日 2019年4月12日

  • 予告編を見る

ビューティフル・ボーイのレビュー・感想・評価

3.480
6%
60%
29%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全80件中、1~20件目を表示

4.0作品を彩るあらゆる要素が、光り輝くエモーションを紡ぎ出していく

2019年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

ドラッグ依存に陥った息子を救おうと全力を尽くす親。その立ち位置そのものには目新しさを感じないし、そこから発展する余地があるのか疑問符さえ浮かぶ。だがこの映画はタイトル通りの透明感と飛翔感によって限界の壁を軽やかに突破していくのだ。

現実の一点を見つめるのみならず、そこに過去の記憶を散りばめたり、時系列を少しずらすことでストーリーに緩急をつける。そして柔らかな肌触りを大切にしながら、暗闇の中の輝きを際立たせる。かくも希望や光を失わずに前に進むことこそ、親子の歩むべき道なのだとということを痛いほど突きつけられる。

カレル&シャラメの演技もさることながら、彼らを包み込む風、木々、光、水、音楽、詩といったものこそ、空気感を成す欠かせない要素だ。その中央にeverythingという言葉があり、すべてを受け入れる愛がある。こんな絶妙なニュアンスを表現し得たベルギー生まれの監督にも賞賛を送りたい。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
ぐうたら

4.0親子の“分かり合えなさ”の普遍性

AuVisさん
2019年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

薬物依存の問題を真正面から描く、なかなかにヘビーな映画ではある。依存症に苦しんだ若者の手記と、その父親の手記、それぞれの視点を原作から引き継ぎ1本の脚本にに紡ぎ合わせたのも新味と言えるだろう。だがいかんせん、何らかの依存症に深くはまった人かその身内でもない限り、この話をストレートに自らへ引き寄せて共感することは難しい。でも視点を変えて、親の心子知らずと言うように、家族の相互理解の困難さを扱う作品と考えてはどうだろう。こんなに苦しいのに親に分かってもらえない、愛する家族を助けたいのに思いが通じない…そんな普遍的な体験を象徴する話ととらえるなら、共感できるかも。

もともと気が滅入る筋に、不穏なBGMが流れてさらに心が重くなるが、タイトルになったジョン・レノンの「ビューティフル・ボーイ」が対照的に優しく美しい。だがジョンも家ではDV親父だったという逸話を知ると、この曲も一層複雑に響いてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
AuVis

3.5人は個々の空間で生きる孤独な生き物

MPさん
2019年4月17日
PCから投稿

悲しい

怖い

なぜ、人は覚醒剤にはまるのか?当事者でない限り、否、当事者すら意識していないちょっとした気の緩み、好奇心、自分への甘さから、代償が大きすぎる依存へと堕ちていくプロセスを、ティモシー・シャラメがその筋肉のない、細い身体で演じている。彼の薄い胸と、小さなウエストが主人公の心理と健康状態を如実に表現していて、とても痛々しい。我々の生活の中でも、すぐそこまで迫っている覚醒剤中毒の恐怖が、若手随一の人気俳優の肉体を介して伝わって来る、これは必見の作品だと思う。そして、最愛の息子が別人に変貌していくのを、ただ見守るしかない親の視点で眺めると、何と人は個々の空間で生きる孤独な生き物であるかという厳しい現実が、胸に突き刺さる。名曲の"ビューティフル・ボーイ"がここまで皮肉めいて聞こえるなんて、思ってもみなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MP

4.0父親の葛藤

Alexaさん
2020年4月16日
iPhoneアプリから投稿

原作は2冊の本からなって、1つが父親からの目線、もう1つは息子からの目線で書かれてるという。

この映画は息子からの目線があんまり描かれていなく、ドラッグから抜け出せない苦悩が伝わってこなかった。

一方、父親が息子をどうしても救いたいという気持ちはすごく伝わってきた。息子も辞めたいと思ってる、反省している、なんとしてでも助けたい。でも結局は父親がどんなに頑張っても本人の問題になってくる。

頭に残ったのは、「あなたには救えない」と妻に言われた時の反応。これはドラッグ関連だけでなくても、どんなに他人を救いたいって思ったとしても、最終的には本人の問題になる。しかも自分の人生がめちゃくちゃに壊れそうなほど他人を救い出そうとしても意味がない。

もう少し息子側からの目線が欲しかったけれど、スティーブ カレルの演技が素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Alexa

3.0ずっと抜け出せない

nanaさん
2020年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

なかなか出口の見えない状況でもがく親子の話。

リアルがどうなのかはわからないけど、出口のわからない中で
どうするのが正解なのかわからない中でもがく姿が心苦しくもある。
あまりハッピーな終わり方とはいえないかもしれないけど、
これがリアルなんだろうなとは思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nana

3.0ドラッグ

チワワさん
2020年4月4日
スマートフォンから投稿

悲しい

ドラッグは満たせれない日常から簡単ににげだすことができる薬である。
なぜ?ドラッグに手をだすのか?
愛情ある両親に育てられたなら手をださないような気がします。
主人公は両親の離婚の時に寂しさと失望と向き合うのがつらくて
ドラッグに逃げたのか?
父親の愛情がストレートだが彼には重荷だったのかもしれない。
薬物中毒者の再生に力をもっと!と考えさせられる映画です。
主演俳優がイケメン過ぎですね(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チワワ

3.0Everything

2020年3月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

日本とは環境の違うアメリカは、薬物依存に対して寛容だなと、改めて思った。

ごく普通の優等生でも 薬物に依存してしまい、自分では止められなくなるということが改めて知らされたと思う。
それは脳の異常が原因なので、本人の止めたいという意思とは別に、脳が渇望することで突き動かされてしまう。
本当に恐ろしいと思う。
ただ、作品的には ただ起きたことを観させられているだけで、それ程感動とか…涙とか…そういうのは全くない。
敢えてドラマティックに描かなかったのかも知れませんが。

恐らく彼(ニック)は、今はもう薬物には手を出していないと思われるけれど、何気ないことでまたあの頃の記憶が蘇るという可能性と戦わなければならない。勿論家族も。

今、ニックは脚本家として頑張っているようですが、そのドラマ「13の理由」で物議を醸したシーンの是非を巡り、自身の経験を踏まえてシーンのカットは望まなかった様ですが…。
(個人的に 最終シーズンが気になるので、一刻も早く観たいですね(笑)!)

日本は薬物に対して異様な程叩きまくる習性があるけど、そろそろその考え方も改める時が来てるのではないかなと思う。
捕まえて刑罰だけを与えるのではなく、更生するためのプログラムなどを構築していかなくてはいけないのではないかな。
薬物中毒者を閉鎖病棟に隔離して高濃度の精神安定剤を投与したところで、裁判に耐え得るだけの状態を保つだけで根本の解決にはなりませんよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

3.0観た

CBさん
2020年3月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

重い。救いもない。
米国では50歳以下の死亡理由の1位は、薬物過剰摂取だとのこと。日本では若い世代で自殺が1位にと聞く。
つまり、自殺してしまう代わりに薬物に走るのが米国ということだろうか。どちらも辛い話だ。

観たが、絶望と恐怖を感じる為にわざわざ来たみたいだ。

若い頃にこれを観たら、薬物に走らなくなるかな。

辛かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
CB

4.0どんなにバカ息子でも

2020年1月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幼く、何事も守ってあげなけゃいけなく、この上なく美しくかわいかった我が子。
どんなにバカ息子でも、見放したくても、その頃に貰ったかけがえのない日々が、彼をその頃に戻してくれる。
親とはそういうものだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

4.0こんな映画が観たかった

あいさん
2019年12月27日
iPhoneアプリから投稿

映像がストーリーを物語っている。
そんな風に感じた。

役者の演技力に頼り切らない、
セリフに頼らない、
それぞれのシーンの、本当の空気を撮った映画。

家族と相容れなくなるあの瞬間の空気、
木々のざわめく音、木漏れ日、
夜の暗くなった部屋。

人間が感じる空気を映像化し、
観る者に、ストーリーを感じとらせる。

演技とは、誇張することで分かりやすくなり
伝わりやすくなると思っていたが、
この映画は、
しゃべりすぎない、展開が激しすぎない。
あまりに自然に、人間の光と闇を描ききっている。

テーマの重さが少し精神的に思いが、
何度も観て、この映画の魅力を分析したい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あい

3.5ドラッグの恐怖

サラさん
2019年12月24日
iPhoneアプリから投稿

ビューティフルボーイはティモシーシャラメ君の事で、主人公ニックはただの親不孝者です。親からすれば、離婚はしたけれども、十分な愛情も教育も生活環境も与えたのに、何でこうなってしまうの?と本当に辛そうで、全く救いようが無く、気の毒でなりませんでした。ニックさんの手掛けた、13の理由やTheKillingは面白いドラマだったので、才能はある方なんですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
サラ

4.0向き合うことの大切さと難しさ

たかしさん
2019年11月27日
iPhoneアプリから投稿

薬物依存の息子をもつ父親と、その家族の物語。

依存とは自分の中の穴を埋めるための作業なのかなと思った。ただその穴を埋めるために別の穴を開け続けなければいけない。そのループが依存症。

そんな息子と向き合い続ける父親の強さと優しさが胸を打った。
息子の気持ちを分かろうとしたのか、自分もドラッグに手を出すシーンが印象的だった。

"救えない"と言ったときの父親はどんな心境だったのだろう。思わず自然と涙が出た。
向き合い続けてきた彼だから、それこそ世界にある言葉では言い尽くせない程の感情だっただろう。

綺麗なモノだけを見たい、触れたい、そんなことは誰もが思う。
でも現実はそんなに綺麗なモノだけで溢れてはいない。
ただ現実の中にも時々素晴らしく綺麗なモノがある。
そんなことを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかし

4.0終始切ない

ちさとさん
2019年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

どちらの気持ちもわかる。感情移入し過ぎて苦しい。「人は救えない」正しいし、間違いだと思う。救いを求める人に寄り添う人間物語。絶対であるはずの家族すら、時には他人になる。EVERYTHING

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちさと

社会的な問題はおいといて・

えんぞさん
2019年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画は言葉にならない想いを伝えることができるのだと感じました。 たまにあります、こういう映画。

心情などをセリフ以外で表現するために 音楽やその歌詞なんかも効果的に使われてるのかなと思いました、大音量にしたり 綺麗だけど危ういメロディーにしたり 同じとこしつこくリフレインさせたり… 個人的にはちょっとつかれましたけどね。。

タイトルはジョン・レノンの曲の引用なんですね、シャラメ全面推しだからかと思ってました。。。 まあ、そう思わせるほどにタイトル負けしてない、いいぞ☆


コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
えんぞ

4.0The 3C’s

Kjさん
2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿

薬物依存問題を正面から見据えた作品。父が悪いとも、本人が悪いとも、家庭環境が問題だとか、そういう論に迎合しない。原因は麻薬自体にある。波が人を飲むように、麻薬が人を攫う。光が照らし闇があるように、人生にもやむなく闇が支配することもある。そろそろ誰かのせいにするのをやめたらどうか?麻薬を前に人の力は無力でしかない。電話に出たスティーブカレルの変心こそが主題のように思える。
最後のミーティングでの標語が突き刺さる。

We didn’t CAUSE it.
We can’t CONTROL it.
We can’t CURE it.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

3.5" everything " 2人が何度となく交わしたこの言葉が ...

subak.99さん
2019年10月20日
iPhoneアプリから投稿

" everything " 2人が何度となく交わしたこの言葉が
すごく印象に残っていて。
どんなに堕ちてもボロボロになっても信じ続ける
父親の愛は、時に窮屈で息苦しい
だけど1番最後に何にも埋める事が出来なかった心の隙間を埋めることの出来る唯一の薬だと。
ニックの生き方を総じてビューティフルだと言ってしまうのは
少し美化し過ぎな気がしてしまけれど、
父から見る息子はどんな姿であってもビューティフル
なんだろうな、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
subak.99

3.5父と息子、薬物に負けぬ

近大さん
2019年9月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

怖い

『君の名前で僕を呼んで』で彗星の如く現れ、ハリウッド若手実力派の期待の星となったティモシー・シャラメ。
そんな彼の実力と魅力がまたまた発揮。
それぞれの視点で綴られた2冊の回顧録が原作による、父と息子の物語。

ニックは成績優秀、スポーツ万能。
父デヴィッドにとって最愛の自慢の息子。
父は再婚しているが、義母や義兄弟からも、“いい息子”“いい兄”。
一見、何の問題も無い幸せな家族。
が、ニックには深刻な問題が。
薬物に手を出してしまい、依存症に…。

何故、自慢の息子が薬物を…?
“自慢の息子”だからである。
周囲の期待。そのストレス…。
まだ年端もいかない子供にそんなストレスを背負わせた大人たちを批判したいし、当の本人の気苦労は察する。
だからと言って、許される事ではない。寧ろそれは、己の弱さだ。
ニックが薬物に手を出したのは、一回二回だけじゃない。
さらに、様々な種類の薬物に手を出し…。
依存、中毒。溺れ、堕ちていく…。

勿論ニックも、このままじゃいけないと分かっている。
更正施設へ。
家族の助け。
出会った恋人の存在。
しっかりリハビリを受けている…と思いきや、
家族に嘘をつき、再び薬物に手を出す。
施設を抜け出す。
音信不通に。
それでも、薬物を克服しようとするニック。一心で支える父。
が、その度に裏切り、裏切られ、時には激しく衝突。
薬物に手を出してしまった自業自得とは言え、胸が痛い。
そして遂には、命の危険に…。

薬物依存の青年を演じる為、実際に更正施設で生活し、減量したシャラメ。
その役作りもさることながら、何処か儚く脆く、そして繊細でピュアな佇まいは、“今”でしか表せない。
息子を信じ、無償の愛情を注ぐ父親役のスティーヴ・カレルも素晴らしい。もうすっかり、シリアス名優だ。

世間に出回る話では、薬物を克服した人の話をよく聞く。
努力と苦しみを乗り越えた方々は大勢居るだろうが、同じくらい今も苦しんでいる人たちも…。
劇中でも描かれていたが、今度こそ本当に抜け出そうとしても、そう簡単に薬物地獄からは抜けられない。
それほど恐ろしい。たった一度でも、手を出してしまったら、堕ちてしまったら…。
何故、そうなってしまったのか。

本作のラストシーン。
でも、救いはある。薬物に負けようとしない強い心と、信じ支えてくれる愛情があれば…。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
近大

4.0何事も経験?

2019年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

内容としては、とくに目新しいものはなく、薬物に依存する息子と、それを救おうと奮闘する家族の物語です。

冒頭で父親が語る「いつからか息子が別人みたいに」というセリフからも、薬物というものがいかに人間を根底から破壊するかを思い知らされます。
「みんなやってる」「コントロールできている」という免罪符のようなものを掲げて薬物に手を出し、いつの頃からか手放せなくなる。無理に引き離して、しばらくはシラフで入られても、ちょっとした不安や誘惑にかられて、すぐにまた手を出してしまう。

何事も経験、といいますが、それは悪魔の常套句なのかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユージーン

3.5名役者同士が繊細に父子を描く

カメさん
2019年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3,7
誰もが生まれ落ちた時は天使のようなビューティフルボーイ。
成長と共に変わっていくその様を、本人も親も認識しなくてはいけないと感じる。
問題はドラックにあるのでは無い。そこに何故逃げ込んだかが問題である。印象的な言葉だ。
名役者の素晴らしい親子の演技で、よくあるドラック中毒から抜け出す闘いの物語を、繊細に眩しく描いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.0それでも息子を信じる

2019年8月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ティモシーシャラメ目的で観てみたが、
スティーブ・カレルがとても良かった。

人生に疲れたおじさんをやらせると
ピカイチな気がする。

薬物を摂取したって幸せな時もあった。
みたいな甘い話ではなく、
一度薬物を摂取したら、
後はまたやるんじゃないか?
今シラフなのか?
と疑いの目でしかいられなくなるし、
信じしても信じてても裏切られる父親の姿が切ない。
息子も父親や家族に愛はあるが、
薬物に溺れて逃れられない、
根は良いやつなはずなのに堕ちて行く姿は
自分の息子だと思うと見ていられない。

裏切られても割と息子を自由にさせる父親の姿に
信じ過ぎだろ!と思ったけど、
それが父親ってものなんだろうか?
薬物をやる度に
小さい頃の息子とのエピソードを挟んで来るのは
ズルい演出だった。
子を持つ親としてはグッと来てしまう。

たまたまこの息子は生きてるだけで、
全てを壊し失いかねないのが薬物だと、
救いようのない物語なのが良かった。

映画自体はとても美しい映像で
堕ちていく話とのギャップも良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ
「ビューティフル・ボーイ」の作品トップへ